中部大学2023大学案内
21/212

グローバルな視点を備えたものづくりリーダーを目指す。ものづくりの現場で活躍するリーダーは、専門知識・技術に加えて、製品の背景にある理由や社会ニーズを察知する力、働くスタッフとコミュニケーションを取る力が求められます。現場で働く外国人技能実習生、また海外からの高度人材が増える中で、副専攻として「国際学」を履修し学ぶことで、海外の政治や文化、習慣、他の国々との関係性を知ることができ、現場での実践的な力をつけることができます。[専門分野]機械工学科[副専攻]国際学CASE 01総合科学ロボット理工学心理学作業療法学外国語電気電子システム工学歴史地理学臨床工学基礎工学宇宙航空理工学応用生物化学スポーツ保健医療学機械工学経営総合学環境生物科学幼児教育学都市建設工学国際学食品栄養科学現代教育学建築学日本語日本文化学生命医科学応用化学英語英米文化学看護学情報工学コミュニケーション学理学療法学[副専攻] 一定の科目群の中で必要単位数を修得すると「副専攻」として認定され、修了証書も交付されます。将来像や興味関心に合わせて自由に学ぶ副専攻制度。専門分野の深い知識と、幅広い視野や教養を持つ「スペシャライズド・ジェネラリスト」を目指し、自由に選択し学べる科目です。総合大学の強みを生かして他学科の教育科目も広く学ぶことができるほか、卒業単位としても認定されます。また一定の科目群の中で必要単位数を修得することによって「副専攻」として大学が認定し、修了証書も交付されます。自由科目 (1〜4年次:0〜24単位)※学科によって単位数は異なります。※ 各学科によって副専攻修了認定の要件は異なります。上記表は2022年度時点のため参考にご覧ください。総合大学の強みを生かして、学生の多くは自分が興味・関心を持つ科目を選択し、「スペシャライズド・ジェネラリスト(専門性を備えた万能型人材)」となるべく、取り組んでいます。幅広い教養や知識を生かして、4年間で実践的な総合力を身につけます。相乗効果を生む学部教育と自由科目情報・データ処理に長けたバイオサイエンス研究者に。バイオサイエンス分野の研究において、DNAを解析して得たビッグデータを取り扱うことは今や常識です。加えて副専攻として「情報工学」を学べば、ビッグデータを活用するためのプログラミング、他のアプリケーションソフトを組み合わせた活用などを自ら考え、実行できるようになります。研究者の視点に立ち、必要とされる情報工学技術を提供できるエンジニアとしても活躍が期待できます。CASE 02[専門分野]応用生物化学科[副専攻]情報工学CHUBU UNIVERSITY GUIDEBOOK 2023019[学び]文理融合ワンキャンパスで学びがつながる。01

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る