中部大学

中部大学

教員情報

加藤 由崇 KATO Yoshitaka

公開ホームページ

プロフィール

出身 岐阜県羽島市
職名 講師
所属 人間力創成総合教育センター語学教育プログラム(英語)
人文学部
大学院 国際人間学研究科 言語文化専攻
最終学歴 京都大学大学院人間・環境学研究科
学位 博士(人間・環境学)(京都大学)
専門分野 英語教育学
研究テーマ 大学英語教育、実践者研究、タスク主導の言語教育、協同学習・協調学習
研究紹介PDF

著書および訳書

加藤由崇・松村昌紀・Paul Wicking・横山友里・田村祐・小林真実. (2020).『コミュニケーション・タスクのアイデアとマテリアル―教室と世界をつなぐ英語授業のために』三修社.

(翻訳)ジュディス・ハンクス. (2020).「言語教育における実践者研究の再考」(pp. 1–23)『英語授業学の最前線』ひつじ書房.

今村洋美・野田恵剛・西村智・加藤由崇・Gregory A. King・David Laurence・Brian Wistner. (2017).『英検2級 SUCCESS COURSE 』金星堂.

田地野彰(監修)石井洋佑・加藤由崇・中川浩(著)(2017).『Welcome to NIPPON!―Building International Friendships―』朝日出版社.

学術論文、評論

Kato, Y., & Dalsky, D. (2019). Interaction in the language classroom: A systems approach. In A, Tajino (Ed.), A systems approach to language pedagogy (pp. 121–132). Singapore: Springer Nature.

加藤由崇・小川洋一郎. (2019).「これからの大学英語教材の在り方―教師と出版社による新たな協働の可能性―」 JAAL in JACET Proceedings, 1, 52–56.

Kato, Y., Watari, H., & Bolstad, F. (2018). Voices from "practitioners": A collaborative exploration of MAP grammar in an EFL classroom. In A. Tajino (Ed.), A new approach to English pedagogical grammar: The order of meanings (pp. 160-171). Oxford: Routledge.

Kato, Y. (2016). Transcription and proof-listening: Investigating effective speech reflection. JACET International Convention Selected Papers, 2, 24-40.

Kato, Y. (2016). What do we want small group activities for? Voices from EFL teachers in Japan. TESL-EJ, 19 (4).

Kato, Y., Bolstad, F., & Watari, H. (2015). Cooperative and collaborative learning in the language classroom. The Language Teacher 39 (2), 22-26.

加藤由崇.(2015).「学習者の共同を活かしたスピーキング指導」小山俊輔・松永光代・田地野彰(編)『平成26年度 英語の授業実践研究―TOEFLのための効果的英語学習法』奈良女子大学国際交流センター, pp. 29-37.

加藤由崇.(2014).「協調学習を活用したスピーキング指導」小山俊輔・松永光代・田地野彰(編)『平成25年度 英語の授業実践研究―TOEFLのための効果的英語学習法―2013年度報告書』奈良女子大学国際交流センター, pp. 40-51.

渡寛法・細越響子・加藤由崇・金丸敏幸・髙橋幸・田地野彰.(2012).「母語を活用した英語指導―高校の英作文授業における「意味順」の効果検証」『Studies in English Teaching and Learning in East Asia』大学英語教育学会SIG東アジア英語教育研究会, 第4号, pp. 33-49.

講演、シンポジウム、学会発表

Kato, Y. (2019).「Cooperative or collaborative: Exploring the influence of task type on learner–learner interaction」『The 52nd BAAL Conference』Manchester, UK.

Kato, Y., et al. (2019).「Materials development for TBLT in an EFL setting: Challenges and possibilities」『The 8th International Conference on TBLT』Ottawa, Canada.

Kato, Y. (2019).「Learner-Initiated Exploratory Practice: Is It Feasible in Japan?」『BAAL-Cambridge University Press Seminar』Leeds, UK.

Kato, Y. (2017).「"Collaboration" in the language classroom: Resolving the possible misunderstandings」『JACET Kyushu-Okinawa Chapter, The 29th Annual Chapter Conference』Miyazaki, Japan.

Kato, Y. (2017).「Implementing an input-based task for low-proficiency EFL learners: How can we scaffold their performance?」『The Seventh International Conference on TBLT』Barcelona, Spain.

Takahashi, S., Kanamaru, T., Kato, Y., & Tajino, A. (2014).「Can Learner Autonomy Be Enhanced by Authentic Materials?: Suggestions from the Use of Kyoto-U OpenCourseWare」『AILA World Congress 2014』Brisbane, Australia.

Kato, Y. (2014).「Helping Learners to Improve Their Speaking Skills: How Should We Encourage Them to Reflect on Their Own Speech?」『The JACET 53rd International Convention』Hiroshima, Japan.

Kato, Y. (2014).「Effects of Task Repetition on Speaking Fluency, Accuracy and Complexity in an EFL Setting: Does the Task Content Matter?」『The 2nd TBL in Asia Conference』Osaka, Japan.

受賞

大学英語教育学会賞(学術出版部門)2020年8月

大学英語教育学会賞(新人論文部門)2015年8月

大学英語教育学会賞(新人発表部門)2014年8月

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー