中部大学2023大学案内
60/212

1年次2年次3年次4年次4年間の流れ専門科目を理解するための教養・基礎知識を学ぶ。専門科目を理解するために必要な物理・数学などとともに、建設の基礎を学びます。秋学期からは専門科目の授業も始まり、測量や実験なども行います。創成科目がスタート、専門科目も本格化。自ら考え、問題解決や考察をする少人数制の創成科目がスタートします。また構造や水工、地盤、計画といった実践的な専門知識を学びます。卒業研究を前に、創成・専門科目が深化。専門的な学びの幅と深さを広げつつ、創成科目の授業をとおして卒業研究の準備を進めていきます。各分野の実践的な調査・実習、総合的なデザイン能力も磨きます。卒業研究の総仕上げとより高度な学修。専門分野での卒業研究をとおして学修の総仕上げを行います。また、大学院への進学者については早期履修制度を活用し、より高度な学びを進めます。学科専門教育科目建設一般建設基礎数学 建設応用数学基本製図 測量学講義・実習Ⅰ❶建設技術英語 特別講義測量学講義・実習Ⅱ❶都市情報化実習総合講義 施工法機械工学概論電気工学概論 建築学概論総合工学概論都市建設工学自主活動A❸ 都市建設工学自主活動B❸建設構造構造力学Ⅰ構造力学Ⅰ演習 構造力学Ⅱ鋼・コンクリート構造設計学建設材料建設材料学 建設材料実験コンクリート工学Ⅰコンクリート工学Ⅱコンクリート工学演習維持管理工学都市水工水理学Ⅰ 水理学Ⅰ演習水理学Ⅱ 水道工学河川工学 海岸工学地盤防災土の力学Ⅰ 土の力学実験演習Ⅰ土の力学Ⅱ土の力学実験演習Ⅱ地盤工学 地盤設計学都市環境都市と環境社会システム計画交通システム学 都市計画まちづくり工学 建設環境工学都市防災工学創成科目建設創成工学部門創成A❷ 部門創成B❷卒業研究都市建設工学科ではどんな4年間を送る?測量の基礎的な知識や技術を実習や座学で学びます。実習では実務経験が豊富な技術員の指導のもと、実践的な技術修得や最新機器の操作を行います。曲線測量やドローンを使った写真測量などを行う授業もあります。❶測量学講義・実習Ⅰ・Ⅱ3年次の春学期に行う部門創成Aでは、2つの分野の解析技術を実習や演習形式で学びます。秋学期の部門創成Bでは、10人までの少人数グループでゼミ形式の授業を行い、それぞれの専門分野について学びを深めます。❷部門創成A・B国内外の研修旅行や現場視察、まちづくりワークショップ、セミナーなどへ自主的に参加し、積極的に学びます。これまでに沖縄、中国、ベトナムで研修を行い、いずれも一定時間数を超える活動については単位として認定しています。❸都市建設工学自主活動A・B都市建設工学科ではどんな科目を学ぶ?(上記カリキュラム参照)※紹介しているカリキュラムは、2022年度の内容です。 ※全学共通教育科目・工学部共通教育科目は除きます。058CHUBU UNIVERSITY GUIDEBOOK 2023工学部 都市建設工学科

元のページ  ../index.html#60

このブックを見る