中部大学

中部大学

教員情報

青木 孝次 AOKI Takatsugu

プロフィール

出身 神奈川県
職名 准教授
所属 経営情報学部 経営総合学科
経営情報学部 経営学科
大学院 経営情報学研究科 経営学専攻
最終学歴 早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程満期退学
学位 修士(経営学)(早稲田大学)
所属学会・役職 経営情報学会、日本マーケティング学会
専門分野 マーケティング、競争戦略、IT戦略、消費者行動、広告
研究テーマ ソーシャルメディアにおける消費者行動研究、IT時代の競争戦略研究
授業科目 マーケティング論A・B、マーケティングI・II、消費者行動分析、経営学演習I・II

著書および訳書

『mixiと第二世代ネット革命』(2006年 東洋経済新報社 共著)

学術論文、評論

「国内ネット広告市場 ~ネット商用化20年が経過した現時点までの整理と今後の展望~」 (2017年 単著)

「<普及>をめぐる関連研究と系譜、そして新たな研究視点 ~ソーシャルメディア文化圏の創生と役割~」 (2017年 単著)

「地域メディアと広告―中京地区の傾向―」(2016年 単著)

「事業ブランドコンセプトと効率性の天秤経営」(2016年 単著)

「『O2O』―その概念整理と戦略的意味」(2015年 単著)

「日本型フード提供システムのジレンマ~『大戸屋』のビジネスモデルと収益モデルからの考察~」(2015年 単著)

「CSRコミュニケーションにおけるメディア選択―消費者調査結果からの分析―」(2014年 単著)

「地域大学のブランディングにおける『オープンキャンパス』の役割 ―参加学生のサーベイランス結果からの考察―」(2012年 単著)

「メディア関連製品・サービスにおける『時間占有代替』とその特性」(2012年 単著)

「ツーサイド・プラットフォーム論からみたメディアビジネス―民放キー局モデルの限界と今後の展望―」(2012年 単著)

「採用行動における『ネット上の代理他者』の役割」(2009年 単著)

「コミュニケーション変化とイノベーション採用への影響要因」(2009年 単著)

「個人による情報発信時代の『普及モデル』の再構築」(2009年 単著)

「不透明市場における製品開発/導入の成功要因」(2008年 単著)

「個人による情報発信時代の『普及モデル』の再吟味と発展」(2008年 単著)

「SNSにおいて『バーチャル特性』の果たす役割」(2006年 単著)

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー