中部大学

中部大学

教員情報

武井 史郎 TAKEI Shiro

公開ホームページ

プロフィール

生年 1977
出身 宮崎県
職名 講師
所属 応用生物学部 環境生物科学科
大学院 応用生物学研究科 応用生物学専攻
最終学歴 名古屋大学大学院生命農学研究科生物機構機能科学専攻修了
学位 博士(農学)(名古屋大学)
所属学会・役職 医学生物学電子顕微鏡技術学会(理事: 2019-)
日本魚類学会(一般会員)
日本医用マススペクトル学会(一般会員)
日本顕微鏡学会(一般会員)
日本質量分析学会(一般会員)
日本陸水学会東海支部会(一般会員)
専門分野 魚類生物学、組織形態学、電子顕微鏡学
研究テーマ 魚類の視覚系を中心とした生理生態学的研究
研究紹介PDF
授業科目 環境問題入門(応用生物化学科)、生物多様性概論、スタートアップセミナー、生物と環境、環境生物科学入門、環境分析実験A、環境分析実験B、環境分析実験C、環境システム保全学・生物多様性科学特論
共同研究キーワード 魚類、組織形態学、電子顕微鏡、質量顕微鏡、質量分析

著書および訳書

1) 佐藤駿平, 松下祥子, 有久亘, 深野華, 武井史郎, 瀬藤光利. 「質量顕微鏡による組織細胞化学」, 組織細胞化学 2015, 189-198.

学術論文、評論

原著論文

27) Yusuke Saito, Fumihiro Eto, Shiro Takei, Ikuko Yao, Mitsutoshi Setou. Imaging mass spectrometry reveals sodium lauryl sulfate-induced changes in skin lipoquality, principally affecting sphingomyelin. Med Mass Spectrom 3, 35-42. 2019

26) Mori N, Mochizuki T, Yamazaki F, Takei S, Mano H, Matsugi T, Setou M. MALDI imaging mass spectrometry revealed atropine distribution in the ocular tissues and its transit from anterior to posterior regions in the whole-eye of rabbit after topical administration. PLoS ONE 14, e0211376. 2019

25) Mihara Y, Horikawa M, Sato S, Eto F, Hanada M, Banno T, Arima H, Ushirozako H, Yamada T, Xu D, Okamoto A, Yamazaki F, Takei S, Omura T, Yao I, Matsuyama Y, Setou M. Lysophosphatidic acid precursor levels decrease and an arachidonic acid-containing phosphatidylcholine level increases in the dorsal root ganglion of mice after peripheral nerve injury. Neurosci Lett 698, 69-75. 2018

24) Hama K, Fujiwara Y, Morita M, Yamazaki F, Nakashima Y, Takei S, Takashima S, Setou M, Shimozawa N, Imanaka T, Yokoyama K. Profiling and imaging of phospholipids in brain of Abcd1-deficient mice. Lipids 53, 85-102. 2018

23) Hosokawa Y, Masaki N, Takei S, Horikawa M, Matsushita S, Sugiyama E, Ogura H, Shiiya N, Setou M. Recurrent triple-negative breast cancer (TNBC) tissues contain a higher amount of phosphatidylcholine (32:1) than non-recurrent TNBC tissues. PLoS One, 12, e0183724. 2017

22) Shintani Y, Hayasaka T, Maeda D, Masaki N, Ito TK, Kabashima K, Takei S, Sakuma K, Tanaka M, Setou M, Fukayama M. Different desmin peptides are distinctly deposited in cytoplasmic aggregations and cytoplasm of desmin-related cardiomyopathy patients. Biochim Biophys Acta 1865, 828-836. 2017

21) Xu D, Omura T, Masaki N, Arima H, Banno T, Okamoto A, Hanada M, Takei S, Matsushita S, Sugiyama E, Setou M, Matsuyama Y. Increased arachidonic acid-containing phosphatidylcholine is associated with reactive microglia and astrocytes in the spinal cord after peripheral nerve injury. Sci Rep 6, 26427. 2016

20) Hossen MA, Nagata Y, Waki M, Ide Y, Takei S, Fukano H, Romero-Perez GA, Tajima S, Yao I, Ohnishi K, Setou M. Decreased level of phosphatidylcholine (16:0/20:4) in multiple myeloma cells compared to plasma cells: A single-cell MALDI-IMS approach. Anal Bioanal Chem 407, 5273-5280. 2015

19) Yuki D, Sugiura Y, Zaima N, Akatsu H, Takei S, Yao I, Maesako M, Kinoshita A, Yamamoto T, Kon R, Sugiyama K, Setou M. DHA-PC and PSD95 decrease after loss of synaptophysin and before neuronal loss in patients with Alzheimer's disease. Sci Rep 4, 7130. 2014

18) Chiba Y, Komori H, Takei S, Hasegawa-Ishii S, Kawamura N, Adachi K, Nanba E, Hosokawa M, Enokido Y, Kouchi Z, Yoshida F, Shimada A. Niemann-Pick disease type C1 predominantly involving the frontotemporal region, with cortical and brainstem Lewy bodies: An autopsy case. Neuropathology. 34, 49-57. 2014

17) Tanisawa K, Mikami E, Fuku N, Honda Y, Honda S, Ohsawa I, Ito M, Endo S, Ihara K, Ohno K, Kishimoto Y, Ishigami A, Maruyama N, Sawabe M, Iseki H, Okazaki Y, Hasegawa-Ishii S, Takei S, Shimada A, Hosokawa M, Mori M, Higuchi K, Takeda T, Higuchi M, Tanaka M. Exome sequencing of senescence-accelerated mice (SAM) reveals deleterious mutations in degenerative disease-causing genes. BMC Genomics, 248, 2013

16) Yoshikawa K, Kita Y, Furukawa A, Kawamura N, Hasegawa-Ishii S, Chiba Y, Takei S, Maruyama K, Shimizu T, Shimada A. Excitotoxicity-induced immediate surge in hippocampal prostanoid production has latent effects that promote chronic progressive neuronal death. Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids, 88, 373-381, 2013

15) Muguruma K, Takei S, Yamamoto N. Retinal ganglion cell distribution and spatial resolving power in the Japanese catshark Scyliorhinus torazame. Zoolog Sci 30, 45-52, 2013

14) Hasegawa-Ishii S, Shimada A, Inaba M, Li M, Shi M, Kawamura N, Takei S, Chiba Y, Hosokawa M, Ikehara S. Selective localization of bone marrow-derived ramified cells in the brain adjacent to the attachments of choroid plexus. Brain Behav Immun 29, 82-97, 2013

13) Takei S, Hasegawa-Ishii S, Uekawa A, Chiba Y, Umegaki H, Hosokawa M, Woodward DF, Watanabe K, Shimada A. Immunohistochemical demonstration of increased prostaglandin F2α levels in the rat hippocampus following kainic acid-induced seizures. Neuroscience 218, 295-304, 2012

12) Chiba Y, Takei S, Kawamura N, Kawaguchi Y, Sasaki K, Hasegawa-Ishii S, Furukawa A, Hosokawa M, Shimada A. Immunohistochemical localization of aggresomal proteins in glial cytoplasmic inclusions in multiple system atrophy. Neuropathol Appl Neurobiol 38, 559–571, 2012

11) Furukawa A, Kawamoto Y, Chiba Y, Takei S, Hasegawa-Ishii S, Kawamura N, Yoshikawa K, Hosokawa M, Oikawa S, Kato M, Shimada A. Proteomic identification of hippocampal proteins vulnerable to oxidative stress in excitotoxin-induced acute neuronal injury. Neurobiol Dis 43, 706-714. 2011

10) Yoshikawa K**, Takei S**, Hasegawa-Ishii S, Chiba Y, Furukawa A, Kawamura N, Hosokawa M, Woodward DF, Watanabe K, and Shimada A. (**These two authors contributed equally to this work.) Preferential localization of prostamide/prostaglandin F synthase in myelin sheaths of the central nervous system. Brain Research 1367, 22-32, 2011

9) Hasegawa-Ishii S, Takei S, Chiba Y, Furukawa A, Umegaki H, Iguchi A, Kawamura N, Yoshikawa K, Hosokawa M, and Shimada A. Morphological impairments in microglia precede age-related neuronal degeneration in senescence-accelerated mice. Neuropathology 31, 20-28, 2011

8) Hasegawa-Ishii S, Takei S, Inaba M, Umegaki H, Chiba Y, Furukawa A, Kawamura N, Hosokawa M, Shimada A. Defects in cytokine-mediated neuroprotective glial responses to excitotoxic hippocampal injury in senescence-accelerated mouse. Brain Behav Immun 25, 83-100, 2011

7) Takei S, Tokuhira Y, Shimada A, Hosokawa M, Fukuoka S. The eosin-shadow method: a selective enhancement of light microscopic visualization of pancreatic zymogen granules on hematoxylin-eosin sections. Anat Sci Int 85, 245-250, 2010

6) Furukawa A, Oikawa S, Hasegawa-Ishii S, Chiba Y, Kawamura N, Takei S, Yoshikawa K, Hosokawa M, Kawanishi S, Shimada A. Proteomic analysis of aging brain in SAMP10 mouse: a model of age-related cerebral degeneration. Mech Ageing Dev 131, 379-388, 2010

5) Ito H, Atsuzawa K, Sudo K, Di Stefano P, Iwamoto I, Morishita R, Takei S, Semba R, Defilippi P, Asano T, Usuda N, Nagata K. Characterization of a multidomain adaptor protein, p140Cap, as part of a pre-synaptic complex. J Neurochem 107, 61-72, 2008

4) Takei S, Momose O, Nakamura I, Meyer-Rochow VB, Somiya H. Guanine-type retinal tapetum in the eye of the Pacific pomfret Brama japonica (Perciformes; Bramidae). Ichthyol Res 50, 245-250, 2003

3) 百瀬 修, 武井 史郎, 前川 陽一, 内田 誠, 宗宮 弘明. シイラの遠近調節系と網膜視神経細胞の分布. 日本水産学会誌 69, 933-939, 2003

2) Takei S, Somiya H. Guanine-type retinal tapetum and ganglion cell topography in the retina of a carangid fish, Kaiwarinus equula. Proc R Soc Lond Ser B Biol Sci 269, 75-82, 2002

1) Somiya H, Takei S, Mitani I. Guanine and its retinal distribution in the tapetum of the bigeye tuna Thunnus obesus. Ichthyol Res, 47, 367-372, 2000

総説等

8) 武井史郎. イメージング質量分析法における近年の展開. JSBMS Letters 44, 23-29. 2019

7) 堀川誠, 武井史郎, 瀬藤光利. 脂質分析イメージングで脂質を「見る」. 生体の科学 67, 198-202. 2016

6) 小林謙一, 友永省三, 藤田萌, 飯塚宏和, 伊勢瑛, 後藤圭太, 瀬崎沙織, 武井史郎, 福岡伸一, 佐々木隆造, 柴田克己, 鈴木司, 山本祐司. トリプトファン代謝中間産物キノリン酸の蓄積は腎糸球体濾過能を低下させる. アミノ酸研究 9, 91-94. 2016

5) 佐藤智仁, 杉山栄二, 松下祥子, 武井史郎, 瀬藤光利. 質量顕微鏡法による脂質解析. 実験医学増刊 脂質疾患学 なぜ“あぶら”の異常が病気を引き起こすのか? 33, 2521-2527. 2015

4) Gustavo A. Romero-Perez, Shiro Takei, Ikuko Yao. Imaging mass spectrometric analysis of neurotransmitters: review Mass Spectrom (Tokyo) S0049. 2014

3) 武井史郎, 矢尾育子. 質量分析イメージングの最新動向―質量顕微鏡法について. インナービジョン 29, 53-57. 2014

2) 武井史郎. 臨床応用コース「特殊染色法」. 医学生物学電子顕微鏡技術学会 第23回 電子顕微鏡技術研修会 「夏の学校」, 165-169. 2010

1) Chiba Y, Shimada A, Kumagai N, Yoshikawa K, Ishii S, Furukawa A, Takei S, Sakura M, Kawamura N, Hosokawa M. The Senescence-accelerated Mouse (SAM): A Higher Oxidative Stress and Age-dependent Degenerative Diseases Model. Neurochem Res 34, 679-687. 2009

講演、シンポジウム、学会発表

シンポジウム等(2017年度以降)

武井史郎. MALDI-IMS法による比較形態学的研究への応用展開. 第124回日本解剖学会総会・全国学術集会シンポジウム「解剖学研究における質量分析法」新潟. 2019年3月.

武井史郎, 山川武, 宗宮弘明. オハグロベラPteragogus aurigarius(スズキ目、ベラ科)とその近縁魚種にみられる特異な角膜構造. 第2回モナッシュ大学脳科学研究所‐富山大学理学部 国際シンポジウム「神経行動学の最新動向」第12回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」合同シンポジウム. 富山. 2017年12月.

臼井基貴, 武井史郎, 宗宮弘明. ミドリフサアンコウChaunax abei(アンコウ目, フサアンコウ科)の視覚系:虹彩に付属する特異な薄膜構造. 第2回モナッシュ大学脳科学研究所‐富山大学理学部 国際シンポジウム「神経行動学の最新動向」第12回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」合同シンポジウム. 富山. 2017年12月.

武井史郎, 堀川誠, 瀬藤光利. 飛行型二次イオン質量分析法による細胞内脂肪酸の超微形態質量顕微鏡法解析. 日本顕微鏡学会第73回学術講演会シンポジウム「顕微鏡学とイオン分析の融合」. 札幌. 2017年6月.

学会発表(2017年度以降)

六車香織, 堀川誠, 瀬藤光利, 小川真一, 武井史郎. ヘリウムイオン顕微鏡と水凍結乾燥法の組み合わせによる培養細胞における膜表面構造の微細形態学的解析. 医学生物学電子顕微鏡技術学会第34回学術講演会. 愛知. 2019年5月.

武井史郎, 臼井基貴, 宗宮弘明. ミドリフサアンコウChaunax abeiの虹彩に付属する特異な薄膜構造の微細形態学的解析. 医学生物学電子顕微鏡技術学会第34回学術講演会. 東京. 2018年5月.

宗宮弘明, 武井史郎, 山川武. オハグロベラPteragogus aurigariusの視覚系:その特異な角膜構造. 2017年度日本魚類学会年会. 函館. 2017年9月.

武井史郎, ムシカシントーン プラチヤー, 岩田明久, 宗宮弘明. 東南アジア産コイ科魚類Esomus metallicusの視覚系:環境に応じて変化させる眼球形態の組織学的解析. 2017年度日本魚類学会年会. 函館. 2017年9月.

武井史郎, 堀川誠, 瀬藤光利. 飛行型二次イオン質量分析法による細胞内の脂肪酸イオンを標的とした超微形態質量顕微鏡法解析. 医学生物学電子顕微鏡技術学会第33回学術講演会. 神戸. 2017年5月.

受賞

2017年度日本質量分析学会 論文賞(共著)(2017年5月)

第52回日本神経病理学会総会学術研究会 優秀ポスター賞(2011年6月)

日本顕微鏡学会関東支部大会第30回講演会 最優秀ポスター賞(2006年3月)

社会活動

委員・役員

医学生物学電子顕微鏡技術学会 理事(2019年6月-現在)

国際標準化機構表面化学分析(ISO/TC201)バイオWG幹事(2019年4月-現在)

非常勤講師

浜松医科大学医学部 非常勤講師 担当科目:系統解剖学実習, 組織学実習(2017年7月-現在)

愛知県立総合看護専門学校 非常勤講師 担当科目:形態機能学II(2009年4月-2013年9月)

実行委員等

医学生物学電子顕微鏡技術学会 第35回学術講演会および総会 大会長(2019年5月)

医学生物学電子顕微鏡技術学会 第34回学術講演会および総会 大会副会長(2018年5月)

春日井サボテンサミット~春日井サボテン next10 キックオフイベント~ 実行委員(2018年3月)

第40回日本医用マススペクトル学会年会 年会運営委員(2015年9月)

医学生物学電子顕微鏡技術学会 第31回学術講演会 実行委員(2015年6月)

医学生物学電子顕微鏡技術学会 第23回電子顕微鏡技術研修会 「夏の学校」 実行委員および講師「臨床応用コース 特殊染色法」の(2010年8月)

その他

2018年度 チャレンジ・サイト「課題発見型」プロジェクト 「「愛知県の海」三河湾の再生につながる活動を探そう」 アドバイザー(2018年6月-2019年3月)

2017年度 チャレンジ・サイト「課題発見型」プロジェクト 「愛知県の魚が教えてくれる「かわった」を探そう」 アドバイザー(2017年6月-2018年3月)

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー