中部大学

中部大学

教員情報

工藤 健 KUDO Takeshi

公開ホームページ

プロフィール

出身 長野県
職名 教授
所属 工学部
人間力創成総合教育センター特定課題教育プログラム
現代教育学部 現代教育学科
人間力創成総合教育センター教養課程教育プログラム(科学リテラシー)
最終学歴 金沢大学大学院自然科学研究科
学位 博士(理学)(金沢大学)
所属学会・役職 日本地震学会
アメリカ地球物理連合
専門分野 固体地球物理学
研究テーマ 地殻内の応力蓄積に対する粘弾性的応答の解明、地殻構造と断層運動の関係解明
授業科目 地球の科学A、地球を観る、地球の科学B、地球と生命、グローバル環境論、地学概論、科学教育演習D

著書および訳書

日本列島重力アトラス:西南日本および中央日本(共著), 東京大学出版会, 2004

学術論文、評論

Evolution of late Cenozoic magmatism and the crust-mantle structure in the NE Japan Arc(共著), Geological Society London Special Publications, 385(15), doi:10.1144/SP385.15, 2013

Precursory Migration of Anomalous Seismic Activity Revealed by the Pattern Informatics Method: A Case Study of the 2011 Tohoku Earthquake, Japan(共著), Bulletin of the Seismological Society of America, vol. 103 no. 2B, doi: 10.1785/0120120094, 2013

重力異常分布図からの伏在カルデラリム抽出法(共著), 地理情報システム学会誌, Vol.20, No.2, 2012

Spatiotemporal Relationship between Geodetic and Seismic Quantities: A Possible Clue to Preparatory Processes of M ≥ 6.0 Inland Earthquakes in Japan(共著), International Journal of Geophysics, vol. 2012, Article ID 610712, 2012

統計的アプローチによる地殻活動解明 (II)各種地殻活動情報と大規模内陸地震発生との総合相関評価システム構築(共著), 日本地震学会誌『地震』, Vol.63, No.3, 2011

重力異常からみた東北本州弧地殻構造の特徴 , 月刊地球, Vol.32, No.6, 2010

平成20年岩手・宮城内陸地震震源域周辺の地質と地質構造(共著) , 月刊地球, Vol.32, No.6, 2010

統計的アプローチによる地殻活動解明 (I) 統一化された形式をもつ日本列島地殻現象データベース構築(共著), 日本地震学会誌『地震』, Vol.63, No.1, 2010

Estimation of the maximum earthquake magnitude from the geothermal gradient, Bulletin of the Seismological Society of America, Vol. 99, No. 1, 2009

断層の連動とその確率(共著), 月刊地球, Vol.30, No.9, 2008

Dike intrusion associated with the 2000 eruption of Miyakejima volcano, Japan(共著), Bulletin of Volcanology, Vol.67, No.3, 2005

A Gravity Database of Southwest Japan: Application to Bouguer Gravity Imaging in Kyushu District, Southwest Japan(共著), in A Window on the Future of Geodesy, vol.128 of International Association of Geodesy Symposia, edited by F. Sanso, Springer-Verlag, 2005

紀伊半島南部地域の重力異常と深部比抵抗構造から推定される地熱構造(共著), 日本地震学会誌『地震』, Vol.57, No.3, 2005

重力データを用いた大陸ダイナミクス研究の現状(共著) , 月刊地球, Vol.27, No.10, 2005

Variations of gravity anomaly roughness in Chugoku district, Japan: Relationship with distributions of topographic lineaments, Earth Planets Space, Vol.56, No.5, 2004

Pull-down basin in the central part of Japan due to subduction-induced mantle flow, Tectonophysics, Vol.367, Issues 3-4, 2003

広帯域MT法による紀伊半島の中新世珪長質火成岩体の深部構造(共著), 日本火山学会誌『火山』, Vol.48, No.6, 2003

Effective elastic thickness of island arc lithosphere under Japan, The Island Arc, Vol.10, Issue2, 2001

関東地方の重力異常と基盤構造(共著), 月刊地球, 号外No.34, 2001

西南日本の重力異常勾配と地震活動との関連, 日本地震学会誌『地震』, Vol.52, No.3, 1999

Characterization of crustal stuctures by fractal analysis of gravity anomalies, Proc. Japan Acad., Vol.74(B), No.5, 1998

重力で見た飛騨山脈周辺の地殻構造, 月刊地球, Vol.18, No.2, 1996

Evaluation of crustal structure and bedrock topography around Mizuho Plateau, Antarctica based on gravity data, Proc. NIPR Symp. Antarct. Geosci., No.7, 1994

日本列島の重力異常陰影図−(III)フォッサマグナ周辺の重力異常陰影図と地質構造−, 日本地震学会誌『地震』, Vol.46, No.4, 1994

日本列島の重力異常陰影図−(I)重力異常陰影図の作成−, 日本地震学会誌『地震』, Vol.46, No.3, 1993

講演、シンポジウム、学会発表

Crustal density structure of the northeast Honshu arc, Japan, Western Pacific Geophysics Meeting 2010, Taipei, 2010

Crustal structure and tectonics of the northeast Honshu arc, Japan, revealed from detailed gravity anomalies and late Cenozoic caldera distribution, G-COE symposium 2010: Earthquakes, Active Tectonics and Geodynamics of Island Arcs, Tohoku Univ., 2010

Crustal structure and tectonics of the northeast Honshu arc, Japan, revealed from detailed gravity anomalies and late Cenozoic caldera distribution, American Geophysical Union, Fall Meeting 2009

Relationship between the recurrence interval of fault activity and the thermal gradient in Japanese inland area, American Geophysical Union, Fall Meeting 2008

Maximum magnitudes of earthquake and the geothermal structure in Japanese inland area, American Geophysical Union, Fall Meeting 2007

Variations of standard deviation of gravity anomalies in Chugoku District, Japan:Relationship with distributions of topographic lineaments, American Geophysical Union, Fall Meeting 2003

Pull-down basin in the central part of Japan due to subduction-induced mantle flow, American Geophysical Union, Fall Meeting 2002

Effective elastic thickness of island arc lithosphere under Japan, American Geophysical Union, Fall Meeting 2000

A new tectonic line across the Japanese Islands found from gravity anomalies, 29th International Geological Congress, 1992

フィールドワーク、作品

Gravity Database of Japan (CD-ROM), Earth Watch Safety Net Research Center, Chubu University, Special Publication, No.1, 2011

社会活動

政府地震調査研究推進本部専門委員

名古屋市防災会議専門委員

その他

東北日本北部地域の重力異常, 中部大学工学部紀要, Vol.46, 2011

研究速報:異なる物理指標間関係の時間変化の特徴—地殻活動理解に向けて—(続報)(共著), 中部大学工学部紀要, Vol.45, 2009

地下の天気図, 土木学会誌, Vol.93, No.10, 2008

研究速報:日本列島内陸部における活断層の活動間隔と地温勾配との関係, 中部大学工学部紀要, Vol.44, 2008

研究速報:異なる物理指標間関係の時間変化の特徴—地殻活動理解に向けて—(共著), 中部大学工学部紀要, Vol.44, 2008

研究速報:リソスフェア強度の異方性検出の試み, 中部大学工学部紀要, Vol.43, 2007

研究速報:歪み速度分布図作成ツールの開発—(地下天気図作成へ向けて)—(共著), 中部大学工学部紀要, Vol.43, 2007

中部大学だからできる「やり直しのできる大学」への小さな一歩—新任教員の試行錯誤の記録—, 中部大学教育研究, No. 5, 2006

日本列島下の地殻の粘弾性構造と変形についての研究(共著), 大都市大震災軽減化特別プロジェクトI地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏地殻構造調査研究」, 平成15〜18年度成果報告書

Tidal Components Detected in Long Span Telluric Current Measurements(共著), Bulletin of Institute of Oceanic Research and Development, Tokai University, No.21, 2000

日本列島の地底が見えた!, Newton, 1995年2月号

フィリピン海及び西カロリン海盆における重力測定, 物質循環に関わる海洋地質学的研究(地質調査所平成3年度研究報告), 1992

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー