中部大学2023大学案内
40/212

文理融合の学びを深めた中部大生は、高度な専門性とともに広範な学際領域、語学力、コミュニケーション力を実践的に修得し、社会のあらゆる分野で活躍しています。 GRADUATES卒業生インタビュー04 [就職]進路決定までサポートする徹底したキャリア教育。 Graduate'sInterview02さまざまなプログラムや人との出会いなど、大学は学びの機会にあふれている。大学で一番成長したと感じているのは、内向的な考え方から外向的な考え方に変わったことです。高校までは人と接することに消極的で、特定の友人との関わりしかありませんでした。しかし大学に入学してから徐々に変わっていき、2年生では留学生とランチをしながら会話ができる「イングリッシュテーブル」に通うようになりました。リアルなコミュニケーションとして英語が使えたことで「本当に通じるんだ!」という驚きと喜びがあり、さらに英語の勉強に取り組むことができました。3年生では外務省の海外派遣事業「カケハシ・プロジェクト」のメンバーに選ばれ、アメリカのデトロイトで日本の魅力を伝える活動に参加しました。これらの活動をとおして多様な価値観に触れ、人に合わせた接し方の大切さを知ることができました。その気づきは、さまざまな生徒と向き合う現在でも生きています。中部大学の魅力は専門的な授業はもちろんですが、さまざまなプログラムや人との出会いなど、学びの機会にあふれていることだと思います。皆さんも一つ一つのチャンスを大切にしながら、ぜひ自分の可能性を広げられるようなチャレンジをしてください。春日井市立鷹来中学校 英語教諭米澤 一輝 人文学部 英語英米文化学科 2018年3月卒業(愛知県 春日井東高等学校出身)04CHUBU UNIVERSITY GUIDEBOOK 2023038[就職]進路決定までサポートする徹底したキャリア教育。

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る