中部大学

中部大学

教員情報

横手 直美 YOKOTE Naomi

公開ホームページ

プロフィール

職名 准教授
所属 生命健康科学部 保健看護学科
看護実習センター
大学院 生命健康科学研究科 看護学専攻
最終学歴 広島大学大学院医学研究科
学位 修士(保健学)
資格 看護師、助産師、養護教諭、日本マタニティビクス協会認定インストラクター(マタニティビクス、ベビービクス)
所属学会・役職 日本助産学会(評議員:2014-)
日本看護科学学会
日本母性衛生学会
愛知県母性衛生学会
日本トラウマティック・ストレス学会
専門分野 母性看護学、助産学
研究テーマ 帝王切開分娩時のケア、分娩時のトラウマ、マタニティ/ベビーエクササイズの効果
研究紹介PDF
授業科目 母性看護学Ⅰ、母性看護学Ⅱ、母性看護学臨地実習、発達看護学特論B(母性看護学)、家族看護学特論、発達看護学課題演習・実習、発達看護学特別研究A・B
公開連絡先 メールアドレス:yokote@isc.chubu.ac.jp

著書および訳書

新体系看護学全書 母性看護学2 マタニティサイクルにおける母子の健康と看護(第5版) 新道幸惠編 第2章分娩期における母子の看護, p399-409, p416-426, メヂカルフレンド社, 東京, 2013.

ママのための帝王切開の本, 竹内正人・細田恭子・横手直美編著, 中央法規出版, 東京, 2013.

こころのケア.竹内正人編著 帝王切開のすべて, ペリネイタルケア2013新春増刊, 東京, メディカ出版, p189-193.

退院前後のフォロー.竹内正人編著 帝王切開のすべて, ペリネイタルケア2013新春増刊, 東京, メディカ出版, p194-200.

新体系看護学全書 母性看護学2 マタニティサイクルにおける母子の健康と看護(第4版) 新道幸惠編 第2章分娩期における母子の看護, p396-407, p413-423, メヂカルフレンド社, 東京, 2012.

学術論文、評論

ICMプラハ大会2014レポート ICMプラハ大会での座長の経験-たくさんの人々に支えられて.助産雑誌, 68(11), p989-991, 2014.

おとなの健康塾5 子育て家族を支える―「イクボス」になろう.中部大学幸友会会報2014, vol.17, 23-24, 2014.

帝王切開をしたお母さんの退院後のニーズと助産ケア.助産雑誌, 68(2), 124-129, 2014.

帝王切開の“今”を知ろう―第4回 帝王切開後の母子のフィットネスの意義.MEDEX JOURNAL, vol.129, 8-9, Mar, 2014.

帝王切開の“今”を知ろう―第3回 帝王切開後のママの心の変化.MEDEX JOURNAL, vol.128, 8-9, Feb, 2014.

帝王切開の“今”を知ろう―第2回 帝王切開後のママの身体の変化.MEDEX JOURNAL, vol.127, 8-9, Jan, 2014.

帝王切開の“今”を知ろう―第1回 帝王切開の基礎知識とマタニティフィットネスのメリット.MEDEX JOURNAL, vol.126, 8-9, Dec, 2013.

産後うつ病予防を目的としたエクササイズと教育プログラム:メルボルンにおける他職種間のコラボレーション, ペリネイタルケア, 32(8), p71-77, 2013.

乳児とその母親に対するベビービクス講習会の大学における実践報告, 愛知県母性衛生学会誌, 30, p86-91, 2013.

帝王切開分娩時の情報提供とバースレビューを考える:中範囲理論を用いた事例検討, ぺリネイタルケア, 32(2), p91-99, 2013.

専門職連続講座「子ども虐待に関する基礎的知識と初期対応のあり方」を開催して, トラウマティック・ストレス学会誌, 10(1), p77-81, 2012.

帝王切開分娩の受容と継続支援―マタニティアクア受講の2事例のサポートから―, 助産雑誌, 65(9), p832-837, 2011.

助産学の学習初期における効果的教育方法に関する研究―2期生に対する分娩見学自主実習の効果と課題―, 日本赤十字広島看護大学紀要11巻, p11-14, 2011.

助産学の学習初期における効果的教育方法に関する研究―分娩見学自主実習の効果と課題―, 日本赤十字広島看護大学紀要10巻, p7-14, 2010.

妊婦の運動指導を体感する―マタニティビクス模擬レッスンの実践報告―, 日本赤十字広島看護大学紀要, 10巻,p59-64, 2010.

名古屋市主催『共働きカップルのためのパパママ教室』における子育て支援活動報告, 愛知県母性衛生学会誌, 第27号, p58-62, 2009.

日本における帝王切開分娩時のケアの現状―クリニカルパスに関する文献的検討から―, 母性衛生, 49(4): 492-498, 2009.

Women's experiences of labor, surgery and first postnatal week by an emergency cesarean section., Journal of Japan Academy of Midwifery, 22(1): 37-48, 2008.

