中部大学

中部大学

教員情報

甲田 道子 KODA Michiko

公開ホームページ

プロフィール

職名 准教授
所属 応用生物学部 食品栄養科学科
管理栄養実習センター
最終学歴 東京大学大学院教育学研究科博士課程
学位 教育学修士(東京大学)
資格 管理栄養士、公認スポーツ栄養士
所属学会・役職 NPO法人日本スポーツ栄養学会・理事
日本栄養改善学会・評議員
愛知県栄養士会・スポーツ栄養委員会委員
日本健康支援学会・評議員・編集委員
日本体育学会
専門分野 栄養学
研究テーマ スポーツ選手の栄養管理、内臓脂肪および皮下脂肪と疾病との関係
研究紹介PDF
授業科目 応用栄養学、スポーツ栄養学、ライフステージ栄養学、栄養アセスメント論

著書および訳書

「短時間運動が発生させる疲労(3)格闘技の身体運動量①レスリング」「疲労と回復(3)栄養摂取のよる回復」宮下充正編著「疲労と身体運動」p.138-141, p.192-195, 杏林書院, 2018

「スポーツ実施時の栄養教育(アスリートを含む)」辻とみ子, 堀田千津子編「新版ヘルス21 栄養教育・栄養指導論」p.194-202, 医歯薬出版, 2017

「栄養によるフレイル予防」島田裕之編「フレイルの予防とリハビリテーション」p107-113, 医歯薬出版, 2015

「スポーツ選手の体格と身体組成」樋口満編著「スポーツ現場に生かす運動生理・生化学」p3-8, 市村出版, 2011

「骨・関節疾患」田中平三ら編「社会・環境と健康改訂第3版」p195-198, 南江堂, 2010

「運動・休養と健康」「最新保健体育教授用参考資料」p52-61, 大修館書店, 2007

「スポーツ選手の身体組成と貯蔵エネルギー」樋口満編著「スポーツ栄養学」p23-36, 市村出版, 2007

学術論文、評論

36. Koda M, Kitamura I, Okura T, Ando F, Shimotaka H. Men who were thin during early adulthood exhibited greater weight gain‐associated visceral fat accumulation in a study of middle‐aged Japanese men. Obesity Science & Practice. 2018;4(3):289-295. https://doi.org/10.1002/osp4.270

35. Koda M, Kitamura I, Okura T, Ando F, Shimotaka H. The Associations Between Smoking Habits and Serum Triglyceride or Hemoglobin A1c Levels Differ According to Visceral Fat Accumulation. J Epidemiol 2016; 26: 208-215.

34. 矢澤浩成, 對馬明, 戸田香, 宮下浩二, 長島万弓, 甲田道子, 児玉泰. メタボリックシンドローム予防・改善に対する運動療法指導サービスの開発研究―運動指導と栄養指導を併用した介入効果の検討―. 生命健康科学研究所紀要. 2013; 9: 70-74.

33. Kitamura I, Ando F, Koda M, Okura T, Shimokata H. Effects of the interaction between lean tissue mass and estrogen receptor alpha gene polymorphism on bone mineral density in middle-aged and elderly Japanese. Geriatr Gerontol Int. 2014; 14: 354-61.

32. 勝野綾子, 甲田道子, 笹竹英穂. 女子大生のやせ願望に影響を与える要因について―栄養学専攻女子学生の場合. 中京女子大学研究紀要. 2010; 44: 53-60.

31. 安藤富士子, 北村伊都子, 甲田道子他. メタボリックシンドローム診断におけるCT基準値とウエスト基準値の乖離―地域在住中高年者における性・年代別検討. 日本未病システム学会雑誌. 2009; 15(2): 246-249.

30. Kitamura I, Ando F, Koda M, Okura T,Shimokata H. Effects of the interaction between lean tissue mass and estrogen receptor αgene polymorphism on bone mineral density in middle-aged and elderly Japanese. Bone 2007; 40: 1623-1629.

29. 安藤富士子, 北村伊都子, 甲田道子, 大藏倫博, 下方浩史. 一般地域住民における腹部肥満感受性因子の網羅的検討. 日本未病システム学会雑誌. 2007; 13(1): 144-147.

28. 下方浩史, 安藤富士子, 北村伊都子, 甲田道子, 大藏倫博. 加齢とメタボリックシンドローム―年齢別にみたメタボリックシンドロームのウエスト基準値の妥当性. 日本未病システム学会雑誌. 2007; 13(1): 136-138.

27. 甲田道子, 小林由実. 運動部に所属する高校生および大学生のサプリメント摂取状況. 中京女子大学健康科学研究所年報. 2006; 13: 9-15.

26. Iwao N, Iwao S, Muller DC, Koda M, Ando F, Shimokata H, Kobayashi F, Andres R. Differences in the relationship between lipid CHD risk factors and body composition in Caucasians and Japanese. Int J Obes 2005; 29: 228-235.

25. Koda M, Ando F, Niino N, Shimokata H, Miyasaka K, Funakoshi A. The association of cholecystokinin 1 receptor and beta 3-adrenergic receptor polymorphisms with midlife weight gain. Obes Res 2004; 8: 1212-1216.

24. 甲田道子, 犬飼久美子, 佐藤光美, 杉山三郎, 坂本涼子, 浅見高明. 女子レスリング選手の減量方法の実態. 中京女子大学健康科学研究所年報. 2004; 11: 1-4.

23. Okura T, Koda M, Ando F, Niino N, Tanaka M, Shimokata H. Association of the mitochondrial DNA 154 97G/A polymorphism with obesity in a middle-aged and elderly Japanese population. Hum Genet 2003; 113: 432-6.

22. Okura T, Koda M, Ando F, Niino N, Ohta S, Shimokata H. Association of polymorphisms in the estrogen receptor alpha gene with body fat distribution. Int J Obes Relat Metab Disord. 2003; 27: 1020-7.

21. Okura T, Koda M, Ando F, Niino N, Shimokata H. Relationships of Resting Energy Expenditure with Body Fat Distribution and Abdominal Fatness in Japanese Population. J Physiol Anthropol. 2003; 22: 47-52.

20. Koda M et al. Assessment of body composition by air displacement plethymography in middle-aged and elderly Japanese : comparison with dual-energy X-ray absorptiometry. Ann NY Acad Sci 2000; 904: 484-488.

19. Koda M et al. Comparison between the air displacement method and dual energy x-ray absorptionmetry for estimation of body fat. J Epidemiol 2000; 10suppl: S82-89.

18. 甲田道子他. 中高年者の体脂肪率推定における空気置換法の有用性. 健康支援. 1999; 1:35-42.

17. 甲田道子, 安藤富士子, 新野直明, 下方浩史. 日本人におけるBody Mass Indexからみたウエスト囲に関する研究. 肥満研究. 1999; 5: 182-187.

16. 甲田道子, 安藤富士子, 下方浩史, 葛谷文男. 体重変動と血清脂質および血圧の関係に及ぼす加齢の影響―日本人男女17,000人での縦断的観察―. 日本老年医学会雑誌. 1998; 35: 631-6.

15. 武藤芳照, 太田美穂, 高杉紳一郎, 甲田道子, 上岡洋晴, 安田幸一郎. 変形性膝関節症の発症と体型・体力との関連についての疫学的研究. 整形外科. 1998; 48: 365-370.

14. 戸部秀之, 田中茂穂, 甲田道子, 佐竹隆, 中塘二三夫, 服部恒明, 田原靖昭. 思春期用の身体組成算出式(密度法)と皮脂厚による肥満判定基準値の提案. 学校保健研. 1997; 39: 147-156.

13. 戸部秀之, 田中茂穂, 甲田道子, 佐竹隆, 服部恒明. 密度法による身体組成評価における誤差要因としての除脂肪密度の加齢変化と個人差. 体力科学. 1997; 46: 135-138.

12. 戸部秀之, 田中茂穂, 甲田道子, 佐竹隆, 細井孝之, 折茂肇. 水中体重秤量法による体脂肪率測定の精度に及ぼす骨ミネラル量, 骨密度の影響. 体力科学. 1996; 45: 503-510.

11. 松本仲子, 甲田道子, 菅原龍幸. こんぶだし汁の呈味に関与する成分について. 日本食生活学会誌. 1996; 7(3): 47-52.

10. 甲田道子, 武藤芳照, 宮下充正. 日本人のウエスト/ヒップ比. 肥満研究. 1995; 1: 117-121.

9. 甲田道子, 武藤芳照, 宮下充正. 皮下脂肪厚とBody Mass Indexを組み合わせた指標と成人病危険因子との関連. 栄養学雑誌. 1994; 52: 69-74.

8. 木村靖夫・樋口 満・石井恵子・太田壽城・甲田道子・玉井利孝. ウェイトトレーニングが血中脂質・リポ蛋白プロフィールに及ぼす影響―18ヶ月にわたる縦断的研究―, トレーニング科学. 1994; 6: 101-108.

7. Koda M, Mutoh Y, Higuchi M, Yoshitake Y, Miyashita M. Aerobic work capacity of Japanese masters swimmers. Coaching Sport Sci J 1994; 1: 16-18

6. Koda M, Miyashita M, Mutoh M, Higuchi M, Yoshitake Y, Ohta T.Physical and physiological characterisitcs in middle-aged and aged swimmers. Physical Activity, Aging and Sport Ⅲ,1994:41-47. (Center for the Study of Aging. NY).

5. 松本仲子, 甲田道子. こんぶの等級とだし汁の成分の関係. 調理科学. 1991; 24(3): 204-208.

4. 甲田道子, 松本仲子. こんぶだし汁の調整法と調理適性. 調理科学. 1990; 23(3): 302-306.

3. 佐々木弘子, 中村尚子, 甲田道子, 松本仲子, 青柳康夫, 菅原龍幸. 干し椎茸の水もどし条件について. 日本食品工業学会誌. 1989; 36(4): 293-301.

2. 松本仲子, 加藤尚巳, 甲田道子, 菅原龍幸. こんぶだし汁の成分と嗜好. 日本家政学会誌. 1989; 0(10): 83-889.

1. 朴鳳阿, 甲田道子, 松本仲子, 菅原龍幸. カリウム塩添加食塩が漬物に及ぼす影響Ⅱ キムチに及ぼす影響. 栄養学雑誌. 1986; 44(5): 243-250.

講演、シンポジウム、学会発表

第4回日本ディサースリア学術集会. シンポジウム「フレイル・サルコペニアと摂食嚥下障害」~管理栄養士の立場から~, 2018年7月15日(東京)

受賞

2000年 財団法人長寿科学振興財団 若手研究者奨励賞受賞

社会活動

NPO法人日本スポーツ栄養学会理事

愛知県栄養士会スポーツ栄養委員

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー