中部大学2023大学案内
35/212

発光生物に特化したオンリーワンの研究室。発光生物の世界トップランナーを育てる。大場 裕一 教授(応用生物学部 環境生物科学科)北海道大学理学部化学科卒業。同大学院理学研究科修士課程修了。総合研究大学院大学生命科学研究科博士後期課程修了。発光生物学専門。光る仕組みは? 光の役割は? ホタル、深海魚から光るキノコやミミズまで、発光生物は謎だらけ。その不思議の解明をとおして、特殊な生物が持っている知恵と生きざまを学びます。世紀を越えた問題に答えを出し、新しい世界を創造する。苅田 丈士 教授(理工学部 宇宙航空学科※)東京大学大学院工学系研究科航空学専攻修士課程修了。航空宇宙技術研究所(現JAXA)に入所し、上記大学院博士取得。専門は宇宙航空用エンジン。ロケットエンジンの世界では、アポロの頃からの問題がまだまだ残っています。基礎となる流体力学の世界では1世紀以上残っている問題もあります。知恵を絞って一つずつ解明しています。3000年続いた古代エジプト文明の智識を読み解き、人類の未来に役立てる。中野 智章 教授(国際関係学部 国際学科)南山大学文学部人類学科卒業。同大学大学院文学研究科博士後期課程修了。オックスフォード大学エジプト学科留学。エジプトの遺跡調査や展覧会の監修を手がける。3000年続いた古代エジプト文明。50階建てビルに相当するピラミッドの建造技術や1年365日の発見等、後世への影響は多大です。古代エジプトを学べる大学は、全国に数校のみ。古代の智識を未来に活かします。※工学部 宇宙航空理工学科より改組母と子のHappyを運動と育児教育で応援。総合大学の強みで、産後うつを予防する。横手 直美 准教授(生命健康科学部 保健看護学科)熊本大学教育学部卒業(看護師、養護教諭免許)。助産師として臨床経験後、広島大学大学院医学系研究科博士課程前期修了。運動で母子を支援するNPO活動も展開中。現代の孤独な子育て環境は、産後うつの要因。母子の運動と育児教育を融合させた「子育てセミナー」を毎年開催し、医療や幼児教育の専門家である教員とその資格を目指す学生が共同研究で、子育てを応援しています。CHUBU UNIVERSITY GUIDEBOOK 2023033[研究]世界レベルの高度な研究を体感する。03

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る