中部大学

中部大学

教員情報

大橋 岳 OHASHI Gaku

プロフィール

生年 1976
出身 福岡県
職名 講師
所属 人文学部
人間力創成総合教育センター教養課題教育プログラム(人文・社会リテラシー)
人間力創成総合教育センターキャリア教育プログラム
人間力創成総合教育センター専門職教育プログラム
最終学歴 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻博士後期課程満期退学
学位 修士(理学)(京都大学)
所属学会・役職 日本霊長類学会
国際霊長類学会
日本アフリカ学会
日本動物行動学会
日本動物心理学会
専門分野 霊長類学、人類学、アフリカ地域研究
研究テーマ 野生チンパンジーの生態と保全

著書および訳書

大橋岳(2014)チンパンジーの文化的行動, アフリカ学会(編)アフリカ学事典: pp460-461, 昭和堂.

Ohashi G (2011) From Bossou to the forests of Liberia. In: Matsuzawa T et al., editors. The Chimpanzees of Bossou and Nimba. Tokyo: Springer. pp 313-321.

Matsuzawa T, Ohashi G, Humle T, Granier N, Kourouma M, Soumah AG (2011) Green Corridor Project: Planting in the savanna between Bossou and Nimba. In: Matsuzawa T et al., editors. The Chimpanzees of Bossou and Nimba. Tokyo: Springer. pp 361-370.

Ohashi G (2011) Lineage of the Bossou Community as of January 2010. In: Matsuzawa T et al., editors. The Chimpanzees of Bossou and Nimba. Tokyo: Springer. pp 404-405.

Ohashi G (2011) Global positioning system (GPS) data of specific locations. In: Matsuzawa T et al., editors. The Chimpanzees of Bossou and Nimba. Tokyo: Springer. pp 415.

Ohashi G (2006) Behavioral Repertoire of Tool Use in the Wild Chimpanzees at Bossou. In: Matsuzawa T, Tomonaga M, Tanaka M, editors. Cognitive Development in Chimpanzees. Tokyo: Springer. pp 439-451.

学術論文、評論

大橋岳(2020)リベリアの新しい調査地パラでくらす人々とチンパンジー, モンキー 5(2): 46-47.

大橋岳(2017)西アフリカの里山的環境にすむ野生動物とその保全, アフリカへのまなざし:広大な自然と多彩な文化(アフリカ資料(松浦コレクション)公開記念シンポジウム)報告書: 27-30.

大橋岳(2016)西アフリカの里山にくらすチンパンジー, AFRICA 56(4): 34-39.

大橋岳(2016)越境するチンパンジー, アリーナ 19: 405-411.

Hockings KJ, Bryson-Morrison N, Carvalho S, Fujisawa M, Humle T, McGrew WC, Nakamura M, Ohashi G, Yamanashi Y, Yamakoshi G, Matsuzawa T (2015) Tools to tipple: ethanol ingestion by wild chimpanzees using leaf-sponges Royal Society Open Science 2: 150150.

Ohashi G (2015) Pestle-pounding and nut-cracking by wild chimpanzees at Kpala, Liberia. Primates 56(2): 113-117.

Morimura N, Ohashi G, Matsuzawa T (2014) A survey of the savanna vegetation in Bossou, Guinea. Pan Africa News 21(2): 22-24.

大橋岳(2014)ボッソウからリベリアへ―国境を越えてチンパンジーを探す. プリマーテス研究会記録集 55: 6-9.

Hayashi M, Ohashi G, Ryu HJ (2012) Responses toward a trapped animal by wild bonobos at Wamba. Animal Cognition 15(4): 731-735.

Morimura N, Ohashi G, Soumah AG, Matsuzawa T (2011) Bush fire control using arbors in Green Corridor Project at Bossou. Pan Africa News 18(1): 10-12.

Ohashi G, Matsuzawa T (2011) Deactivation of snares by wild chimpanzees. Primates 52(1): 1-5.

Ohashi G, Hasegawa R, Kourouma M, Matsuzawa T (2008) Arbors and cuttings: New trials for Green Corridor Project at Bossou-Nimba. Pan Africa News 15(2): 20-23.

大橋岳(2008)トランスフロンティアに分布するチンパンジーの生態と保全―ギニア共和国ボッソウから国境を越えてリベリア共和国ニンバ州の森へ, エコソフィア20: 97-105.

Hockings KJ, Humle T, Anderson JR, Biro D, Sousa C, Ohashi G, Matsuzawa T (2007) Chimpanzees Share Forbidden Fruit. PLoS ONE 2(9): e886.

Ohashi G (2007) Papaya fruit sharing in wild chimpanzees at Bossou, Guinea. Pan Africa News 14(1): 14-16.

Uenishi G, Fujita S, Ohashi G, Kato A, Yamauchi S, Matsuzawa T, Ushida K (2007) Molecular analyses of the intestinal microbiota of chimpanzees in the wild and in captivity. American Journal of Primatology 69(4):367-376.

Ohashi G (2006) Bossou Chimpanzees crossed the national border of Guinea into Liberia. Pan Africa News 13(1): 10-12.

Ushida K, Fujita S, Ohashi G (2006) Nutritional significance of the selective ingestion of Albizia zygia gum exudate by wild chimpanzees in Bossou, Guinea. American Journal of Primatology 68(2): 143-151.

松沢哲郎, タチアナ・ハムル, カテリーナ・クープス, ドラ・ビロ, 林美里, クローディア・ソウザ, 水野友有, 加藤朗野, 山越言, 大橋岳, 杉山幸丸, マカン・ク-ルマ(2004)ボッソウ・ニンバの野生チンパンジー:2003年の流行病による大量死と「緑の回廊」計画, 霊長類研究 20(1): 45-55.

平田聡, 大橋岳(2003)オランウータンの道具使用に関する実験的研究, 霊長類研究 19(1): 87-95.

Nakamura M, Ohashi G (2003) Eleven-year old male chimpanzee outranks ex-alpha adult male at Bossou. Pan Africa News 10(1): 9-11.

Hirata S, Yamakoshi G, Fujita S, Ohashi G, Matsuzawa T (2001) Capturing and toying with hyraxes (Dendrohyrax dorsalis) by wild chimpanzees (Pan troglodytes) at Bossou, Guinea. American Journal of Primatology 53: 93-97.

講演、シンポジウム、学会発表

大橋岳(2019)「西アフリカにくらす野生チンパンジーの生態と保全」. アフリカ交流会(2019年12月8日, JICA中部なごや地球ひろば, 名古屋).

大橋岳(2019)「ギニア・リベリア国境地域でのチンパンジー調査と研究者交流」. 日本アフリカ学会第56回学術大会(2019年5月18-19日, 京都)研究発表要旨集: 61.

大橋岳(2019)「ギニア・リベリア国境地域でのチンパンジー調査と研究者交流」. 第63回プリマーテス研究会(2019年1月26日-27日, 犬山).

Ohashi G (2018) Camera trap surveys of wild chimpanzees (Pan troglodytes verus) in non-protected forest at Kpala, Liberia. The 27th Congress of the International Primatological Society (August 19-25, 2018, Nairobi).

大橋岳(2018)「ギニア・リベリア国境地域でのチンパンジー保全のとりくみ」. 日本霊長類学会第34回大会(2018年7月13-15日, 東京)霊長類研究34(Supplement): 55.

大橋岳(2018)「リベリアの里山にくらすチンパンジーの生態と保全」. 日本アフリカ学会第55回学術大会(2018年5月25-26日, 北海道)研究発表要旨集: 184.

大橋岳(2017)「アフリカの森に棲むチンパンジーと人間の暮らし」. にいがた市民大学「人間と動物のつながり―動物が私たちに教えてくれること」(2017年9月2日, 新潟市生涯学習センター, 新潟市).

大橋岳(2017)「野生チンパンジーのくらしと文化」. 生涯学習地域連携講座(2017年3月25日, 春日井市東部市民センター, 春日井市).

大橋岳(2016)「西アフリカにくらす野生チンパンジー」. 第27回生物多様性カフェ(2016年9月25日, なごや生物多様性センター, 名古屋).

大橋岳(2016)「長期調査地ボッソウから隣国リベリアの森へ:西アフリカにおける野生チンパンジーの生態と保全」. 中部人類学談話会第236回例会(2016年9月17日, 南山大学, 名古屋).

Ohashi G (2016) Wild chimpanzees at Kpala using tools in various contexts. The 26th Congress of the International Primatological Society (August 21-27, 2016, Chicago).

大橋岳(2016)「リベリア共和国パラにおける野生チンパンジーの道具使用行動」. 日本霊長類学会第32回大会(2016年7月15-17日, 鹿児島)霊長類研究32(Supplement): 52-53.

大橋岳(2016)「西アフリカの里山的環境にすむ野生動物とその保全」. アフリカへのまなざし:広大な自然と多彩な文化(松浦コレクション公開記念シンポジウム)(2016年5月10日, 中部大学, 春日井).

大橋岳(2016)「アフリカで野生のチンパンジーを追う」. 中部大学同窓会西三河支部総会(講演, 2016年4月23日, 刈谷).

大橋岳(2016)「野生チンパンジーのくらしと文化」. 2016春学期オープンカレッジ開講式(講演, 2016年4月2日, 春日井).

大橋岳(2016)「カメラトラップで明らかになったリベリア共和国パラにおける野生チンパンジーの道具使用行動」. 第60回プリマーテス研究会(2016年1月30日-31日, 犬山).

大橋岳(2015)「野生チンパンジーは保護された森林以外の地域でもくらしている」. アジア・アフリカに生きる大型類人猿を支援する集い第18回大会(2015年11月14日-15日, 京都).

Ohashi G (2015) Wild chimpanzees at Kpala use stones in various contexts. The 4th International Symposium on Primatology and Wildlife Science (July 21-22, 2015, Kyoto).

Ohashi G (2015) Stone tool use by wild chimpanzees at Kpala, Liberia. PWS Annual symposium (March 5-8, 2015, Kyoto).

大橋岳(2015)「リベリア共和国パラにおける野生チンパンジーの道具使用行動」. 第59回プリマーテス研究会(2015年1月31日-2月1日, 犬山).

Ohashi G (2014) Tool Use Behaviors of Wild Chimpanzees at Kpala, Liberia. The 1st PWS Interim Symposium (August 29-30, 2014, Kyoto).

Ohashi G (2014) Tool Use Behaviors of Wild Chimpanzees at Kpala, Liberia. The 25 th Congress of the International Primatological Society (August 2014, Hanoi).

Ohashi G (2014) We need to protect chimpanzees even in non-protected forest. PWS Kick-off symposium (March 6-9, 2014, Kyoto). 

大橋岳(2013)「ボッソウからリベリアへ:国境を越えてチンパンジーを探す」. 第58回プリマーテス研究会(2013年12月, 犬山)要旨集p3. 

大橋岳(2013)「ボッソウからニンバへ:緑の回廊と国境を越えたチンパンジー調査」.アジア・アフリカに生きる大型類人猿を支援する集い第16回大会(2013年11月, 高知)要旨集p35-36.

大橋岳(2013)「リベリア共和国パラにおける野生チンパンジーの道具使用行動」. 日本霊長類学会第29回大会(2013年9月, 岡山)要旨集p182.

Ohashi G (2013) Tool Use Behaviors at kpala, Liberia. 国際高等研究所「心の進化」研究プロジェクト:比較認知科学の展望(2013年4月, 木津川).

大橋岳(2012)「ボッソウからリベリアの森へ」アジア・アフリカに生きる大型類人猿を支援する集い第15回大会(2012年11月, 札幌)要旨集p40.

大橋岳,森村成樹,松沢哲郎(2011)「チンパンジーの往来を促進したい:ギニア共和国ボッソウニンバ地域でおこなう緑の回廊プロジェクトの近況報告」アジア・アフリカに生きる大型類人猿を支援する集い第14回大会(2011年11月, 熊本).

林美里・大橋岳・柳興鎭(2011)「罠にかかった動物に対するボノボの行動:ワンバでのケースレポート」アジア・アフリカに生きる大型類人猿を支援する集い第14回大会(2011年11月, 熊本).

Ohashi G (2011) From Bossou to Liberia: Conservation of Wild Chimpanzees in West Africa. AA Platform Workshop "Comparative study of adaptation to environment in apes" (2011/8/12, Mabali, D.R. Congo).

大橋岳(2011)「ボッソウのチンパンジーはベッドをつくって求愛する」日本霊長類学会第27回大会(2011年7月, 犬山)霊長類研究27(Supplement).

大橋岳, 松沢哲郎(2010)「緑の回廊:孤立化したチンパンジーの生息域を植林でつなぐ」アジア・アフリカに生きる大型類人猿を支援する集い第13回大会(2010年11月, 横浜), 要旨集p-62.

Ohashi G, Matsuzawa T (2010) Surveys of chimpanzee habitats in West Africa: information from Guinea and Liberia. International Primatological Society 23rd Congress (2010/9, Kyoto, Japan) Primate Research 26(Supplement): 292.

大橋岳, 松沢哲郎(2009)「ギニア共和国ボッソウ・ニンバ地域における植林活動と環境教育」 アジア・アフリカに生きる大型類人猿を支援する集い第12回大会(2009年11月, 北九州), 要旨集p.17.

大橋岳, 長谷川亮, クルマ・マカン, 松沢哲郎(2009)「サバンナに東屋を建て苗木を守る:「緑の回廊プロジェクト」における新たな方法の導入とその効果」日本霊長類学会第25回大会(2009年7月, 各務原)霊長類研究25(Supplement): 35. 

大橋岳, 長谷川亮, ハムル・タチアナ, クルマ・マカン, 松沢哲郎 (2008)「緑の回廊プロジェクト:ギニア共和国ボッソウ・ニンバ地域における植林活動の近況」 アジア・アフリカに生きる大型類人猿を支援する集い第11回大会(2008年11月, 東京), 要旨集p.22.

大橋岳, 長谷川亮, ハムル・タチアナ, クルマ・マカン, 松沢哲郎(2008)「挿し木と東屋:「緑の回廊プロジェクト」において幼木の定着率を向上させる新たな試み」日本霊長類学会第24回大会(2008年7月, 東京)霊長類研究24(Supplement): 35.

