中部大学2023大学案内
42/212

04 [就職]進路決定までサポートする徹底したキャリア教育。 Graduate'sInterview05岐阜市立岐阜清流中学校 栄養教諭横山 未奈 応用生物学部 食品栄養科学科 管理栄養科学専攻 2016年3月卒業(岐阜県 長良高等学校出身)教職課程や実習などのさまざまな学びが、栄養教諭としての職業観を育んでくれた。栄養教諭として、現在の赴任先で私が担当している業務は二つあります。一つは「給食管理」。安心安全な給食を生徒に提供するため、実際に調理を担当する調理員さんたちにその日の献立の調理方法や配食などのアドバイスをします。もう一つは「食に関する指導」。これは食育だよりや校内掲示物の作成、給食時間に放送するメニュー紹介の原稿作成といった業務です。日々忙しく仕事をしていますが、生徒が「今日もおいしかった」と給食を全部食べてくれることに一番の喜びを感じます。管理栄養士に加え、栄養教諭一種の資格も取得することができたのは、中部大学での充実した4年間があったからです。教職課程はもちろん、学生たちだけで給食100食分の献立作成・調理・学内販売を行った「給食経営管理応用実習」など、さまざまな学びをとおして「給食とは何か」「栄養教諭とはどんな仕事か」と考えを深めたことで、現在の仕事に生きる職業観を育むことができました。他にもカリフォルニア大学デイビス校への留学に挑戦できたことなど、目の前にチャンスがあれば「とにかくやってみよう」と前向きに考える私にとって、とても過ごしやすい環境でした。 Graduate'sInterview04患者さんのやりたいことを大切に、臨床研究も行う理学療法士を目指す。高校時代に部活で腰を痛めたとき、治療をとおして精神的に支えてもらった理学療法士に憧れてこの仕事を選びました。理学療法士には専門分野がいくつもありますが、中部大学では興味のある分野を選択し、学びを深められるところが良かったです。また、在学中には3つの病院へ臨床実習に行き、患者さんとの関わり方を深く学びました。言葉遣いや態度、思いやりなど医療従事者にとって基礎的なことはもちろん、「患者さんのやりたいことに重きを置いた治療をする」という考え方は、今でも自分の根幹にある大切なものです。現在は退院後の患者さんを対象とした、訪問リハビリテーション業務を担当しています。退院直後は急な環境変化によって転倒しやすい時期なので、自宅での生活がスムーズに送れるように支援しています。患者さんから「いつもありがとうね」などと感謝の言葉をいただけると、一人一人に寄り添えていると実感できるのでうれしいです。現在は仕事と並行して、中部大学の大学院で高齢者の転倒予防について研究しています。介護予防の大きな課題である高齢者の転倒を防止し、健康寿命の延伸につなげたいです。国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター堀田 雅人 生命健康科学部 理学療法学科 2016年3月卒業生命健康科学研究科 リハビリテーション学専攻 修士課程2年(愛知県 常滑高等学校出身)04CHUBU UNIVERSITY GUIDEBOOK 2023040[就職]進路決定までサポートする徹底したキャリア教育。

元のページ  ../index.html#42

このブックを見る