中部大学2023大学案内
128/212

1年次2年次3年次4年次4年間の流れ豊かな教養・医学・看護学の基礎を学ぶ。幅広い教養を身につけるとともに、人体の構造と機能、疾病のなりたち、医療と福祉などの医学の基礎と、看護とは何か、対人関係の理解、人の生涯発達など、看護の基礎を学びます。人の発達段階と健康段階に応じた看護を学ぶ。人のライフサイクルと発達の特徴をふまえ、疾病の予防・回復、健康の促進に向けた看護について学びます。また、命の大切さや対象者を守る看護職者の姿勢について考えます。理論と実践を統合し、看護実践力を身につける。学内のリアルな学修環境の中で看護実践の基本を学びます。3年次後半からの臨地実習では多様な看護の実際を経験し、対象に応じた健康問題を解決できる看護実践力を身につけます。看護専門職者の責務を自覚し、看護を科学的に探究する。「統合看護臨地実習」では看護職者の責務・チーム医療・多職種連携について臨床実践に近いかたちで学習します。「卒業研究」をはじめとする看護発展領域科目を学び、より良い看護を探求します。生命健康科学基盤科目人体の構造と機能解剖学 生理学 生化学生命物理化学 分子生物学概論栄養治療学疾病と障害の病態及び医療病理学 薬理学 微生物学疾病病態治療学A 疾病病態治療学B臨床心理学臨床病理学 免疫学保健医療と社会公衆衛生学 生命倫理学社会福祉学環境衛生学学科専門科目看護介入領域看護学概論看護学概論演習人間関係論演習基礎看護技術Ⅰ(生活援助)生涯保健看護学Ⅰ(人のライフサイクル)小児看護学Ⅰ(概論)母性看護学Ⅰ(概論)地域保健看護学産業保健看護学公衆衛生看護学概論看護アセスメント実習❶看護倫理学概論基礎看護技術Ⅱ(治療支援)看護過程演習生涯保健看護学Ⅱ(家族の看護)在宅看護学Ⅰ(概論)慢性期看護学Ⅰ(概論・回復期支援)慢性期看護学Ⅱ(セルフケア支援)急性期看護学Ⅰ(救急・クリティカルケア看護)急性期看護学Ⅱ(周手術期看護)老年看護学Ⅰ(概論)小児看護学Ⅱ(小児の疾病と看護)母性看護学Ⅱ(周産期および新生児の看護)精神看護学Ⅰ(概論・精神疾患と看護)学校保健看護学 健康教育学疫学・保健統計学Ⅰ(疫学・統計の基礎)保健医療福祉行政論Ⅰ(行政活動の基礎)在宅看護学Ⅱ(方法論)在宅看護学Ⅲ(演習)❷急性期・セルフケア支援実習老年看護学Ⅱ(老年の疾病と看護)老年看護学Ⅲ(演習)小児看護学Ⅲ(演習)母性看護学Ⅲ(演習)精神看護学Ⅱ(演習)疾病治療看護演習公衆衛生看護活動展開論公衆衛生看護管理論公衆衛生看護学演習Ⅰ(対象別保健活動)公衆衛生看護学演習Ⅱ(地域診断と施策化)疫学・保健統計学Ⅱ(疫学・統計の応用)保健医療福祉行政論Ⅱ(行政活動の発展的知識)養護活動論養護健康相談活動看護実践領域生活援助臨地実習看護過程実践臨地実習在宅看護学臨地実習セルフケア支援臨地実習急性期看護学臨地実習継続的治療支援臨地実習高齢者ライフレビュー臨地実習老年看護学臨地実習小児看護学臨地実習❸母性看護学臨地実習精神看護学臨地実習公衆衛生看護学臨地実習Ⅰ(保健師基礎実習) 公衆衛生看護学臨地実習Ⅱ(保健師応用実習) 統合看護臨地実習看護発展領域看護制度論 看護マネジメント論看護海外セミナー 看護研究概論エンドオブライフケア災害保健看護学 国際保健看護学総合看護論 卒業研究※紹介しているカリキュラムは、2022年度の内容です。 ※全学共通教育科目・生命健康科学部共通科目は除きます。保健看護学科ではどんな4年間を送る?フィジカルアセスメントに必要な知識・技術を学びます。人体の構造と機能の理解を深めながら、講義と演習によって系統立ったフィジカルイグザミネーション(身体検査)の手法を身につけます。❶看護アセスメント実習看護師や保健師の資格を取るための必修科目です。自宅で医療処置の管理をしながら生活をしている対象者と家族への支援について、実際に自宅で使用する医療機器や福祉用具に触れながら、ロールプレイ学習も交えて援助方法を学びます。❷在宅看護学Ⅲ(演習)臨地実習の直前に、入院場面を再現した小児病室ラボで、これまで学んだことをフル活用しながらシミュレーションに臨みます。グループで学び、経験を意味づけするプロセスは、臨地での実習にも非常に役立ちます。❸小児看護学臨地実習保健看護学科ではどんな科目を学ぶ?(上記カリキュラム参照)126CHUBU UNIVERSITY GUIDEBOOK 2023生命健康科学部 保健看護学科

元のページ  ../index.html#128

このブックを見る