2022年5月20日

  • お知らせ

中部高等学術研究所の河村公隆客員教授が、2022年度日本地球惑星科学連合フェローに選出

公益社団法人日本地球惑星科学連合(Japan Geoscience Union; 以下JpGU)は、地球惑星科学を構成するすべての分野及び関連分野をカバーする研究者・技術者・教育関係者・科学コミュニケータ、学生や当該分野に関心を持つ一般市民の方々からなる個人会員、地球惑星科学関連学協会を団体会員、事業を援助してくださる賛助会員から構成される学術団体です。(個人会員10,000名以上、団体会員51学協会 2020年11月末現在)

日本地球惑星科学連合フェロー制度は、地球惑星科学において顕著な功績を挙げ、あるいは日本地球惑星科学連合(以下JpGU)の活動に卓越した貢献をされた方をJpGUにおいて高く評価し、名誉あるフェローとして処遇することを目的として設置するものです。

2022年度は河村教授を含めて7人が選ばれました。河村教授の受賞理由は、大気中の極性有機エアロゾル解析法の開発や大気中有機分子の起源や輸送・変質プロセスの解明によるものです。