中部大学2023大学案内
9/212

学部内の異なる学科・学問分野の複数教員が共同運営する、持続可能な社会の実現を目指す課題発見・解決型プロジェクト。人文学部5学科のカリキュラムなどから他者・多文化理解にまつわる科目を抽出し構成した、学部独自のグローバル人文教養プログラム。3学科がコラボオムニバス形式で授業を展開英 語日本の情報発信プロジェクト①グローバル社会における国際協力事業の意義②滞日児童との共生を目指して③チョコレートのグローバルヒストリー④国際交流の場で必要となる日本文化の知識日本伝統文化の解説、伝統芸能の実践や実践者へのインタビューの動画を制作、英語の字幕をつけて自国の文化を海外へ発信。②滞日児童が抱える生活面・学習面の問題を理解します。③チョコレートを題材に人・モノの移動・相互作 用・関連性に着目して歴史を捉えます。 出典:Sémhur_CC BY-SA_ 3.0/ウィキメディア・コモンズ④異文化理解の前提として、能楽鑑賞会などをとおして日本文化の知識を蓄えます。①JICAでの国際協力事業の体験談から生きた国際貢献を学びます。学部内学科横断プログラム クロスオーバーSDGsプロジェクト学部内学科横断プログラム グローバルSDGs人文学改革03改革02テーマ例テーマ例理解を深める SDGs ▶理解を深める SDGs ▶学科の枠を超えたクロスオーバーの学び日本語日本文化学科、英語英米文化学科、コミュニケーション学科、心理学科、歴史地理学科の学科の枠を超えた(crossover)学びにより、変動の激しい社会で困難に直面したときに総合的な価値判断ができる力=人間力の育成を目指します。日本語日本文化学科英語英米文化学科コミュニケーション学科実務経験が豊富な外部講師も交えて日本の伝統文化コミュニケーションCHUBU UNIVERSITY GUIDEBOOK 2023007進化する中部大学。007

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る