中部大学2023大学案内
43/212

五洋海運株式会社今泉 洋祐 国際関係学部 国際関係学科 2018年3月卒業(愛知県 北高等学校出身) Graduate'sInterview06世界にお客様の荷物を届けることで、グローバルに役立っていることを実感。英語を使う仕事に就きたいと思っていたので、国際関係学部で言語とビジネスを学びました。在学中に最も刺激を受けたのは、オハイオ大学への留学です。専門的知識の修得やコミュニケーション能力・プレゼンテーション能力を伸ばす必要性を感じただけでなく、現地学生の学びへの積極的な姿勢を目の当たりにしたことで、私自身もさらに積極的になることができました。また、ゼミでの発表や講義の予習・復習など多忙な毎日のおかげで、段取りを考える習慣が身につきました。現在は貿易に携わる企業で、主に輸出に必要な通関書類を作成しています。さまざまな手続きが必要となる仕事なので、大学で鍛えられた段取り力が生きています。実際に荷物を見たり運んだりすることはありませんが、輸出の手配をするたびに「自分の仕事がグローバルに役立っているんだ」と実感しています。入社3年目には通関士という国家資格を取得しました。社内外の方からさらに頼られるような存在になるために、これからも貿易に関する知識と経験を身につけていきます。そしていずれは海外の駐在員として、世界と日本をつなぎたいです。ビジネスプランコンテストの経験が満足いただける接客につながっている。名古屋マリオットアソシアホテルのフランス料理レストランである「ミクニナゴヤ」でサービスマンをしています。学生時代にもこちらのホテルの中国料理店でアルバイトをしており、そこで働くうちにサービス業の奥深さに魅了され、ホテルの仕事に興味を持ちました。現在のお店は、記念日やプロポーズなどで利用されることが多いです。そんな特別な日を素敵な思い出で満たすためには、きめ細やかなお手伝いが欠かせません。お客様との事前打ち合わせなど、さまざまな準備をする大変さはありますが、お客様の笑顔をそばで見ることや感謝の言葉をいただけることが何よりもうれしいです。満足いただける接客をするためには、お客様のニーズを汲み取ることや、限られた時間で魅力的な会話をすることが必要です。その基礎をつくってくれたのは、在学中に挑戦したビジネスプランコンテストの経験でした。さまざまな視点で世の中のニーズを考えた経験や、短時間で相手に伝わるようにプレゼンテーション能力を磨き上げたことが役立っています。今後もスキルアップを欠かすことなく、将来的には店舗のマネジメントをできるようになりたいです。株式会社ジェイアール東海ホテルズ藤澤 諒弥 経営情報学部 経営学科 2016年3月卒業(長野県 田川高等学校出身) Graduate'sInterview07CHUBU UNIVERSITY GUIDEBOOK 2023041[就職]進路決定までサポートする徹底したキャリア教育。04

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る