Fathers' feelings and thoughts when their partners require an emergency cesarean section: impact of need for surgery., Japan Journal of Nursing Science, 4: 103-110, 2007.

スポーツクラブにおける「マタニティアクア」と助産師によるメディカル・チェック, 助産雑誌 61(3): 236-241, 2007

緊急帝王切開で生児を出産した女性の『母親としての再起』の認知プロセス―産褥1週間における主観的体験の質的分析―, 母性衛生, 46(4):617-624, 2006

助産所から母体搬送後, 緊急帝王切開となったケースの出産および産褥入院中の体験, 助産雑誌, 59(2):160-168, 2005

緊急帝王切開における女性のトラウマの要因―産褥1週間における出産体験の認識からの分析―, 母性衛生, 45(4):432-438, 2005

緊急帝王切開後の女性の急性ストレス反応―出産体験と産褥1週間の体験の分析を通して―, 日本助産学会誌, 18(1):37-48, 2004

オーストリアの助産施設とマタニティケア, 助産婦雑誌, 56(8):76-80, 2002

英国のマタニティ・ケアの“今”と緊急時の対応(後編), 助産婦雑誌, 56(1):61-68, 2002

英国のマタニティ・ケアの“今”と緊急時の対応(前編), 助産婦雑誌, 55(12):58-65, 2001

妊産婦のバースプランに対する反応(第2報)―導入1年後の変化と今後の要望―, 母性衛生, 42(2):409-414, 2001

妊産婦のバースプランに対する反応―バースプラン導入初期の実産後の母親の不安と育児状況―退院と1ヶ月時との比較, 母性衛生, 36(1):97-102, 1995

講演、シンポジウム、学会発表

Adaptation to, and satisfaction with, cesarean birth and related educational support among Japanese women, Proceeding of the 34th Academic Conference of Japan Academy of Nursing Science, Nov, 2014, in Nagoya.

Japanese women’s perceptions of informative support by medical staff with cesarean birth: an internet survey. Proceeding of the International Confederation of Midwives 30th Triennial Congress, June, 2014, in Prague.

帝王切開分娩の“今”を知って指導にいかそう,The 45th Maternity Fitness Convention in Tokyo, Feb, 2014.

帝王切開分娩の“今”を知って指導にいかそう,The 46th Maternity Fitness Convention in Fukuoka, July, 2014.

帝王切開分娩の“今”を知って指導にいかそう,The 47th Maternity Fitness Convention in Osaka, Nov, 2014.

ベビービクス講習会の母親に対する心理的影―実施前後のPOMSの変化―, 第53回母性衛生学会学術集会(2012.11.16福岡), 口頭発表

ベビービクス講習会の母親に対する心理的影―実施前後の対児感情およびEPDSの変化―, 第53回母性衛生学会学術集会(2012.11.16福岡), 口頭発表

大学におけるベビービクス講習会の実践報告, 第30回愛知県母性衛生学会学術集会(2012.5.20名古屋), 口頭発表

Human caring in the mother /infant relationship though the "babybics" program. International Caring Congress Hiroshima, Hatsukaichi, Hiroshima.

妊婦スポーツ実践者の帝王切開分娩の受容と継続支援, 第31回Maternity Fitness Convension ランチョン・セミナー講演(2012.2.17横浜)

褥婦の分娩に起因した心的外傷後ストレス反応の産後6ヶ月間の変化, 第31回日本看護科学学会学術集会(2011.12.2高知), 口頭発表

助産診断学演習へのOSCE(客観的臨床能力試験)の導入, 第25回日本助産学会学術集会(2011.3.6名古屋), 口頭発表

助産学学習初期における分娩見学自主実習の実践報告(第2報), 第25回日本助産学会学術集会(2011.3.6名古屋), 口頭発表

看護大学における地域住民への子育て支援としてのベビービクス講習会の効果, 第51回母性衛生学会学術集会, 金沢市

助産学生に対する集団健康教育の教授方法としてのベビービクス講習会開催の効果, 第51回母性衛生学会学術集会, 金沢市

中学生のいのちに対する思いの変化―助産師学生による『いのちの授業』に参加して―, 第51回母性衛生学会学術集会, 金沢市

妊婦の予定帝王切開における意思決定へのプロセス―双胎妊娠後、切迫早産で入院中の事例からの分析―, 第51回母性衛生学会学術集会, 金沢市

助産学学習初期における分娩見学自主実習の実践報告, 第24回日本助産学会学術集会(2010.3.21つくば), 日本助産学会誌 23(3):444, 示説発表

分娩に起因した褥婦の心的外傷後ストレス反応の産褥4日目と1ヶ月後における変化, 第24回日本助産学会学術集会(2010.3.21つくば), 日本助産学会誌 23(3):417, 口頭発表

分娩に起因した女性のトラウマ体験と産褥早期の心的外傷後ストレス反応, 第29回日本看護科学学術集会(2009.千葉), 抄録集 p200, 口頭発表

分娩時のトラウマ体験による心的外傷後ストレス反応と児への否定的感情との関連, 第50回母性衛生学会(2009.横浜), 母性衛生 50(3), p172, 口頭発表

産婦人科病院における臨床心理士の役割―出産直後に関わった一事例を通して―, 第50回母性衛生学会(2009.横浜), 母性衛生 50(3), p194, 口頭発表

10代初産婦への産前・産後を通しての助産師の関わり―院内・地域での連携―, 第50回母性衛生学会(2009.横浜), 母性衛生 50(3), p195, 口頭発表

緊急帝王切開における精神的ケア―分娩時のトラウマ体験への気づきとケア―, 水戸周産期懇話会, 2009年10月25日

帝王切開分娩の母親に対する看護ケアに関する全国調査―看護マニュアルとクリニカルパスからみたケアの現状―, 第23回日本助産学会学術集会(2009.3.22 東京), 集録, p397, 口頭発表

生殖医療施設における患者支援に関する全国調査―心理的支援の現状―, 第23回日本助産学会学術集会(2009.3.22 東京), 集録, p473, 示説発表

分娩に起因したトラウマ体験と産褥早期のPTSD症状との関連, 日本トラウマティック・ストレス学会第8回大会(2009.3.14 東京), 集録, p99, 示説発表

分娩に起因したトラウマ体験と分娩形式との関連, 日本トラウマティック・ストレス学会第8回大会(2009.3.14 東京), 集録, p99, 示説発表

帝王切開分娩の母親に対する看護ケアに関する全国調査―術後スケジュールとケア―, 第28回日本看護科学学術集会(2008.12.14 福岡), 口頭発表

母性看護学実習に求められている看護技術内容と到達度(第2報)新生児に関する調査結果, 第49回母性衛生学会(2008.11.7), 母性衛生 49(3), p248, 口頭発表

母性看護学実習に求められている看護技術内容と到達度(第1報)産褥期女性に関する調査結果, 第49回母性衛生学会(2008.11.7), 母性衛生 49(3), p251, 口頭発表

帝王切開分娩の母親に対する看護ケアに関する全国調査(第2報)―術前・術中のケアの現状―, 第49回母性衛生学会(2008.11.7), 母性衛生 49(3), p388, 口頭発表

帝王切開分娩の母親に対する看護ケアに関する全国調査(第1報)―出産前教育の現状―, 第49回母性衛生学会(2008.11.7), 母性衛生 49(3), p388, 口頭発表

帝王切開分娩を経験した女性のおもいと出産選択, しあわせなお産を考えるシンポジウム講演, 2008年6月

緊急帝王切開分娩の母親の対児感情と育児動機―産褥2・7日における手術適応別による比較―, 第21回日本助産学会学術集会(2008.3), 集録 p147, 示説発表

日本における帝王切開分娩時のケアに関する文献検討, 第48回母性衛生学会(2007.10), 母性衛生 48(3), p116, 示説発表

帝王切開受容のための継続的支援―マタニティアクア受講の初産婦2名の報告―, 第48回母性衛生学会(2007.10), 母性衛生 48(3), p100, 示説発表

Midwives' experiences in emergency cesarean section: to care for mother, baby and father in crisis., The International Council of Nurses Conference (2007.6), oral presentation.

スポーツクラブにおける「マタニティアクア」と助産師によるメディカル・チェック, 第21回日本助産学会学術集会, 集録集 p121, 口頭発表, 2007年3月

緊急帝王切開における助産ケアに関する研究―早期産の母子を担当した助産師のケアの体験―, 第47回母性衛生学会, 母性衛生 47(3): 134, 口頭発表, 2006年11月

緊急帝王切開で早期産した女性の出産および産褥早期の体験―新生児医療センターを併設する産科施設における2ケースの分析―, 第20回日本助産学会学術集会, 集録集, p78-79, 口頭発表, 2006年3月5日

妻が緊急帝王切開を受ける夫の手術および妻子に対する感情と医療者への要望, 第2回広島保健学学会学術集会, 抄録集 p25, 口頭発表, 2005年10月30日

What does the partner think when his wife requires an emergency caesarean section?, Proceedings of International Confederation of Midwives 27th Triennial Congress (oral presentation), Jul. 26, 2005

The experiences of women who delivered under emergency caesarean section., Proceedings of International Confederation of Midwives 26th Triennial Congress (oral presentation), Apr. 16, 2002

緊急帝王切開で出産した母親の体験に関する研究―手術直後から退院までの体験―, 第21回日本看護科学学術集会, 抄録集 p340, 口頭発表, 2001年10月2日

緊急帝王切開で出産した母親の体験に関する研究―手術決定から手術終了までの体験―, 第21回日本看護科学学術集会, 抄録集 p339, 口頭発表, 2001年10月2日

社会活動

名古屋市「共働きカップルのためのパパママ教室」講師

愛西市子育て支援センター ベビービクス講師

日本助産学会誌査読員

日本看護研究学会誌査読員

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー