中部大学2023大学案内
133/212

一人の学生も残さずフォローし、「学生全員の国家試験合格」を目指す教員陣による手厚いサポート体制で、地域トップレベルの合格率を毎年達成。本学科では、受験生が大学を選ぶ際に参考にする合格率に加えて、進級率を重視。一人一人の理解度に合わせたサポートを行い、学科に所属する全学生で理学療法士の国家試験合格を目指しています。〉〉 資格取得サポート取得が期待される資格サポート体制■ 理学療法士(国家試験受験資格)宮下 浩二 教授  Koji Miyashita これまで、プロ野球を含む多くのスポーツ現場での理学療法経験をもとに、スポーツ動作やスポーツのケガに関する問題について研究をしてきました。学生にも、疑問に感じることを自ら考え、行動することで解決する実践的な力をつけてほしいですね。さまざまな理学療法分野で経験豊富な教員の指導、および学内・学外での課外活動への参加によって実践的な知識と技術を修得します。【 理学療法学科 】理学療法士の基本を徹底的に学び、同時に、多様化する現場を経験する。CAMPUS VIEW 作業療法士国家試験合格率89.3%(2016-2020年)受験者 187人 合格者 167人2020年合格率 95.0%受験者 40人合格者 38人理学療法士国家試験合格率94.3%(2018-2022年)受験者 212人 合格者 200人2022年合格率 88.9%受験者 36人合格者 32人TEACHER'S VOICEabcda.市内の高校で開催したスポーツ系部活動の部員を対象としたスポーツ障がい予防の指導。b.成長期の野球選手を対象とした投球障がい予防のための投球動作分析。c.近隣の高蔵寺ニュータウンで開催している地域住民のための健康運動指導。d.中部大学で開催した地域住民を対象とする体力測定会。中部大学では基礎、基本を重視した教育を行っています。一方で、理学療法士の多様な活動を学生に理解してもらうために、豊富な課外活動を展開しています。スポーツ活動のサポート、地域の健康増進活動、高齢者の運動指導などに教員とともに参加し、学生の体験の機会としています。多様な課外活動による理学療法体験をとおして実践的な知識・技術を身につける。現場での課外活動131工学部経営情報学部国際関係学部人文学部応用生物学部現代教育学部生命健康科学部 理学療法学科

元のページ  ../index.html#133

このブックを見る