中部大学

中部大学

教員情報

吉住 隆弘 YOSHIZUMI Takahiro

プロフィール

職名 准教授
所属 人文学部 心理学科
大学院 国際人間学研究科 心理学専攻
最終学歴 名古屋大学大学院教育発達科学研究科
学位 博士(心理学)(名古屋大学)
資格 臨床心理士
所属学会・役職 日本心理臨床学会
日本心理学会
日本パーソナリティ心理学会(編集委員)
日本児童青年精神医学会
専門分野 臨床心理学
研究テーマ 児童・青年期の心の問題、臨床心理学的地域援助、貧困者・家庭への支援

著書および訳書

心理検査実施の初歩, 心理学基礎演習Vol.5, ナカニシヤ出版, 2011

子どもの心理臨床学入門, 心理学を学ぼう(共著), ナカニシヤ出版, 2010

子どもの精神病性障害, 子どもの心の診療シリーズ8(共著), 中山書店, 2009

学術論文、評論

生活保護受給者の生活満足度と関連する心理社会的要因の検討, 人文学部研究論集, 28, 2012

過去の自分への手紙の内容分析と心理的効果の検討, 心理臨床学研究, 29, 2011

一般青年の解離傾向とアグレッションの関連について:P−Fスタディを用いた検討, パーソナリティ心理学研究, 19, 2010

Psychometric Properties of the Adolescent Dissociative Experiences Scale (A-DES) in Japanese Adolescents from a Community Sample., Journal of Trauma & Dissociation, 11, 2010

大学生の解離体験と防衛機制およびコーピングとの関連について, パーソナリティ研究, 16, 2007

軽症対人恐怖症者との面接過, 名古屋大学発達心理精神科学教育研究センター心理発達相談室紀要, 22, 2007

The effect of avoidant tendencies on the intensity of intrusive memories in a community sample of college students, Personality and Individual Differences, 43, 2007

Dissociation as a mediator between the perceived parental rearing style and depression in an adult community population, Personality and Individual Differences, 43, 2007

Reliability and Validity of the Parenting Scale of Inconsistency, Psychological Reports, 99, 2006

Hallucinatory Experiences in a Community Sample of Japanese Children, Journal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatry, 43, 2004

講演、シンポジウム、学会発表

経済的問題を抱える家庭の子どもを対象とした無料学習支援の心理的効果に関する研究, 第76回日本心理学会, 2012

ホームレスの精神的健康と関連する心理社会的要因の検討, 第31回日本心理臨床学会, 2012

N市で生活するホームレスの方を対象とした民間支援団体による生活医療相談の現状と課題, 平成23年度愛知県公衆衛生研究会, 2012

生活保護受給者のウェルビーイングに関する研究―心理社会的要因の検討―, 第30回日本心理臨床学会, 2011

過去の自分への手紙(2)―手紙の執筆が与える心理的効果に関する検討―, 第75回日本心理学会, 2011

Subjective life satisfaction of people receiving public assistance in Japan, The International Society for the Study of Individual Differences, 2011

過去の自分への手紙―中年期女性の書いた手紙の内容分析,第74回日本心理学会, 2010

路上生活者への援助とその課題(2),第29回日本心理臨床学会, 2010

Homeless people in Japan: the psychological characteristics and the need for psychological support,27th International Congress of Applied Psychology, 2010

路上生活者への心理的援助とその課題, 第28回日本心理臨床学会, 2009

児童精神科外来患者の解離傾向−Adolescent Dissociative Experiences Scale (A-DES) を用いての検討―, 第48回日本児童青年精神医学会総会, 2007

Properties of intrusive memories and their relationship with avoidant tendencies in a community sample using college students, The 13th Congress of the European Society for Child and Adolescent Psychiatry, 2007

侵入性記憶と回避的特性の関連について―思考抑制、反すう傾向、解離傾向に注目して―, 日本心理学会第71回大会, 2007

葛藤処理メカニズムとしての解離の特徴―解離体験尺度(DES)、防衛スタイル測定尺度(DSQ-40)、およびコーピング測定尺度(TAC-24)との関連を通して―, 日本心理学会第70回大会, 2006

Dissociation as a mediator between perceived parent's rearing style and depression in Japanese adolescent comunity sample, The 18th World Congress on Psychosomatic Medicine, 2005

Hallucinatory Experiences in Normal Children in Japan, The 3rd Congress of the the Asian Society for Child and Adolescent Psychiatry, 2003

遊びが社会的スキルに及ぼす影響について, 東海心理学会第51回大会, 2002

受賞

2011年度教育活動優秀賞

社会活動

NPO法人・ささしまサポートセンター理事(生活困窮者支援)

学習教室・きみいろ(無料学習支援)

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー