中部大学

中部大学

教員情報

児玉 充晴 KODAMA Mitsuharu

プロフィール

職名 教授
所属 経営情報学部 経営会計学科
大学院 経営情報学研究科 経営学専攻
最終学歴 京都大学工学部大学院電子工学研究科卒、ハーバード大学ビジネススクールPMD修了、名古屋工業大学大学院博士後期課程情報工学専攻卒
学位 工学博士(名古屋工業大学)
所属学会・役職 電子情報通信学会
情報文化学会
日本ベンチャー学会
日本経営工学会
専門分野 企業の経営管理、人的資源管理、技術の換金学、起業支援、営業力向上法
研究テーマ 経営心理学、中小企業・ベンチャーの経営方法
研究紹介PDF
授業科目 情報技術と経営、社会の中の企業経営、総合科目

著書および訳書

図解 利益を生み出すビジネス手法と事例108, 日経BP企画, 2005

学術論文、評論

中小企業における民主的な企業変革方法について, 中部大学経営情報学部論集, Mar.2012

情報資産の効果的保護方法の研究, 博士論文(名古屋工業大学工学研究科博士後期課程情報工学専攻), 2006

低コストの国際業務システムの提案とその情報文化学的考察(共著), 情報文化学会, 論文誌, Vol.11, No.1 pp.23-30, 2005

Proposals of Low Cost and High Security International Business Operating Systems, (joint work), The 9th World Multi-Conference on Systemics, Cybernetics and Informatics (WMSCI) 2005, July10-13 (2005) Orland, Florida, Vol.II, pp.89-94, 2005(学会の論文賞を受賞)

情報漏えい対策システムへの指紋認証の適用とその発展形態の提案(共著), 電子情報通信学会論文誌, DI, Vol.J87-D-I No.2, pp.278-286, 2004

業務システムへの効果的情報保護方法の提案(共著), 情報文化学会, 論文誌, Vol.10, No.1 pp.19−24, 2003

USBキーの情報漏えい対策システムへの適用とその考察(共著), 情報文化学会, 論文誌, Vol.12, No.1 pp.未定, 2005(平成17年6月25日 採録通知受領済)

インターネット時代の新しいビジネス手法, 日本ベンチャー学会会報, Vol.10, pp.4-5, June, 2000 

超撥水加工法の開発および事業化(共著), NTT技術ジャーナル, pp.82-83, Nov. 1995

技術開発と金融を融合した新ビジネスの創出, NTT技術ジャーナル, pp.70-71, Jul. 1995

スタッフ多重変換系の多段累積ジッタ特性(共著), 昭和56年電子通信学会総合全国大会, 1981

Multi-Point Fault Locating method in Digital Repeated Line(joint work), Japan Telecommunication Review, Oct. 1980

講演、シンポジウム、学会発表

工業化時代から情報化時代に向けた意識の改革とモチベーション向上〔沖電気MOT研修会, NEC玉川工場, 三菱電機伊丹工場コミュニケーション・ネットワーク製作所・モバイルターミナル製作所, NECマグナス(株), NEC液晶テクノロジー(株), NECエレクトロニクス(株)〕

経営者向けの経営管理手法、利益向上手法〔みずほ総研・みずほ経営者研究会, 福生市経営者意識改革セミナー, みずほ銀行豊橋支店みずほ経営者研究会, 東大和市西武会, 中小企業診断協会〕

営業力向上研修〔NECグループ, 羽村商工会, ヒューマントラスト社4回シリーズ〕

金融機関の経営塾などでの経営力向上研修〔十六銀行, 岡崎信金, 瀬戸信金, 尾西信金, 西武信金など多数〕

地域活性化セミナー〔春日井商工会議所, 瑞浪商工会議所, 中津川商工会議所, 岐阜商工会議所, 西尾商工会議所, 京都府山城振興局, 京都中丹広域振興局など多数〕

受賞

発明考案表彰(NTT)

社会活動

NPO法人「こどもネット八千代」監査役

過去34社以上の中小企業の顧問

その他

特許

(1)登録番号 2727547 高速ディジタル用時分割多重化装置

(2)特許公開平 07−221742 オンライン符号誤り測定器

(3)特許公開平 07−280793 水質自動検査装置

(4)特許公開平 08−254528 連続水質監視装置

(5)特許公開平 08−035058 撥水性有機膜の形成方法および装置

(6)特許公開平 08−283703 固体表面の撥水加工方法

(7)特許公開平 08−28570 光ファイバ変位センサ

(8)特許公開 2002−032662 契約希望者紹介システム及び方法

その他

社団法人首都圏産業活性化協会の事業評価検討, 2001年9月~現在

「金融機関等におけるセキュリティポリシー策定のための手引書」の作成, 1998年9月~1999年1月

超撥水表面加工法の実用化, 1994年12月~1995年12月

超効率ディジタル多重化装置の独自開発, 1985年5月~1987年12月

A/D混在網における総合ひずみ雑音標準化, 1983年11月~1984年6月

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー