中部大学

中部大学

教員情報

土田 さやか TSUCHIDA Sayaka

公開ホームページ

プロフィール

職名 特任講師
所属 創発学術院
最終学歴 京都府立大学大学院生命環境科学研究科応用生命科学専攻博士後期課程修了
学位 博士(農学)
所属学会・役職 腸内細菌学会
乳酸菌学会
日本霊長類学会
日本生態学会
飼育野生動物栄養研究会(総務)
専門分野 細菌学、衛生学、実験動物学
研究テーマ 野生動物の保全のための衛生学・栄養生理学
研究紹介PDF

学術論文、評論

2019

Segawa T, Fukuchi S, Bodington D, Tsuchida S, Mbehang Nguema PP, Mori H, Ushida K. (2019) Genomic Analyses of Bifidobacterium moukalabense Reveal Adaptations to Frugivore/Folivore Feeding Behavior. Microorganisms 2019, 7, 99; doi:10.3390/microorganisms7040099.

2018

Okubo T, Yossapol M, Maruyama F, Wampande EM, Kakooza S, Ohya K, Tsuchida S, Asai T, Kabasa JD, Ushida K. (2018) Phenotypic and genotypic analyses of antimicrobial resistant bacteria in livestock in Uganda, Transboundary and Emerging Diseases; doi.org/10.1111/tbed.13024 (2018).

Tsuchida S, Kakooza S, Mbehang Nguema PP, Wampande EM, Ushida K. Characteristics of Gorilla-Specific Lactobacillus Isolated from Captive and Wild Gorillas. Microorganisms 6(3), 86; https://doi.org/10.3390/microorganisms6030086, (2018).

Ueda A, Kobayashi A, Tsuchida S, Yamada T, Murata K, Nakamura H, Ushida K. Cecal Microbiome Analyses on Wild Japanese Rock Ptarmigans (Lagopus muta japonica) Reveals High Level of Coexistence of Lactic Acid Bacteria and Lactate-Utilizing Bacteria. Microorganisms 6(3), 77; https://doi.org/10.3390/microorganisms6030077, (2018).

Matsubayashi M,⁠ Tsuchida S, Kobayashi A, Shibahara T, Nakamura H⁠, Murata K, Ushida K*., Molecular identification of two Eimeria species, E. uekii and E. raichoi as type B, in wild Japanese rock ptarmigans, Lagopus muta japonica. IJP: Parasites and Wildlife 7:243-250. doi.org/10.1016/ j.ijppaw.2018.06.005, (2018).

Matsubayashi M, Tsuchida S, Ushida K, Murata K. Surveillance of Eimeria species in wild Japanese rock ptarmigans, Lagopus muta japonica, and insight into parasitic seasonal life cycle at timberline regions of the Japanese Alps. IJP: Parasites and Wildlife 7: 134-140. doi.org/10.1016/j.ijppaw.2018.03.004, (2018).

2017

Tsuchida S, Maruyama F, Ogura Y, Hayashi T, Toyoda A, Ohkuma M, Ushida K*., Genomic characteristics of Bifidobacterium thermacidophilum pig isolates and wild boar isolates reveal the unique presence of a putative mobile genetic element with tetW for pig farm isolates. Frontiers Microbiology doi: 10.3389/fmicb.2017.01540., (2017).

Tsuchida S, Ohara Y, Kuramochi K, Murata K, Ushida K*., Effective degradation of phenolic glycoside rhododendrin and its aglycone rhododendrol by cecal feces of wild Japanese rock ptarmigans. Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine 22(3): 41-45., (2017).

Tsuchida S, Murata K, Ohkuma M, Ushida K. Isolation of Streptococcus gallolyticus with very high degradability of condensed tannins from feces of the wild Japanese rock ptarmigans on Mt. Tateyama. Journal of General and Applied Microbiology 63(3): 195-198., (2017).

Hasegawa H, Shigyo M, Yanai Y, MacLennan MR, Fujita S, Makouloutou P, Tsuchida S, Ando C, Sato H, Huffman MA. (2017) Molecular features of hookworm larvae (Necator spp.) raised by coproculture from Ugandan chimpanzees and Gabonese gorillas and humans. Parasitology International 66 (2):12-15.

2016

Ushida K, Tsuchida S, Ogura Y, Hayashi T, Sawada A, Hanya G. (2016) Draft Genome Sequences of Sarcina ventriculi Isolated from Wild Japanese Macaques in Yakushima Island. Genome Announcements 4(1):e01694-15. doi:10.1128/genomeA.01694-15.

Aoki R, Tsuchida S, Arai Y, Ohno K, Nishijima T, Mawatari T, Mikami Y, Ushida K. (2016) Effect of Bifidobacterium animalis subsp. lactis GCL2505 on the physiological function of intestine in a rat model. Food Science & Nutrtion doi: 10.1002/fsn3.344.

土田さやか, 牛田一成(2016)様々な動物から分離される乳酸菌・ビフィズス菌~ゴリラにはゴリラの乳酸菌?ヒトにはヒトの乳酸菌?~ 日本乳酸菌学会誌27(1):25-33.

2015

Tsuchida S, Nezuo M, Tsukahara M, Ogura Y, Hayashi T, Ushida K. (2015) Draft Genome Sequence of Lactobacillus gorillae Strain KZ01T, Isolated from a Western Lowland Gorilla. Genome Announcements 2015 Oct 15;3(5). pii: e01196-15. doi: 10.1128/genomeA.01196-15.

Ushida K, Segawa T, Tsuchida S, Murata K. (2015) Cecal bacterial communities in wild Japanese rock ptarmigans and captive Svalbard rock ptarmigans. Journal of Veterinary Medical Science 78(2): 251-257. [E-pub ahead] doi: 10.1292/jvms.15-0313.

Ushida K, Tsuchida S, Ogura Y, Toyoda A, Maruyama F. (2015) Domestication and cereal feeding developed domestic pig-type intestinal microbiota in animals of Suidae. Animal Science Journal 87(6): 835-841.

Iwata Y, Nakashima Y, Tsuchida S, Nguema PP, Ando C, Ushida K, Yamagiwa J. (2015) Decaying toxic wood as sodium supplement for herbivorous mammals in Gabon. Journal of Veterinary Medical Science 77(10):1247-1252. [E-pub ahead] doi: 10.1292/jvms.15-0111.

Mbehang Nguema PP, Okubo T, Tsuchida S, Fujita S, Yamagiwa J, Tamura Y, Ushida K. (2015) Isolation of multiple drug-resistant enteric bacteria from feces of wild Western Lowland Gorilla (Gorilla gorilla gorilla) in Gabon. Journal of Veterinary Medical Science 77(5):619-623.

2014

Lactobacillus gorillae sp. nov. isolated from the faeces of captive and wild western lowland gorillas (Gorilla gorilla gorilla)., ternational Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, 64(12): 4001-4006, 2014.

Tsuchida S and Ushida K. (2014). Characterization of intestinal bacterial communities of western lowland gorillas (Gorilla gorilla gorilla), central chimpanzees (Pan troglodytes troglodytes), and a forest elephant (Loxodonta africana cyclotis) living in Moukalaba-Doudou National Park in Gabon. TROPICS 23(4): 175-183.

Mbehang Nguema PP*, Tsuchida S*, and Ushida K. (2014). Bacteria culturing and isolation in the field condition of Moukalaba-Doudou National Park, Gabon and preliminary survey on the bacteria carrying antibiotic resistance genes. TROPICS 23(4): 165-174. * equal contribution

Tsuchida S, Takahashi S, Mbehang Nguema PP, Fujita S, Kitahara M, Yamagiwa J, Ngomanda A, Ohkuma M and Ushida K. (2014). Bifidobacterium moukalabense sp. nov. isolated from the faeces of wild west lowland gorilla (Gorilla gorilla gorilla) in Gabon. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 64 (2): 449-455.

2013

Kitahara M, Sakamoto M, Tsuchida S, Kawasumi K, Amao H, Benno Y and Ohkuma M. (2013). Parabacteroides chinchillae sp. nov., isolated from chinchilla (Chincilla lanigera) faeces. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 63(9): 3470-3474.

2012

Kitahara M, Sakamoto M, Tsuchida S, Kawasumi K, Amao H, Benno Y and Ohkuma M. (2012). Bacteroides stercorirosoris sp. nov. and Bacteroides faecichinchillae sp. nov., isolated from chinchilla (Chinchilla lanigera) faeces. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 62(5): 1145-1150.

2011

Kitahara M, Tsuchida S, Kawasumi K, Amao H, Sakamoto M, Benno Y and Ohkuma M. (2011). Bacteroides chinchillae sp. nov. and Bacteroides rodentium sp. nov., isolated from chinchilla (Chinchilla lanigera) faeces. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 61(4): 877-881.

講演、シンポジウム、学会発表

S. TSUCHIDA, A. KOBAYASHI, K. MURATA and K. USHIDA. 14th International Grouse Symposium Utah State University (2018) 「Isolation of Cecal Bacteria from Wild Japanese Rock Ptarmigans and their Functionalities」

A. KOBAYASHI, S. TSUCHIDA, A. UEDA, T. YAMADA, K. USHIDA and H. NAKAMURA. 14th International Grouse Symposium Utah State University (2018) 「The Significance of Coprophagy in Chicks of Japanese Rock Ptarmigan」

小林 篤, 土田さやか, 上田敦史, 山田拓司, 長谷川雅美, 村田浩一, 中村浩志, 牛田一成:第65回日本生態学会大会(2018)「ライチョウの雛はなぜ母親の盲腸糞を食べるのか―その適応的意義と保全への応用―」

小林 篤, 土田さやか, 上田敦史, 山田拓司, 長谷川雅美, 村田浩一, 中村浩志, 牛田一成:日本鳥類学会2018年度大会(2018)「ライチョウの雛は母親のうんちを食べて腸内細菌を手に入れる」

牛田一成, 土田さやか, 小林 篤, 上田敦史, 山田拓司, 長谷川雅美, 村田浩一, 中村浩志:第65回日本生態学会大会(2018)「野生ニホンライチョウ腸内細菌叢の特徴と地域差」

土田さやか, 小林 篤, 長谷川雅美, 村田浩一, 中村浩志, 牛田一成:第65回日本生態学会大会(2018)「ライチョウにはライチョウの乳酸菌!!」

服部考成, 岡 有香里, 川名修一, 緒方是嗣, 土田さやか, 小林 篤, 中村隼明, 中村浩志, 牛田一成:第27回環境化学討論会(2018)「LC-MS/MSによるニホンライチョウ糞便中の代謝物測定-野生・飼育ニホンライチョウの比較―」

松林 誠, 土田さやか, 小林 篤, 芝原友幸, 中村浩志, 村田浩一, 牛田一成:第24回日本野生動物医学会大会(2018)「ニホンライチョウに寄生するコクシジウムの寒冷地における生存生態およびその分子系統樹解析」

土田さやか(2018)「野生動物の腸内細菌~フィールドで培養に挑戦~」腸内菌未来フォーラム(理化学研究所)(招待講演)

土田さやか, 山梨裕美, 早川卓志, 松島 慶,牛田一成(2018)「飼育レッサースローロリスの腸内乳酸菌の特徴」第34回日本霊長類学会大会(武蔵大学)

松島 慶, 山梨裕美, 奥村文彦, 廣澤麻里, 藤森 唯, 寺尾由美子, 佐藤 良, 西野雅之, 土田さやか, 牛田一成, 早川卓志(2018)「アラビアガム給餌による飼育下レッサースローロリスの腸内細菌叢の変動」第34回日本霊長類学会大会(武蔵大学)

土田さやか, 丸山史人, Eddie W Mujjwiga, Pierre P M Nguema, 牛田一成(2017)「ゴリラに共通する腸内乳酸菌の宿主による種内変異」第33回日本霊長類学会大会(福島)*霊長類学会優秀発表賞

土田さやか, 牛田一成(2017)「様々な野生動物由来乳酸菌の探索」日本乳酸菌学会2017年度大会(玄海ロイヤルホテル)

土田さやか(2016)「野生ニホンライチョウから単離された乳酸菌の特徴」日本動物園水族館協会ライチョウ域外保全研究会(大町市役所)

Sayaka Tsuchida, Edward Wampande, Pierre Philippe Mbehang Nguema, Kazunari Ushida. (2016)Characteristics of Lactobacillus gorilla isolated from Captive and wild western lowland gorilla (Gorilla gorilla gorilla) and wild eastern gorilla (Gorilla gorilla beringei) 16th International Primatological Society Congresses (Chicago) 

土田さやか(2015)「野生由来腸内細菌接種の試み.死亡個体の死因究明に向けて―細菌学的観点から―」日本動物園水族館協会ライチョウ域外保全研究会(静岡市役所)

土田さやか(2015)「立山ライチョウから単離されたStreptococcus gallolyticusの性状と野生ライチョウ生存への貢献」日本動物園水族館協会ライチョウ域外保全研究会(富山市ファミリーパーク)

Ushida K, Tsuchida S, Maruyama F. (2015) Domestication developed the pig-type intestinal microbiota. International Symposium on Genome Science 2015 “Expanding Frontiers of Genome Science II”(学術総合センター)

土田さやか, 佐藤康弘, 渋谷 康, 伊東英樹, 田中正之, 和田晴太郎, 長尾充徳, 村山美穂, 牛田一成(2015)「ゴリラの乳酸菌―野生・飼育・東・西、ゴリラはゴリラ」 SAGA18 (京都市動物園)

土田さやか, 瀬川高弘, 近藤伸二, 北原真樹, Mbehang Nguema PP, 藤田志歩, 大熊盛也, 牛田一成(2014)「野生ニシローランドゴリラ糞便から単離された新規ビフィドバクテリウム属細菌」第18回腸内細菌学会大会(東京大学)

牛田一成, 土田さやか(2014)「宿主の家畜化が腸内細菌にもたらすインパクト―乳酸桿菌のゲノム解析で見えてきたもの」第46回ルーメン研究会(明治大学)

土田さやか, 牛田一成(2014)「宿主との共進化をメルクマールとした家畜用プロバイオティクスの選抜と機能開発」2014年度ゲノム支援拡大班会議(ポートピアホテル)

牛田一成, 土田さやか, 瀬川高弘(2014)「アイスコア中の細菌を培養し、回収する方法論の確立」2014年度雪氷生物研究会(極地研究所)

牛田一成, 土田さやか, 新井佑梨, 王野こなつ, 井上 亮, 鈴木健太, 塚原隆充, 西嶋智彦, 青木亮(2013)「大腸で増殖が見られるプロバイオビフィズス菌による大腸スルホムチン分泌増加」第67回日本栄養・食糧学会大会(名古屋大学)

土田さやか, 牛田一成(2013)「宿主との共進化をメルクマールとした家畜用プロバイオティクスの選抜と機能開発」2013年度ゲノム支援拡大班会議(ポートピアホテル)

Mbehang Nguema PP, 土田さやか, 塚原隆充, 藤田志歩, 牛田一成 (2012). 野生ゴリラ糞便から単離されたペニシリン高度耐性菌. 第16回腸内細菌学会大会 (ポートピアホテル)

北原真樹, 坂本光央, 土田さやか, 川角 浩, 天尾弘実, 辨野義己, 大熊盛也(2012)「チンチラの糞便から分離されたParabacteroides属の新種提唱」第19回日本微生物資源学会大会(かずさアカデミアホール)

土田さやか, 北原真樹, 川角 浩, 天尾弘実, 辨野義己(2010)「Chinchilla lanigerの糞便から分離されたBacteroides属, Lactobacillus属の分子生物学的解析」 第57回実験動物学会大会(京都テルサ)

北原真樹, 土田さやか, 川角 浩, 天尾弘実, 坂本光央, 辨野義己, 大熊盛也(2010)「チンチラの糞便から分離されたBacteroides属の新種提唱」第17回日本微生物資源学会大会(じゅうろくプラザ)

土田さやか, 北原真樹, 川角 浩, 天尾弘実, 辨野義己(2009)「チンチラの糞便から分離されたBacteroides属の分子生物学的解析」第78回実験動物コンファレンス(日本獣医生命科学大)

土田さやか, 川角 浩, 天尾弘実 (2008)「チンチラ(Chinchilla laniger)の腸内細菌叢の検索」第76回実験動物コンファレンス(日本獣医生命科学大)

フィールドワーク、作品

2018.10月 ウガンダ アフリカハゲコウの腸内細菌調査

2017.12月から2018.1月 ガボン ニシローランドゴリラの腸内細菌調査

2017.8月から9月 ウガンダ 在来家畜の腸内細菌調査

2016.9月から10月 ウガンダ 在来家畜の腸内細菌調査

2015.12月 ガーナ カカオの乳酸菌調査

2015.9月から10月 ウガンダ マウンテンゴリラの腸内細菌調査

2014.10月から11月 ガーナ グラスカッター(アフリカタケネズミ)の腸内細菌調査

2014.1月から2月 ガボン ニシローランドゴリラの腸内細菌調査

2012.9月から10月 ガボン ニシローランドゴリラの腸内細菌調査

2011.11月から2012.1月 ガボン ニシローランドゴリラの腸内細菌調査

2011.5月 アルジェリア サハラ砂漠動物相調査

受賞

平成30年9月 2018年度日本野生動物医学会論文賞

平成29年7月 第12回日本霊長類学会優秀発表賞

平成29年3月 朝日新聞「朝日21関西スクエア賞」

平成28年4月 2015年度日本獣医学会英文誌JVMS優秀論文賞

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー