中部大学

中部大学

教員情報

津田 孝範 TSUDA Takanori

公開ホームページ

プロフィール

職名 教授
所属 応用生物学部 食品栄養科学科
大学院 応用生物学研究科 応用生物学専攻
管理栄養実習センター
最終学歴 名古屋大学大学院農学研究科博士前期課程修了
学位 博士(農学)
専門分野 食品機能学、栄養生化学
研究テーマ 食品因子の生理機能の解析、食品因子と脂肪細胞機能
研究紹介PDF
授業科目 食品機能学他
共同研究キーワード 食品因子の生理機能・メカニズム解析、糖尿病予防食品の開発

著書および訳書

Nutrigenomics and proteopics in Health and disease-Food Factors and Gene Interactions. Chapter 18. Wiley-Blackwell, 2009

Anthocyanins as Food Factor: Recent progress in studies on bioavailability and health. Chaper 6. Regulation of adipocyte function and prevention of metabolic syndrome by anthocyanins. p.101-116. Research Signpost. 2008

食品機能性の科学 産業技術サービスセンター 第11章 第4節ジンゲロールおよびその誘導体 共著 2008

食品の生理機能評価法−実験系とツールの新展開を目指して− 共編著 建帛社, 2007

メタボリック症候群と栄養 共著 幸書房, 2007

栄養・食糧学用語辞典(日本栄養・食糧学会編)建帛社, 用語説明原稿一部 2007

抗肥満食品・素材の開発と応用展開−メタボリックシンドロームにおけるバイオマーカーの確立と応用− 共著 シーエムシー出版, 2007

健康を考えた食品学実験 共著 アイケイコーポレーション, 2004

色から見た食品のサイエンス 共著 サイエンスフォーラム, 2004

食と健康—情報のウラを読む—共著 丸善, 2002

食品学総論・各論 共著 朝倉書店, 2002

学術論文、評論

ショウガの辛味成分−化学、生理機能とその活用−フードリサーチ 2009(2), 2009

6-Shogaol and 6-gingerol, the pungent of ginger, inhibit TNF-alpha mediated downregulation of adiponectin expression via different mechanisms in 3T3-L1 adipocytes. Biochem. Biophys. Res. Commun. 373, 2008

広がりつつあるサプリメントを理解する−腎不全患者に活用するために 各論2 アントシアニン(Anthocyanin) 臨床透析 24(13), 2008

リレー投稿「機能性食品の研究」第14回 2型糖尿病の予防を目指して−食品機能研究からのアプローチ− フードリサーチ 2008(10), 2008

サプリメントサイエンスセミナー 5.アントシアニン(Anthocyanin)  あたらしい眼科 25(10), 2008

Regulation of Adipocyte Function by Anthocyanins; Possibility of Preventing the Metabolic Syndrome J. Agric. Food Chem. 56, 2008

Cyanidin 3-glucoside ameliorates hyperglycemia and insulin sensitivity due to downregulation of retinol binding protein 4 expression in diabetic mice. Biochem. Pharmacol. 74, 2007

Enhanced absorption of anthocyanins after oral administration of phytic acid in rats and humans. J. Agric. Food Chem. 55, 2007

脂肪細胞と食品機能研究 バイオマーカー,評価用ツール開発への試み. 化学と生物45, 2007

食品因子と脂肪細胞、ニュートリゲノミクス.Foods&Food Ingredients Journal of Japan 212 (4), 2007

Microarray profiling of gene expression in human adipocytes in response to anthocyanins. Biochem. Pharmacol. 71(8), 2006

Ingested delphinidin-3-rutinoside is primarily excreted to urine as the intact form and to bile as the methylated form in rats. J. Agric. Food Chem. 54(2), 2006

Gene expression profile of isolated rat adipocytes treated with anthocyanins. Biochim. Biophys. Acta. 1733, 2005

Anthocyanin enhances adipocytokine secretion and adipocyte specific gene expression in isolated rat adipocytes. Biochem. Biophys. Res. Commun. 316, 2004

Absorption and metabolism of delphinidin 3-O-beta-D-glucoside in rats. Free Rad. Biol. Med. 36(7), 2004

高機能性食品因子、アントシアニン類の新しい生理機能に関する基盤研究 日本栄養・食糧学会誌 57(1), 2004

Dietary cyanidin 3-O-beta-D-glucoside-rich purple corn color prevents obesity and ameliorates hyperglycemia in mice. J. Nutr. 133(7), 2003

Cyanidin 3-O-beta-D-glucoside suppresses nitric oxide production during a zymosan treatment in rats. J. Nutr. Sci. Vitaminol. 48(4), 2002

Cyanidin 3-O-beta-D-glucoside attenuates the hepatic ischemia-reperfusion injury through a decrease in the neutrophil chemoattractant production in rats. J. Nutr. Sci. Vitaminol. 48(2), 2002

講演、シンポジウム、学会発表

Blackcurrant anthocyanin as a functional food factor-Possibility of preventing metabolic syndrome- The Inaugural Blackcurrant conference. (Christchurch, New Zealand) 2008

Soy isflavone inhibits TNF-α induced downregulation of adiponectin. 8th International Symposium on the role of soy -in health promotion and chronic disease prevention and treatment. (Tokyo, Japan) 2008

Prevention of obesity and type2 diabetes associated with metabolic syndrome using some plant-based food factors. Tropical fruits in human nutrition and health conference. (Couran Cove Island Resort, Queensland, Australia) 2008

食品機能研究から糖尿病予防食品の開発へ バイオビジネスびわ湖 びわこバイオフォーラム「食品成分の機能開発と新産業創出」 (長浜) 2008

アントシアニンをはじめとする食品因子の生理機能開発 第2回機能食品開発セミナー(日本新薬株式会社機能食品カンパニー) (京都) 2008

アントシアニン研究とメタボリックシンドローム予防 アントシアニン研究の最前線−化学、生物学から応用への展開まで− 日本農芸化学会2008年度大会シンポジウム (名古屋) 2008

Regulation of adipocyte function by polyphenols-possibility of preventing the metabolic syndorome- Invited speaker, 3rd International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2007) (Kyoto,Japan) 2007

食品因子研究からメタボリックシンドローム予防へ.平成19年度日本食品科学工学会中部支部大会特別講演 (春日井市) 2007

Dietary anthocyanin prevents obesity and ameliorates adipocyte function. 10th Asian Congress of Nutrition (Taipei, Taiwan) 2007

食品因子とメタボリックシンドローム、アンチエージング−食品栄養学の立場から− 第7回日本抗加齢医学会総会シンポジウム(京都)2007

Regulation of Adipocyte Function by Anthocyanins; Possibility of Preventing the Metabolic Syndrome. Invited speaker, 2007 Berry Health Benefits Symposium (Oregon State University, Corvallis, OR, USA) 2007

ニュートリゲノミクス、バイオマーカーと食品機能解析(依頼講演 日本農芸化学会西日本支部推薦) 第43回化学関連支部合同九州大会 2006

食品因子の生理機能評価におけるモデル系開発の新たな潮流 第60回日本栄養・食糧学会大会シンポジウム 2006

Regulation of Adipocyte Function by Anthocyanins; Possibility of Preventing the Metabolic Syndrome. International Workshop on Anthocyanins 2006, Rotorua, New Zealand, 2006

DNA microarray analysis of adipocyte gene expression after the treatment of anthocyanins. International Workshop on anthocyanins 2004, Sydney, Australia, 2004

Gene Expression Profile in Rat Adipocytes after the Administration of Anthocyanins. 3rd International conference on Food Factors, Tokyo, 2003

受賞

中部大学 優秀教育活動・改善賞(2008)

三島海雲記念財団学術奨励賞(2004)

日本栄養・食糧学会奨励賞(2003)

日本食品科学工学会奨励賞(1999)

社会活動

日本栄養・食糧学会評議員 参与

日本フードファクター学会評議員

日本食品科学工学会中部支部評議員

International Workshop on Anthocyanins 2009 組織委員

その他

特許6件

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー