中部大学

中部大学

教員情報

香西 はな KOZAI Hana

公開ホームページ

プロフィール

職名 講師
所属 応用生物学部 食品栄養科学科
管理栄養実習センター
大学院 応用生物学研究科 応用生物学専攻
最終学歴 川崎医療福祉大学大学院医療技術学研究科博士後期課程修了
学位 博士(健康科学)
資格 管理栄養士
所属学会・役職 日本給食経営管理学会
日本栄養改善学会
日本栄養・食糧学会
日本国際保健医療学会
専門分野 給食経営管理、食物アレルギー、国際栄養
研究テーマ 小麦依存性運動誘発アナフィラキシーについて、ザンビア共和国の栄養問題について
授業科目 給食経営管理論Ⅰ・Ⅱ、給食経営管理基礎実習、給食経営管理応用実習、臨地実習演習、臨地実習、海外研修

著書および訳書

管理栄養士養成テキストブック 給食経営管理論,株式会社みらい,2018

学術論文、評論

His-Ala-Glnペプチドがマウスの抗体産生に及ぼす影響, 四国公衆衛生学会雑誌 62巻1号, pp.63-70, 2017

Anti-allergic effects of His-Ala-Gln tripeptide in vitro and in vivo, Bioscience Biotechnology and Biochemistry 81(2):380-383, 2016

Consumption of Japanese yam improves lipid metabolism in high-cholesterol diet-fed rats, Journal of Nutritional Science and Vitaminology 62:350-360, 2016

動物モデル系を用いた小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの評価, アレルギーの臨床 35(12):68-73, 2015

Assessment of diet and nutritional intake of rural children living in the semi-arid regions of Zambia, sub-Saharan Africa, Journal of International Health 29(3):184, 2014

境界型及び軽症2型糖尿病患者における各種麺類摂食後の血糖反応曲線, 日本病態栄養学会誌 12(2):149-155, 2009

Improvement of dietary habits in patients with impaired glucose tolerance: Effects of group education on self-management, Journal of Rehabilitation and Health Science 6:11-15, 2008

Effect of tailor-made diet on weight loss in obese Japanese type 2 diabetes with single nucleotide polymorphisms in β3-adrenergic receptor, uncoupling protein 1 or β2-adrenergic receptor genes, Journal of Rehabilitation and Health Science 6: 31-35, 2008

Randomized Controlled Trial of Two Forms of Self-Management Group Education in Japanese People with Impaired Glucose Tolerance, Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 43:82-87, 2008

Serum brain-derived neurotrophic factor in patients with type 2 diabetes mellitus: Relationship to glucose metabolism and biomarkers of insulin resistance, Clinical Biochemistry 41:812-817, 2008

遺伝子多型診断を用いた外来栄養指導により減量できたメタボリックシンドロームをともなう肥満2型糖尿病の2症例, 日本病態栄養学会誌 11(2):151-157, 2008

Intervention with Delivery of Diabetic Meals Improves Glycemic Control in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus, Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 42:59-63, 2008

Association between obesity and periodontal disease in Japanese factory workers, The Japanese Society of Clinical Ecology 15(1):28-34, 2006

中年男女の体力に対する競争的動機づけをともなうバドミントンの効果, Japanese Journal of Health, Fitness and Nutrition 11(2):16-21, 2006

小麦とアレルギー, 川崎医療福祉学会誌 16:11-19, 2006

Wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis in mice is caused by gliadin and glutenin treatments, Immunology Letters 102:83-90, 2006

大規模事業所従業員におけるCommunity Periodontal Indexを指標とした歯周病と飲酒に関する研究, Japanese Journal of Health, Fitness and Nutrition 11(1):23-28, 2006

衛生仮説と運動―運動はアレルギーを抑制できるのか―, 川崎医療福祉学会誌 15(1):1-11, 2005

日本人男性事業所従業員におけるcommunity periodontal index scoresに及ぼす肥満の影響に関する横断的研究, Journal of Rehabilitation and Health Sciences 2:1-6, 2004

講演、シンポジウム、学会発表

保育園の食育について~楽しく食べる子どもを育む~, 平成29年度大府市調理従事者研修会 講師, 2018年3月

食物アレルギー児に対する保育所給食の対応―誤食ゼロを目指して―, 第13回日本給食経営管理学会学術総会, 札幌, 2017年11月

小麦依存性運動誘発アナフィラキシーにおけるアレルゲン特性と運動の役割, 第72回日本体力医学会大会シンポジウム, 愛媛, 2017年9月

Balanced diet & Nutrition problem in Zambia, JICA草の根技術協力事業(ザンビア・丸森プロジェクト)本邦研修 講師, 2017年9月

食物アレルギーの基礎知識と小麦アレルギーの研究動向, NTSセミナー小麦による食物アレルギーとグルテンフリー食品の開発 講師, 東京, 2017年6月

食物アレルギーモデルマウスのアレルギー症状に及ぼす食塩の影響, 第36回食事療法学会, 高知, 2017年3月

乳幼児期における給食調理のコツ~楽しく食べる子どもを育む~, 平成28年度大府市調理従事者研修会 講師, 愛知, 2017年2月

His-Ala-GlnペプチドがⅠ型アレルギーモデルマウスの抗体産生に及ぼす影響, 第49回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 徳島, 2016年11月

保育所給食のアレルギー対応における小麦代替品の提案, 第12回日本給食経営管理学会学術総会, 兵庫, 2016年11月

食物アレルギーの基礎知識と誤食事故を考える, 平成28年度大府市学校給食調理員研修会 講師, 愛知, 2016年8月

食物アレルギーの基礎知識と誤食事故を考える, 平成27年度大府市調理従事者研修会 講師, 愛知, 2016年3月

管理栄養士養成課程の学生による医薬品BCAA製剤の味評価とその意義, 第35回食事療法学会, 愛知, 2016年3月

カゼイン由来ペプチドの抗アレルギー特性評価, 日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会第51回学術大会, 広島, 2015年10月

家庭科教育を考える―途上国の食生活を通して―, 家庭科教員研修会(JICA中部), 愛知, 2015年7月

Degranulation inhibitory activity may depend on peptide binding and peptide sequence, The 12th Asian Congress of Nutrition, Yokohama, May 2015

牛乳由来ペプチドの抗アレルギー効果, 第34回食事療法学会, 宮城, 2015年3月

「世界の元気ごはん―食べて、知って、考えよう―」ザンビア共和国の栄養問題について, JICA中部, 愛知, 2015年2月

食物アレルギーについて, 平成26年度大府市児童福祉施設職員を対象とした食物アレルギー研修会, 愛知, 2014年9月

Sensitization and elicitation of an allergic reaction to lysozyme from hen egg white in mice, The 6th Asian Congress of Dietetics, Taipei, Aug 2014

ザンビア共和国農村部に居住する子どもの食事と栄養―食物摂取頻度質問票の開発と栄養評価―, 日本アフリカ学会第51回学術大会, 京都, 2014年5月

ザンビア共和国の半乾燥地域農村部に居住する子どもの食事と栄養摂取, 日本国際保健医療学会 第28回学術大会, 沖縄, 2013年11月

糖尿病予防に関する食事について, 羽曳野市糖尿病予防教室 講師, 大阪, 2007年4月―2008年11月

Improvement of dietary habits in impaired glucose tolerance through self-management group education, 15th International Congress of Dietetics, Yokohama, Sep 2008

メタボリックシンドロームを予防するための食事について, 八尾市国保ヘルスアップ教室 講師, 大阪, 2007年5-11月

Mucosal lesion in small intestine in WDEIA accelerated by gliadin, 8th International society of exercise and immunology, Sendai, Oct 2007

Why are insoluble wheat proteins major allergens in wheat dependent exercise induced anaphylaxis? 7th International society of exercise and immunology, Monte Carlo, Sep 2005

安全な食を守るために誰にでもできる実践, 大阪府立看護大学公開講座 講師, 大阪, 2005年6月

Wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis in a mouse model system, 6th International society of exercise and immunology, Copenhagen, Jul 2003

フィールドワーク、作品

サブサハラ乾燥地域の農村部に居住する子どもの低栄養状態の要因に関する調査, ザンビア共和国南部州シナゾングェ村, 2013年8-9月(北海道大学大学院 客員研究員)

社会活動

大府市保育所食育推進委員会 委員長(2017-)

愛知県栄養士会研究教育部会 運営委員(2016-)

丸森町の在来技術を活用した小規模農家の食糧安定利用強化プロジェクト 技術支援委員(2015-)

藤井寺保健所中ブロック大学等食環境整備連絡会議 委員(2007-2009)

その他

サボテン料理の試食会の開催(2018)

地域野菜を活用した生活習慣病予防食品(アシタバパン)の開発(2016)

マックスバリュ中部と中部大学とのコラボレーション弁当の開発と販売(2015)

国際協力機構(JICA)青年海外協力隊, ザンビア共和国(栄養士)(2010-2012)

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー