中部大学

中部大学

教員情報

大西 素子 OHNISHI Motoko

公開ホームページ

プロフィール

職名 教授
所属 応用生物学部 応用生物化学科
大学院 応用生物学研究科 応用生物学専攻
最終学歴 東北大学大学院医学研究科
学位 医学博士(東北大学)
所属学会・役職 日本生化学会
日本分子生物学会
日本農芸化学会
専門分野 分子生物学、生化学
研究テーマ 細胞内情報伝達系におけるプロテインホスファターゼの機能に関する研究
研究紹介PDF
授業科目 生物化学、分子生物学
共同研究キーワード プロテインホスファターゼ、破骨細胞
公開連絡先 メールアドレス:mohnishi@isc.chubu.ac.jp

著書および訳書

プロテインホスファターゼの構造と機能 (共著), 共立出版, 1998

哺乳動物細胞プロテインホスファターゼ2Cの構造と機能(共著), 共立出版,1998

PP2A,PP2Cによる細胞機能制御(共著), 秀潤社, 1997

学術論文、評論

Targeted disruption of the mouse protein phosphatase ppm1l gene leads to structural abnormalities in the brain. FEBS Lett.590(20):3606-3615, 2016.

Calcineurin inhibitors suppress the high-temperature stress sensitivity of the yeast ubiquitin ligase Rsp5 mutant: a new method of screening for calcineurin inhibitors. FEMS Yeast Res.14(4):567-74, 2014.

Pisiferdiol restores the growth of a mutant yeast suffering from hyperactivated Ca2+ signalling through calcineurin inhibition. FEMS Yeast Res.13(1):16-22, 2013.

Effects of veraguensin and galgravin on osteoclast differentiation and function. Cytotechnology.64(3):315-22, 2012.

閉経後肥満モデルマウスにおけるAurapteneの抗肥満効果, 機能性食品と薬理栄養, 17(2), 2012.

Inhibitory effects of wasabi isothiocyanates on chemical mediator release in RBL-2H3 rat basophilic leukemia cells. J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo).58(4):303-7, 2012.

Na+/K+-ATPaseによるシグナル伝達, 中部大学生物機能開発研究所紀要, 12:21-27, 2012.

Sanguinarine as a potent and specific inhibitor of protein phosphatase 2C in vitro and induces apoptosis via phosphorylation of p38 in HL60 cells. Biosci Biotechnol Biochem.74(3):548-52, 2010.

Pisiferdiol and pisiferic acid isolated from Chamaecyparis pisifera activate protein phosphatase 2C in vitro and induce caspase-3/7-dependent apoptosis via dephosphorylation of Bad in HL60 cells. Phytomedicine.17(10):782-8, 2010.

植物由来のプロテインホスファターゼ 2C 活性制御物質, バイオサイエンスインダストリー, 68(4):256, 2010.

Disruption of the mouse protein Ser/Thr phosphatase 2Cbeta gene leads to early pre-implantation lethality. Mech Dev.;124(6), 2007.

Cadmium cation increases the production and mRNA levels of insulin-like growth factor-binding protein-1 in HepG2. Biosci Biotechnol Biochem. 71(5), 2007

Quercetin suppresses bone resorption by inhibiting differentiation and activation of osteoclasts. Biological Pharm Bull. Vol. 27, 2004

Molecular cloning of PP2Ceta, a novel member of the protein phosphatase 2C family. Biochim. Biophys. Acta. Vol. 1630, 2003

A novel protein phosphatase 2C family member(PP2Czeta) is able to associate with ubiquitin conjugating enzyme 9. FEBS Lett. Vol. 538, 2003

Regulation of stress-activated protein kinase signaling pathways by protein phospjatases. Eur.J.Biocham.minireview series, Eur. J. Biochem. Vol. 269, 2002

Activation of c-Jun amino-terminal kinase is required for retinoic acid-induced neural differentiation of P19 embryonal carcinoma cells REBS Lett. Vol.503, 2001

Regulation of the TAKI signaling pathway by protein phosphatase 2C J.Bill.Chem.Vol.276, 2001

講演、シンポジウム、学会発表

種々のアリールセラニル基を有する化合物の合成とプロテインホスファターゼ阻害能, 2018年度日本薬学会第138年会

マルトビオン酸は破骨細胞分化を抑制する, 日本農芸化学会2018年度大会

破骨細胞分化に対するマルトビオン酸の効果, 2017年度愛知県農芸系4機関研究交流会

マルトビオン酸の破骨細胞分化抑制効果, 第30回日本動物細胞工学会2017年度大会

プロテインSer/Thrホスファターゼ活性化物質の脂肪細胞における脂肪蓄積抑制効果, 2017年度第81回日本生化学会中部支部例会

PM1 活性化物質は成熟脂肪細胞における脂肪滴の蓄積を抑制する, 日本農芸化学会2017年度大会

抗CD98抗体依存性細胞融合阻害物質による破骨細胞分化の抑制, 2016年度第89回日本生化学会大会

プロテインホスファターゼ阻害剤による抗CD98抗体依存性細胞融合の阻害, 2016年度第80回日本生化学会中部支部例会

その他

特許

[特許出願]細胞融合阻害剤及びその用途
特願2012-148913号, 2012.

[特許]プロテインホスファターゼ2C活性化剤
特許第5240977号, 2013.

[特許]Wip1 プロテインホスファターゼ阻害剤及びその用途
特許第5958753号, 2016.

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー