中部大学

中部大学

第5回CEMPシンポジウムを7月24日に開催します

【2010年7月5日更新】国際ESDセンター

第5回キャンパス・エコミュージアムプロジェクト(CEMP)シンポジウムのご案内

【テーマ】 「環境と防災」
     —地域の視点・国際的視点—

【日時】 2010年7月24日(土曜日) 午後1時30分〜5時

【会場】 中部大学 リサーチセンター2階大会議室

【主催】 中部大学国際ESDセンター

【プログラム】
 挨拶 国際関係学部長
     国際ESDセンター副センター長 鵜野 公郎

 1. アジアにおける持続可能な開発とジオインフォマティクス
   アジア工科大学 地理情報センター ラル・サマルカーン

 2. 地域のリスクとジオインフォマティクス
   —eコミウェアと地域防災力の向上—
   防災科学技術研究所 防災システム研究センター 長坂 俊成

 3. デジタルアジア・センチネルアジアとESD—今後の展開  
   慶応義塾大学 総合政策学部 福井 弘道
 
 4. 森の健康診断と参加型マッピング
   中部大学 応用生物学部 寺井 久慈

【お申込み方法】 
 下記へメール、ファックス、または電話にて、お名前とご所属 をお知らせください。

  中部大学国際ESDセンター
  TEL:0568-51-1111(内線4824) 
  FAX:0568-51-4736
  E-mail:esd@office.chubu.ac.jp

第5回CEMP(画像ファイル:約164KB)

     

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー