中部大学

中部大学

教員情報

伊藤 康彦 ITO Yasuhiko

プロフィール

職名 特任教授
所属 生命健康科学部 生命医科学科
大学院 生命健康科学研究科 生命医科学専攻
最終学歴 名古屋大学医学部
学位 医学博士 (名古屋大学)
所属学会・役職 日本ウイルス学会
専門分野 病原微生物学
研究テーマ ヒト型パラインフルエンザウイルスの病原性の分子機構
授業科目 微生物学、分子感染論、微生物学実習、感染症予防医科学、感染防御技術論

著書および訳書

標準微生物学(共著)、医学書院, 2005

学術論文、評論

Early stage of establishment of persistent Sendai virus infection: unstable dynamic phase and then selection of viruses which are tightly cell associated, temperature sensitive, and capable of establishing persistent infection., J. Virology 78, 11939-11951, 2004

Recombinant Sendai viruses with L1618V mutation in their L polymerase protein establish persistent infection, but not temperature sensitivity., Virology. 329, 289-301, 2004

社会活動

日本ウイルス学会理事

その他

特許:組換えVprタンパク質の製造方法, 2003

特許:破骨細胞の分化を誘導する方法, 1999

特許:ヒトパラインフルエンザ4型ウイルスフュージョンプロテイン遺伝子及び該遺伝子を含む物質, 1995

特許:ヒトパラインフルエンザ4A型ウイルス同定用検査薬に用いるDNA断片, 1995

特許:ヒトパラインフルエンザ2型ウイルス同定用検査薬に用いるDNA断片, 1995

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー