中部大学

中部大学

教員情報

王 昊凡 WANG HaoFan

公開ホームページ

プロフィール

生年 1987
出身 中国・北京
職名 助教
所属 人文学部 コミュニケーション学科
大学院 国際人間学研究科 言語文化専攻
最終学歴 名古屋大学大学院環境学研究科社会環境学専攻博士後期課程満期退学
学位 博士(社会学)(名古屋大学)
所属学会・役職 日本社会学会
東海社会学会(理事・研究企画委員:2020-)
日中社会学会
労働社会学会
専門分野 社会学
研究テーマ 文化のグローバル化(国外の寿司産業研究)、社会調査法
授業科目 社会学、メディア論、ライフストーリー調査法、ほか
共同研究キーワード 食文化、食産業、中国、日本文化

著書および訳書

王昊凡, 「岐路に立つ癒しの里・由布院温泉」(分担執筆:第8章), 林良嗣・黒田由彦・高野雅夫編『中国都市化の診断と処方:開発・成長のパラダイム転換』明石書店, pp92-pp113, 2014年3月

学術論文、評論

王昊凡, 「飲食業におけるフレキシビリティに関する考察」『名古屋芸術大学 研究紀要』, 第40号, pp283-297, 2019年3月

王昊凡, 「現代中国における食品安全問題と消費者による活動」日中社会学会『21世紀東アジア社会学』第9号, pp39-54, 2018年3月

王昊凡, 「上海の高級寿司店における職人的技能の養成と活用」, 名古屋大学環境学研究科社会学講座『社会学論集』, 第37号, pp157-177, 2017年3月

王昊凡, 「上海の大衆寿司店におけるローカル化と「寿司職人」の成立及びその役割」, 日本労働社会学会『日本労働社会学年報』第27号, pp132-158, 2016年10月

王昊凡, 「すし職人における技能養成と職業キャリア : 「脱技能化・内部労働市場化」仮説の検証 」, 労働社会学会『労働社会学研究』, 第16号, pp1-pp22, 2015年4月

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー