中部大学

中部大学

個人情報が入った携行品の紛失について(お詫び)

【2017年3月31日】

個人情報が入った携行品の紛失について(お詫び)

このたび、現代教育学部海外研修中に引率教員がパソコン及び書類等が入った鞄を公共交通機関(路線バス)での置き忘れ・紛失という事態が生じました。

本学におきましては、法令に基づき、個人情報保護方針を定め、教職員に周知を図るなど個人情報の適切な管理に努めておりましたが、このような事態が生じたことは誠に遺憾であります。ご関係者の皆様には多大のご心配をおかけすることとなりますこと深くお詫び申し上げます。

本学では今回の件を重く受け止めており、教職員一人ひとりが学生個人情報に対する意識を高め、再発防止に努めてまいる所存でございます。

現時点において本件の個人情報が不正に利用されたという事実は確認されておりませんが、万一不審な件にお気づきの場合は、下記問い合わせ窓口までお知らせ下さいますようお願い申し上げます。

平成29年3月31日     
中部大学長  山下 興亜

  1. 経緯
    平成29年3月11日(土曜日)海外研修中の移動時の路線バス内にパソコン及び書類等が入った鞄を置いたまま下車。その後の対応として、研修先大学のコーディネーター、現地通訳をとおし、現地の遺失物問い合わせ事務所に遺失物照会を行うが、現時点において未だ発見に至らず。
    調査の結果、紛失したパソコンには幸いにも個人情報の入ったデータは保存されていなかったと確認が取れましたが、紛失した書類の中には引率した学生の個人情報が含まれていました。
  2. 個人情報の内容
    研修参加学生の学籍番号・氏名・性別・学部学科・学年・生年月日・国籍
  3. 本件に関するお問い合わせ先
    中部大学現代教育学部事務室 担当 庄山
    電話: 0568-51-4690  E-mail: educa@office.chubu.ac.jp
 
 
 

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー