中部大学2023大学案内
167/212

165GUIDEBOOK 2023CHUBU UNIVERSITY 治療費給付制度と学生教育研究災害傷害保険正課中・課外活動中にケガをしてしまった場合に備え、入学時に全員、学生教育研究災害傷害保険に加入しています。また、本学独自の治療費給付制度があります。安否確認通報システム大規模災害に備え、緊急時に学生の安否を速やかに確認できるシステムを導入しています。中部大学後援会中部大学に在学する学生の保護者により組織され、教育のさらなる充実、課外活動、学生の福利厚生、就職活動、資格取得などのサポートをしています。CAMPUS LIFE SUPPORT充実したサービスを利用して、実りある学生生活を。CAMPUS LIFE SUPPORT地域連携住居の紹介春日井市とUR都市機構、中部大学の3者が連携した取り組みです。大学から約4キロ離れた高蔵寺ニュータウン内のUR都市機構が管理する物件に入居します。入居学生は通常家賃から20%OFFで部屋を借りることができ、地域自治会などが主催するイベント(地域貢献活動)へ参加し、人間力の向上に努めます。通常の「一人暮らし」とは異なりますが、地域住民との交流をとおして正課(大学)では学び難い経験を積み自身の成長につなげたい学生をお待ちしています。※本制度により紹介できる物件数には限りがあります。(年度ごと)通常の家賃から20%割引礼金・更新手数料・仲介手数料が無料地域貢献活動参加者限定の生活支援制度あり(条件あり)シェアもシングルユースも可能アパートの紹介学生の一人暮らしを支援します。大学近くは名古屋にアクセスが良く、比較的家賃が安いため(月42,000円程度)、暮らしやすいエリアです。円地域別家賃の目安75,00052,00042,000東京都内名古屋市内春日井市内円円(6~8畳ワンルームマンション比較)*不動産会社にヒアリング調査(2021年度)*東京都内は立地により大きく家賃が異なります。学生寮学部・学科を超えた交流ができます。遠方出身の学生を支援するために用意した学生寮は、キャンパス敷地内にあり、寮費もリーズナブルです。入寮できるのは1年生(男子)だけで、部屋数にも限りがあるので、早めにご相談ください。●1年生男子のみ ●58室 ●食費:朝食400円/夕食600円入寮費寮費等(2020年度)10,000円270,000円280,000円(光熱水費含む)寮費合計(年額)健康増進センター健康増進センターでは、右記以外にも医師による診察や健康相談、専門スタッフによる心の健康相談、高血圧・循環器病相談などを受けられる環境が整っています。 健康増進センター看護師や保健師資格をもつスタッフが常駐し、ケガや病気の救急処置や相談など健康管理にあたっています。 保健管理室寝つきが悪い、昼間にとても眠いといった睡眠に関する悩みや不安・疑問などの相談に担当教員が応じます。 睡眠相談室学生相談室・学習支援室学生生活における心理的な悩みについて一緒に考え、問題解決の援助をしています。大学生活への適応、対人関係、自己理解、進路、心身の健康などの相談に応じています。個別相談以外にグループ活動も行っています。高校で選択していなかった科目についての質問や、効果的な学習方法など、学生一人一人が理解を深め学習に前向きに取り組めるよう、数学・英語・物理・化学を対象に担当教員が個別またはグループでの学習支援を実施しています。 学生相談室 学習支援室

元のページ  ../index.html#167

このブックを見る