中部大学

中部大学

教員情報

島津 信子 SHIMAZU Nobuko

プロフィール

職名 教授
所属 人文学部 英語英米文化学科
大学院 国際人間学研究科 言語文化専攻
最終学歴 Indiana University of Pennsylvania 大学院英米文学研究科
学位 博士(Ph.D.in Literature and Criticism)
専門分野 英米文学 
研究テーマ ecofeminism、マイノリティ文学、英米現代演劇 
授業科目 英米文化入門、英米の文学A、英米の文学B、英米の文化

著書および訳書

「デイヴィッド・レイブーヴェトナムの戦場を生きのびて」現代演劇研究会編『現代英米の劇作家たち』228-242. 東京:英潮社. 1990年5月

「第8章 湖で見つけた真実―マーガレット・アトウッド『浮上』―」小池美佐子・原恵理子編『現代アメリカ文学の女性像』177-199. 東京:勁草書房. 1985年6月

学術論文、評論

「シェイクスピアの世界への誘い―『ロミオとジュリエット』と『テンペスト』を読む」中部大学教育研究第17号 pp.67-75. 2017年12月

"Karen Tei Yamashita's Diasporic Worldview: Politics of a Postmodern Immigrant." 中部大学人文学部研究論集第25号 pp.29-40. 2011年1月

「英米文学の教え方―俳句を教材にした導入授業―」中部大学教育研究第9号 pp. 49-53. 2011年12月

"Fiction as Nature Writing: Nature Strikes Back in Through the Arc of the Rain Forest." 九州工業大学情報工学部紀要 第21号 pp. 9-63. 2008年3月

「グローバル化する世界における技術者のための英語教育:ライティングを重視した学部と大学院の英語プログラム報告」『工学教育』Vol.56 No.1, pp. 61- 67. 2008年1月

"The Theme of Mobility in Karen Tei Yamashita's Brazil-Maru: An Ecofeminist Reading." 九州工業大学情報工学部紀要第20号 pp. 83-134. 2007年3月

講演、シンポジウム、学会発表

"The Importance of Women's Nurturing Chores in Men's Metaphysical Landscape in Karen Tei Yamashita's Brazil-Maru." International Conference of the Korean Association for Feminist Studies in English Literature on (Post)Feminisms. 於高麗大学(韓国ソウル). 2007年6月

いわき市主催いわきヒューマン・カレッジ教育学部「英語がひらくワンダーランド」於東日本国際大学(福島県いわき市). 2003年10月

いわき市主催いわきヒューマン・カレッジ国際交流学部「アメリカ文化事情:日系アメリカ人作家カレン・テイ・ヤマシタ」於東日本国際大学(福島県いわき市). 2002年10月

「Paula Vogel の How I learned to Drive―Seducer or Seduced: Driving lessons as an Initiation Rite」日本アメリカ文学会東京支部例会. 於慶応大学. 1998年11月

社会活動

飯塚市文化振興審議会委員 2005年7月~2008年3月

その他

辞典項目

『イギリス・アメリカ演劇事典』分担執筆, 坂本和男・来住正三編, 現代演劇研究会. 東京: 新水社. 1999年12月

テキスト注釈

David Mamet 著 『Oleanna』東京: 新水社. 1997年4月

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー