中部大学

中部大学

教員情報

那須 輝顕 NASU Teruaki

プロフィール

職名 助手
所属 生命健康科学部 生命医科学科
臨床検査技術教育・実習センター
最終学歴 名古屋大学大学院医学系研究科細胞情報医学専攻博士後期課程修了
学位 博士(医学)(名古屋大学)
資格 臨床工学技士
所属学会・役職 日本生理学会
日本生気象学会
日本疼痛学会
日本運動器疼痛学会
日本線維筋痛症学会
日本筋学会
専門分野 疼痛生理学、行動薬理学
研究テーマ 薬物筋注の鎮痛機構の解明、ストレス誘発性筋痛発症維持分子機構の解明
共同研究キーワード 筋性疼痛、慢性痛、ストレス、ATP、アデノシン、v-ATPase、Pannexin1、ASIC3、TRPV1

学術論文、評論

Wakatsuki K, T-Uchimura Y, Matsubara T, Nasu T, Mizumura K, Taguchi T. Peripheral nociceptive mechanisms in an experimental rat model of fibromyalgia induced by repeated cold stress. Neuroscience research. In press

Teruaki Nasu, Asako, Kubo, Luis F. Queme and Kazue Mizumura. Depression-like behavior induced by repeated cold stress was reversed by Neurotropin in rats. Behav.Pharmacol. 2019.30(7):547-554

Nasu Teruaki, Murase Shiori, Takeda-Uchimura Yoshiko, Mizumura Kazue. Intramuscularly injected neurotropin reduced muscular mechanical hyperalgesia induced by repeated cold stress in rats.Behav.Pharmacol.2018.29(2,3): 261-269

Nasu Teruaki, Taguchi Toru, Mizumura Kazue. Persistent deep mechanical hyperalgesia indnced by repeated cold stress in rats. Eur.J.Pain 2010.14(3): 236-44 ※Faculty of 1000に選出されました。

講演、シンポジウム、学会発表

Analysis of the peripheral mechanism of muscular mechanical hyperalgesia induced by repeated cold stress in rats. 一般演題 第97回日本生理学会 2020.3

Suppression by chondroitin sulfate of mechanical. 繰り返し寒冷ストレス(RCS)によって誘発される筋機械痛覚過敏の発生メカニズムの解析 一般演題 第5回日本筋学会学術集会 2019.8

Hyperalgesia induced by repeated cold stress in rats and analysis of its mechanism. 一般演題 第41回日本疼痛学会 2019.7

薬物筋注による鎮痛機構の解析 一般演題 2018年度生理学研究所痛みの研究会 2018.12

リドカイン筋注による鎮痛における末梢TRPチャネルの関与 一般演題 第64回中部日本生理学会 2017.10

Involvement of TRPV1 and ASIC in muscular mechanical hyperalgesia induced by mixture of low dose nerve growth factor (NGF) and glial cell line-derived neurotrophic factor (GDNF) in rats. 一般演題 第94回 日本生理学会 2017.3

繰り返し寒冷ストレス(RCS)による筋痛覚過敏に対する筋注の鎮痛作用における末梢TRPV1の関与 一般演題 第37回 日本疼痛学会 2015.6

繰り返し寒冷ストレス(RCS)による筋痛覚過敏に対するノイロトロピン筋注の鎮痛作用におけるTRPV1の関与 第7回 日本運動器疼痛学会 2014.10

2つの線維筋痛症モデル(レセルピンモデルと繰り返し寒冷ストレスモデル)における痛覚系の変化 シンポジウム 第6回 日本線維筋痛症学会 2014.9

繰り返し寒冷ストレスによる機械痛覚過敏の性差とその筋痛覚過敏への17βエストラジオールの関与 一般演題 第6回 日本線維筋痛症学会 2014.9

Effect of thermal therapy on cutaneous pain threshold and muscular pain threshold in healthy subjects. 一般演題 第91回 日本生理学会 2014.3

繰り返し寒冷ストレスモデルを用いたノイロトロピン筋注による鎮痛効果の検討 一般演題 第35回 日本疼痛学会 2013.9

Do peripheral mechanisms contribute to persistent muscular hyperalgesia by repeated cold stress ?, 一般演題 第90回 日本生理学会 2013.3

繰り返し寒冷ストレスによる筋機械痛覚過敏と鬱様行動に対するノイロトロピンの効果 一般演題 第33回 日本疼痛学会 2011.7

Sex difference of repeated cold stress (RCS)-induced cutaneous and muscular mechanical hyperalgesia in rats. 一般演題 第87回 日本生理学会 2010.5

Sex difference of repeated cold stress (RCS)-induced cutaneous and muscular mechanical hyperalgesia in rats. 一般演題 第87回 日本生理学会 2010.5

マウス骨格筋における 機械逃避反応閾値測定法の検討 一般演題 第1回 日本線維筋痛症学会 2009.10

繰り返し寒冷ストレスにおける痛覚過敏状態における運動時の筋血流増大反応 一般演題 第1回 日本線維筋痛症学会 2009.10

Repeated cold stress induced chronic hyperalgesia in the muscle as well as in the skin depending on the cold temperature used. 一般演題 IASP 2008

太いプローブを使用した ランダルセリット装置による 逃避閾値測定は深部組織の機械逃避閾値を反映する 一般演題 第30回 日本疼痛学会

Effect of different exposure temperature of the repeated cold stress (RCS) on mechanical and thermal hyperalgesia. 一般演題 第85回 日本生理学会, 2008.3

Persistent muscular mechanical hyperalgesia induced by lengthening contraction followed by repetitive cold stress, 一般演題 7th Congress of International Myopain Society, 2007.8

Change by aging in muscular mechanical hyperalgesia after lengthening contraction. 一般演題 第29回 日本神経科学会, 2006.7

Repeated cold stress and lengthening contraction make chronic muscle hyperalgesia in rats. 一般演題 第28回 日本疼痛学会 2006.7

受賞

日本臨床工学技士会会長賞(2004年3月25日)

その他

「レポートの添削という名の精神修行」日生誌2017 79(2)32-33

競争的研究費

2020年度科学研究費補助金(基盤C)薬物筋注による鎮痛におけるアデノシンの役割の解明 令和2年4月~令和4年3月(代表)

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー