中部大学

中部大学

教員情報

山内 悠嗣 YAMAUCHI Yuji

公開ホームページ

プロフィール

職名 講師
所属 工学部 ロボット理工学科
大学院 工学研究科 ロボット理工学専攻
最終学歴 中部大学大学院工学研究科
学位 博士(工学)(中部大学)
所属学会・役職 電子情報通信学会
情報処理学会
専門分野 画像認識、機械学習、知能ロボット
研究テーマ 物体検出、クラウドロボティクス、動作計画
授業科目 ロボットオペレーティングシステム、ロボット理工学演習A、プロジェクト演習A、プロジェクト演習C、ロボット理工学1
共同研究キーワード 画像認識、機械学習

著書および訳書

ディジタル画像処理, CG-ARTS協会, 2015.

学術論文、評論

土屋成光, 山内悠嗣, 藤吉弘亘, “人検出のための生成型学習とNegative-Bag MILBoostによる学習の効率化”, 電気学会論文誌C, Vol. 134, No. 3, pp. 450-458, 2014.

山内悠嗣, 山下隆義, 藤吉弘亘, “画像からの統計的学習手法に基づく人検出”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol. J96-D, No.9, pp.2017-2040, 2013.

Y. Yamauchi, M. Ambai, I. Sato, Y. Yoshida, and H. Fujiyoshi, "Distance Computation Between Binary Code and Real Vector for Efficient Keypoint Matching", Information Processing Society of Japan Transactions on Computer Vision and Applications, Vol. 5, pp. 124-128, 2013.

後藤雄飛, 山内悠嗣, 藤吉弘亘, “CS-HOG : 色の類似性に基づいた形状特徴量”, 電子情報通信学会論文誌, Vol. J96-D, No. 7, pp. 1618-1626, 2013.

山内悠嗣, 金出武雄, 山下隆義, 藤吉弘亘, “量子化残差に基づく遷移ゆう度モデルを導入した識別器の提案”, 電子情報通信学会論文誌, Vol. J95-D, No. 3, pp. 666-674, 2012.

T. Yamashita, Y. Yamauchi, and H. Fujiyoshi, "A Single Framework for Action Recognition Based on Boosted Randomized Trees", Information Processing Society of Japan Transactions on Computer Vision and Applications, Vol. 3, pp.160-171, 2011.

松島千佳, 山内悠嗣, 山下隆義, 藤吉弘亘, “物体検出のためのRelational HOG特徴量とワイルドカードを用いたバイナリーのマスキング”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J94-D, No.8, pp.1172-1182, 2011.

高木雅成, 山内悠嗣, 藤吉弘亘, “Geometric Contextを用いた特徴量間の共起による物体検出の高精度化”, 電子情報通信学会論文誌, Vol. J93-D, No. 8, pp. 1429-1438, 2010.

Y. Yamauchi, H. Fujiyoshi, Y. Iwahori, and T. Kanade, "People Detection based on Co-occurrence of Appearance and Spatio-Temporal Features", National Institute of Informatics Transactions on Progress in Informatics, No. 7, pp. 33-42, 2010.

三井相和, 山内悠嗣, 藤吉弘亘, “Joint特徴量を用いた2段階Boostingによる物体検出”, 電子情報通信学会論文誌, Vol. J92-D, No. 9, pp. 1591-1601, 2009.

山内悠嗣, 山下隆義, 藤吉弘亘, “Boostingに基づく特徴量の共起表現による人検出”, 電子情報通信学会論文誌, Vol. J92-D, No. 8, pp. 1125-1134, 2009.

受賞

情報処理学会 山下記念研究賞, 2014.

情報システム・ソサイエティ論文賞, 電子情報通信学会, 2013.

優秀学術賞, 画像センシングシンポジウム(SSII), 2013.

PRMU研究奨励賞, 2013.

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー