中部大学

中部大学

教員情報

辻村 宏和 TSUJIMURA Hirokazu

プロフィール

職名 教授
所属 経営情報学部 経営総合学科
経営情報学部 経営学科
大学院 経営情報学研究科 経営情報学専攻
大学院 経営情報学研究科 経営学専攻
最終学歴 上智大学大学院経済学研究科
学位 博士(経営学)
所属学会・役職 日本経営学会
日本マネジメント学会(理事)
経営学史学会(理事)
経営行動研究学会(理事)
組織学会
日本商業学会
全国ビジネス系大学教育会議(理事)
専門分野 経営学
研究テーマ 経営者育成のメソドロジー(「経営手腕」及び「経営者育成の指導原理」の探求)
研究紹介PDF
授業科目 経営組織論、その他大学院科目

著書および訳書

『講座/経営教育3 経営教育論』(日本経営教育学会創立30周年記念事業)中央経済社, 2009(共著)

『経営学検定試験公式テキスト 経営用語・キーワード』中央経済社, 2007(共著)

『経営・商学系大学院生のための論文作成ガイドブック』文眞堂, 2004(共著)

『経営学パラダイムの探求―人間協働 この未知なるものへの挑戦―(加藤勝康博士喜寿記念論文集)』文眞堂, 2001(共著)

『経営者育成の理論的基盤―経営技能の習得とケース・メソッド―』文眞堂, 2001(単著)〔博士論文〕

『ケースから発見する組織化技能―バーナードが用いたケースを基にして―』青山社, 1997(単著)

『組織化技能と問題発生図式―個別ケースからの仮説発見の有効性 ―』成文堂, 1997(単著)

『組織化技能への接近―経営組織論の実学性―』成文堂, 1995(単著)

『組織のトラブル発生図式―問題分析志向の経営組織論―』成文堂, 1994(単著)

学術論文、評論

「経営教育学序説―概念と要件、そしてケース・メソッド―」(査読論文), 日本マネジメント学会編『経営教育研究』第19巻・第1号, 学文社, 2016.2

「『経営教育学』体系モデルの一試論」, 日本マネジメント学会編『経営教育研究』第18巻・第1号, 学文社, 2015.1

「『経営教育学』の中心的命題とKAE原理」(査読論文), 日本経営教育学会編『経営教育研究』第12巻・第1号, 学文社, 2009.1

「経営学と経営者育成」, 経営学史学会編『現代経営学の新潮流―方法、CSR・HRM・NPO―』(経営学史学会年報第15輯)文眞堂, 2008.5

「経営教育学序説―中心的『命題及び仮説』の意義―」(査読論文), 日本経営教育学会編『経営教育研究』第11巻・第1号, 学文社, 2008.2

「経営教育学序説―『成功要因分析』と『経営者ランキング』の意義―」, 『創価経営論集―特集:経営教育の現状と課題―』第31巻・第3号(経営学部開設30周年記念号), 2007.3

「経営教育学序説―経営手腕に迫るための立論形態の再考―」(査読論文), 日本経営教育学会編『経営教育研究10―経営教育の新機軸』学文社, 2007.3

「経営学と経営者育成―『経営教育学派』の認知向上―」, 日本経営学会編『〔経営学論集第76集〕日本型経営の動向と課題』千倉書房, 2006.9

「第3部3.経営教育学の確立をめざして―山城テーゼ『経営学は経営教育である』の進化―」, 日本経営教育学会25周年記念編纂委員会編『経営教育事典』学文社, 2006.6

「『賢明な経営者』と『賢明でない経営者』―経済学と『経営教育学派の経営学』の理論的前提―」(査読論文), 日本経営教育学会編『経営教育研究9—経営教育と経営の新課題』学文社, 2006.3

「もう一つの『経営学をいかに考えるか』論―経営教育を理論的に支え得る経営教育学の探求―」(査読論文), 日本経営教育学会編『経営教育研究8―MOTと21世紀の経営課題』学文社, 2005.3

「失敗経営者に対する批判と共感―ケース・メソドットにおける『共感的学習法』の有効性―」, 日本経営学会編『IT革命と企業経営[経営学論集第73集]』千倉書房, 2003.9

「『正しい理論』と経営教育(学)―伊丹敬之・加護野忠男の『経営教育』所見に寄せて―」(査読論文), 日本経営教育学会編『経営教育研究6―経営実践と経営教育理論』学文社, 2003.9

「経営技能の特性を前提としたケース・メソドット―『共感的学習法』にみる客観に対する主観の優位性―」, 日本経営教育学会編『経営教育研究5―新企業体制と経営者育成』学文社, 2002.3

講演、シンポジウム、学会発表

「『組織論』から見た部下の育成―“組織の病気”の特異性から導かれる“裏メッセージ”―」平成21年度コロニー職員研修「管理・監督者研修」(於 愛知県心身障害者コロニー), 2010.2

「組織と経営手腕:“ヒーロー”ゴーンと“ヒール”家康の再評価」SMP2009中部大学夏期集中講座(於 中部大学名古屋キャンパス), 2009.8

学会シンポジウム(「地域企業の人材創造:ビジョンと実践」)・コーディネーター(日本経営教育学会「産学交流シンポジウム・イン・富山」—富山電気ビルディング), 2008.12

「経営学の醍醐味—『組織の病気』への迫り方—」社団法人刈谷青年会議所「講演会」(於 刈谷商工会議所), 2008.10

「学会統一論題報告:『起業後の成長=f(経営者の器)』命題と経営教育(学)」, 日本経営教育学会・第57回全国大会(於 千葉商科大学), 2008.6

「第1部“ヒーロー”ゴーンの手腕≠経営手腕:理論とケース(1) 第2部学ぶべきはヒール(?)家康:理論とケース(2)」, 中部大学ベンチャー・マネジメントスクール夏期プログラム:エグゼクティブコース(於 中部大学名古屋キャンパス), 2008.8

「学会統一論題報告:経営学と経営者の育成」,経営学史学会・第15回全国大会(於 北海学園大学), 2007.5

「学会統一論題報告:経営学と経営者育成―『経営教育学派』の認知向上―」, 日本経営学会・第79回大会(於 九州大学), 2005.9

「学会統一論題報告:『東大大学院教育学研究科:大学経営・政策コース設置』事例が投げかける問い」, 日本経営教育学会・第51回全国研究発表大会(於 明治大学), 2005.6

「経営学部・経営系大学院の混迷 ― 経営学と経営教育との質的断層 ― 」, 全国四系列教育会議・第21回全国大会(於 千葉商科大学), 2004.8

「経営者育成メソドロジーとMBAホルダー ― 説明のロジックと育成のロジックの懸隔を踏まえて ― 」, 日本商業学会・中部部会(於 名古屋学院大学), 2004.7

「The Academy of Management での報告を終えて ― 経営教育に寄せる関心に確かな手応え ― 」, 日本経営学会・第221回中部部会(於 愛知学院大学), 2003.10

"The Theoretical Basis for the Bringing up of Managers:Management Ability and Case Method", 63rd Annual Meeting of the Academy of Management (Seattle,U.S.A), August 4th, 2003

フィールドワーク、作品

平成12年度雇用・能力開発機構委託研究『調査報告書:起業家教育のモデルと雇用 ― アントレプレナーシップ育成モデル ― 』 社団法人日本労務研究会, 2001.3

受賞

日本経営教育学会・第1回「山城賞」受賞(『経営者育成の理論的基盤―経営技能の習得とケース・メソッド―』 文眞堂, 2001)

社会活動

中部産業連盟 「マネジメント・セミナー」 ケース・インストラクター

NPO法人経営能力開発センター「経営学検定試験」協議会委員

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー