中部大学2023大学案内
81/212

bca〉〉 特色のある取り組み資格取得をサポートするテーマゼミ学修・研究で利用できる「ゼミ専用学習室」コース別履修モデル経営や企業に関連し、就職後に役立つ簿記などの資格取得に向けた少人数の対策ゼミを開講しています。講義形式の授業とも連動しており、弱点克服や学習効果の向上が期待できます。簿記、ITパスポート、リテールマーケティングなどの資格取得を目指すゼミナール。ゼミに所属する学生同士が集う場として、研究室ごとに「ゼミ専用学習室」が設置されています。グループ研究や試験対策など自由に利用でき、主体的な学びが実践できます。各研究室に「ゼミ専用学習室」を完備。学修・研究などで自由に利用が可能。ビジネスパーソンや企業家、会計専門職など理想の将来像に合わせたコースを設置し、コースごとの履修モデルをもとに科目を選択します。より高い専門知識を身につけ、即戦力となる人材を目指します。理想の将来像に合わせたコースでより高い専門知識を身につける。社会連携学習などの科目では第一線で活躍する経営者・担当者を講師に招き、物事の見方や考え方、展望などを学ぶ実践的な内容となっています。【 経営総合学科 】トップレベルの民間企業から直接学び、現場を知る。CAMPUS VIEW 趙 偉 教授  ZHAO Weiプロジェクトに参加して主体的に学ぶことで、学生一人一人が社会人となった自分をイメージし、自分自身を見つめ直すきっかけとなっています。積極的に挑戦して、自分を知り、目指すべき将来像を見つけてください。TEACHER'S VOICEa.企業を訪問してのインタビュー調査。社風や社内の雰囲気を肌で感じることができました。b.企業訪問をとおして得た知識を基に議論を重ね、プロジェクト参加企業の担当者にプレゼンを行いました。c.学生が発表した後は、企業担当者から質問や感想が多数寄せられました。1年次の社会連携の授業では、企業経営者・管理職の方々を講師に招いてのグループ討議・ワークや、企業に赴きインタビュー調査を行いながら、その企業の会社案内を作り上げるプロジェクトで構成しています。自主的な学びにより、問題解決力やコミュニケーション能力、対応力、全容を把握する理解力などを磨くことができます。問題解決力を養い、事業活動を理解する。社会連携プロジェクト079工学部国際関係学部人文学部応用生物学部生命健康科学部現代教育学部経営情報学部 経営総合学科

元のページ  ../index.html#81

このブックを見る