Ohashi G (2008) From Bossou to Liberian Forest: Chimpanzee survey across national border in West Africa. Symposium on Comparative Cognitive Science 2008 “Primate Origins of Human Mind” (2008/5, Kyoto, Japan).

Ohashi G (2007) Present status and conservation effort of wild chimpanzees distributing Tri-national area of West Africa: Case report of recent surveys in Liberia. Transborder Environmental and Natural Resource Management (2007/12, Kyoto, Japan).

大橋岳, 長谷川亮, ハムル・タチアナ, クルマ・マカン, 松沢哲郎 (2007)「緑の回廊プロジェクト:ギニア共和国ボッソウ・ニンバ地域における植林活動の紹介」 第10回SAGAシンポジウム(2007年11月, 東京).

大橋岳(2007)「リベリア共和国ニンバ州における野生チンパンジーの分布調査」 日本霊長類学会第23回大会(2007年7月, 滋賀)霊長類研究23(Supplement): 20.

大橋岳(2007)「広域調査からみえてくるもの」 動物心理学研究の多様性: 第143回日本動物心理学会例会(2007年3月, 名古屋).

Ohashi G (2006) Les Chimpanzes de Bossou Traversent la Frontiere Liberienne. Bossou 30 ans. Symposium International Recherche et Conservation des Grands Singes Africains: 30eme Anniversaire du Projet Bossou-Nimba (2006/11, Conakry, Guinea) Program : 14.

大橋岳(2006)「ボッソウのチンパンジーが国境を越えてリベリアの森を訪れた」 日本霊長類学会第22回大会(2006年7月, 大阪)霊長類研究22(Supplement): 27. 

大橋岳(2005)「森に設置された罠を壊す野生チンパンジー」 第8回SAGAシンポジウム(2005年11月, 大阪)要旨集 : 29. 

Ohashi G (2005) Tool use behaviors in wild chimpanzees at Bossou, Guinea. The 3rd International Workshop for Young Psychologists: Evolution and Development of Cognition (2005/10, Kyoto, Japan) Abstracts : 10.

Ohashi G (2005) Deactivation of Snares by Wild Chimpanzees. IX International Mammalogical Congress (August. 2005. Sapporo, Japan). Abstracts P.331.

Ohashi G (2005) Sprit or Spread? The Characteristics of Fission-Fusion Pattern in Bossou Chimpanzees. Kyoto Conference: Delphinid and Primates Social Ecology (July. 2005. Kyoto, Japan). Program p.51.

大橋岳(2005)「罠を壊すチンパンジー」日本霊長類学会第21回大会(2005年7月, 倉敷). 霊長類研究21 (Supplement): 23-24.

Ohashi G (2005) Behavioral repertoire of tool use in the wild chimpanzees at Bossou . The 3rd HOPE International workshop "Comparative Cognitive Science: Recent topics of avian and primate species" (2005/3, Kyoto, Japan).

Ohashi G (2004) Consortship in Chimpanzees at Bossou. An International Symposium: African Great Apes: Evolution, Diversity and Conservation(March. 2004. Kyoto, Japan). Program p.27. 

Ohashi G (2002) Sub-grouping and Vocal Communication in Bossou Chimpanzees. The 2nd International Symposium on Comparative Cognitive Science: Social transmission of knowledge (Feb.2002, Inuyama, Japan). Program and Abstract p.39.

Yamakoshi G, Hirata S, Ohashi G, Matsuzawa T (2002) Current conservation status of Bossou chimpanzees: Local tradition, habitat isolation and a corridor building project (Green Passage Plan).Inuyama COE International Symposium: Research on Long-lived Animals (Jan.2002, Inuyama, Japan). Abstracts p.63.

大橋岳, 伊村知子, 松沢哲郎(2000)「チンパンジー母子の他個体との再会」第3回SAGAシンポジウム(2000年11月, 犬山).

大橋岳(2000)「オランウータンの道具使用行動と対象操作」マレーシア・ボルネオシンポジウム(2000年8月, 犬山).

平田聡, 藤田志歩, 大橋岳, 松沢哲郎, 山越言(2000)「ボッソウのチンパンジーによるハイラックスの捕獲と遊び」日本霊長類学会第16回大会(2000年7月, 名古屋). 霊長類研究16: 254.

大橋岳, 平田聡(2000)「オランウータンにおける対象操作」日本動物心理学会第60回大会(2000年6月, 東京). 動物心理学研究50: 311.

平田聡, 大橋岳, マウラ・セリー(2000)「オランウータンとチンパンジーの道具使用」日本動物心理学会第60回大会(2000年6月, 東京). 動物心理学研究50: 312.

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー