中部大学2023大学案内
4/212

「鳥のように大空を飛べたら」「行きたい場所に自動で移動できたら」「星の輝きの秘密が分かったら」さまざまな空想を実現させてきた人間の可能性に限りはありません。利便性追求と複雑化する社会課題の解決の両立に必要なのは、未知の事象を解き明かし、新しい技術を創造するチカラ。数学や自然科学および幅広い工学分野の先進科学技術を学び、総合力を身につけ、実践することが未来社会を拓くのです。中部大学は新しい時代に即した分野横断型の3学科からなる理工学部を設置し、次世代産業のリーダーとして持続可能な社会を構築する科学技術者を育成します。2023年4月理工学部誕生(届出中)※本計画は予定のため、変更になる場合があります。進化する中部大学。TOPIC 1量子技術、AIロボティクス技術、宇宙開発利用技術など、これからの社会・産業をリードする分野横断型の科学技術を学ぶ理工学部3つの学科宇宙航空学科<定員80名>航空宇宙機の設計・開発・製造・利用の専門知識・技術を身につけ、次世代の航空宇宙産業の発展に携わります。AIロボティクス学科<定員80名>新たな人工知能(AI)技術を生み出し、ロボットへの実装をとおして、人とロボットの共存社会を実現します。数理・物理サイエンス学科<定員40名>数理・物理科学の知識を身につけ、さまざまな事象の解明とイノベーションをとおして、社会に大きく貢献します。理工系教育圏AI数理データサイエンス人文社会・科学技術・人間力教育、就職に関しては、歴史と実績のある工学部と連携教養ベース専門基礎理工学部工学部電気電子システム工学科応用化学科建築学科機械工学科情報工学科都市建設工学科CHUBU UNIVERSITY GUIDEBOOK 2023002進化する中部大学。002進化する中部大学。

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る