中部大学

中部大学

教員情報

武田 誠 TAKEDA Makoto

プロフィール

職名 教授
所属 工学部 都市建設工学科
大学院 工学研究科 建設工学専攻
全学共通教育部 初年次教育科
入学センター
工学部共通教育科 (特別課題教育担当)
最終学歴 京都大学大学院工学研究科
学位 博士(工学)(京都大学)
所属学会・役職 土木学会
沿岸域学会
専門分野 水工学、都市耐水 (水環境問題, 水災害における防災対策のあり方)
研究テーマ 都市における氾濫解析法の構築と応用、都市河川および河口域の水環境問題
研究紹介PDF
授業科目 水理学I演習、水理学II、河川工学、海岸工学

著書および訳書

水理実験指導書, 土木学会, 2001.(共著)

学術論文、評論

都市域の内水氾濫モデルの検討と浸水時対策への応用について, 土木学会論文集B1(水工学)Vol.68, NO.4, I_1015-I_1020巻, 2012.

ASSESSMENT OF THE WATER QUALITY OF HORI RIVER AND RELATION TO THE DEPOSITED SLUDGE, INTERNATIONAL SUMMER SYMPOSIUM of JSCE, 2011.

STUDY ON THE IMPACT OF SLUDGE ON WATER QUALITY OF HORI RIVER, Annual Journal of Hydraulic Engineering, JSCE, Vol.55, pp.229-234, 2011.

下水道解析を考慮したh-VA氾濫解析モデルに関する検討, 水工学論文集 54巻, pp.895-900, 2010.

堀川における浮遊物の移動特性とヘドロの堆積状況との関係, 水工学論文集 54巻, pp.1189-1194, 2010.

都市内水氾濫解析における複雑な下水道管網のモデル化に関する検討, 河川技術論文集第15巻, pp.393-398, 2009.

地球温暖化に伴う海面上昇と降雨規模の変化を考慮した沿岸都市域の内水氾濫解析, 沿岸域学会論文集第21巻, pp.49-57, 2009.

長良川河口堰上下流水域におけるクロロフィルaとDOの変化と流量との関係, 水工学論文集 第53巻, pp.1417~1422, 2009.

h-VA氾濫解析法を用いたネスティングモデルに関する検討, 水工学論文集 第53巻, pp.835~840, 2009.

Study on Inundation Analysis Concerning the Effectiveness of Estuary Gate in Hori River, Journal Hydro-environmental Research, 2009.

格子内の地盤高特性を考慮した簡便な氾濫解析法に関する研究, 水工学論文集 第52巻, pp.853~pp.858, 2008.

堀川における浮遊ゴミの移動特性に関する研究, 水工学論文集 第52巻, pp.1111~1116, 2008.

講演、シンポジウム、学会発表

避難時の安全性に着目した道路における詳細な氾濫解析, 平成24年度土木学会中部支部研究発表会, II-20, 2013.

都市水害軽減に向けての研究事例紹介, 建設コンサルタンツ協会中部支部講演会, 2011.

都市域の内水氾濫解析について, 土木学会水工学委員会第5回基礎水理シンポジウム, 2011.

2009年フィリピン水害調査に関する報告会,マニラの浸水深について~マリキナ川沿いおよびラグナ湾沿岸の浸水調査~, 土木学会, 2009.

堀川流域における氾濫災害と水環境問題, 河川セミナー,河川環境管理財団(名古屋), 2008.

受賞

土木学会平成21年度全国大会第64回年次学術講演会優秀講演者賞(2009)

平成18年度(第13回)河川整備基金助成事業成果発表会報告書優秀成果(2007)(代表:松尾直規)

BEST PAPER AWARD (15th APD-IAHR Congress, 2006)

土木学会平成17年度全国大会第60回年次学術講演会優秀講演者賞(2005)

社会活動

庄内川リバーカウンセラー(国土交通省中部地方整備局)

東海ネーデルランド高潮・洪水地域協議会 作業部会ファシリテーター(国土交通省中部地方整備局)

日本土木史 編集部会メンバー(土木学会)

サイバー・キャンパス・コンソーシアム 土木工学グループ委員(私立大学情報教育協会)

土木学会地下空間研究委員会防災小委員会委員(土木学会)

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー