• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

デート(恋人)商法

言葉巧みな話術で異性に好意を抱かせ、それにつけ込んでアクセサリーなど高額な商品を販売する商法。

事例

携帯の出会い系サイトで知り合った異性とメール交換を通じて友人となった。デートをしたら、途中で自分がデザインしたアクセサリーを展示しているイベントをやっていると連れて行かれ、アクセサリーを購入するように勧められた。とても支払えないと断ったが、「大切な人に持っていて欲しい」等と言われ、その場の雰囲気を壊したくなくて、つい契約してしまった。

ポイント

  1. 恋愛感情を巧みに利用し、契約へ誘導するのが目的です。
  2. 一度買ってしまうと、また購入してもらえると思われ、次々に商品をせがまれることがあります。
  3. 出会いのきっかけが携帯電話のメル友や出会い系サイトの場合は要注意です。

ページの先頭へ