中部大学

中部大学

教員情報

森田 朋子 MORITA Tomoko

プロフィール

職名 教授
所属 人文学部 歴史地理学科
大学院 国際人間学研究科 歴史学・地理学専攻
最終学歴 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科
学位 博士(人文科学)(お茶の水女子大学)
所属学会・役職 明治維新史学会
史学会
歴史学研究会
近世史研究会
専門分野 幕末維新史、近代外交史
研究テーマ 幕末維新期における外国人問題、領事裁判権、異文化接触

著書および訳書

開国と治外法権—領事裁判制度の運用とマリア・ルス号事件—, 吉川弘文館, 2004

幕末維新期の治安と情報(共著), 大河書房, 2003

女の社会史—17−20世紀—(共著), 山川出版社, 2001

明治維新と西洋国際社会(共著), 吉川弘文館, 1999

日記が語る19世紀の横浜—関口日記と堤家文書—(共著), 山川出版社, 1998

学術論文、評論

<資料紹介>東京開市場裁判所書類, 東京都江戸東京博物館研究報告6, 2001

<解説>四谷塩町一丁目 御用留(共著), 江戸東京博物館史料叢書3, 2000

幕末維新期の領事裁判と民事訴訟手続,歴史評論604, 2000

<図録解説>横浜浮世絵と近代日本—異国“横濱”を旅する(共著), 神奈川県立歴史博物館, 1999

外国人の遊猟と御鷹場の廃止,論集きんせい19, 1997

神奈川奉行の財政,お茶の水女子大学人間文化研究科『人間文化研究年報』20, 1997

「不平等」条約と領事裁判権—開港直後の日英交渉を中心として—,史学雑誌105編4号, 1996

<史料紹介と解説>堤芳正家所蔵文書にみる磯子村と農民たち(その二)(共著), 横浜開港資料館紀要14, 1996

<史料紹介と解説>堤芳正家所蔵文書にみる磯子村と農民たち(その一)(共著), 横浜開港資料館紀要13, 1995

社会活動

明治維新史学会理事

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー