2022年7月4日

  • お知らせ

2022年夏休み オンライン英語研修 Global at Home

中部大学では夏休みにオンライン研修を実施します。
コロナ禍にも負けず、将来の留学や英語力向上を見据えて学ぶ意欲ある皆さんを応援します。

プログラム概要

 中部大生のためにカスタマイズされたオンライン英語研修
 充実の1対1レッスンと交流アクティビティでGlobal体験

マンツーマンレッスンはすべて担任制。経験豊富なフィリピン人講師が丁寧に指導します。

オンラインで学ぶ学生

フィリピン人講師全員が豊富な経験と英語教授法の資格を持っています。受講者一人ひとりに担任と副担任講師が就くので、弱点をしっかり把握した上で指導します。

受講開始前にレベルチェックテストを受けるので、初心者から上級者まで幅広いレベルに対応しています。

レッスン後は毎日アクティビティ。レッスン内容の相談もできます。

グループレビュー

フィリピン人講師による毎日違った内容のアクティビティを行います。グループで行うので受講者同士で交流ができます。日本人スタッフへレッスンや講師のご相談も可能です。

アクティビティ例

  • ディスカッションやゲーム
  • フィリピンから生中継で街案内
  • フィリピン人ゲストによる講演

日程

最大2つの日程まで受講可能

スタート日はA~Dから選択

日程期間週数定員
A2022年8月15日(月曜日) ~ 8月19日(金曜日)1週間10名
B2022年8月22日(月曜日) ~ 8月26日(金曜日)1週間10名
C2022年8月29日(月曜日) ~ 9月 2日(金曜日)1週間10名
D2022年9月 5日(月曜日) ~ 9月 9日(金曜日)1週間10名

時間割

  朝・夜の2つから選べる時間帯。自分の都合に合わせてレッスンが受けられます。

時間帯1限目
マンツーマン
2限目
マンツーマン
3限目
アクティビティ
 9時00分~9時50分10時00分~10時50分11時00分~11時50分
19時00分~19時50分20時00分~20時50分21時00分~21時50分
  • 受講開始後の変更はできません。

コース

 レッスンは8つのコースから選べます。

一般英語コース

英語で言いたいことや書きたいことを相手に的確に伝えるようにするために必要なスキルを学びます。読む・聞く・書く・話すの4技能を基礎から応用までバランスよく学び、受講者の英語レベルに合わせた授業を受けることが可能です。

講師は受講者の英語習熟度や弱点に合わせてアプローチの仕方を工夫しながら最適化した授業を行います。英文法や表現に間違いがある時は、講師陣が丁寧に指導していきます。

ただ単に英語を話すだけではなく、英語を体系的に学んでいけるよう授業が進んでいくため、短期間でしっかりと成長を感じることのできるカリキュラムとなります。

留学準備英会話コース

海外留学渡航後に出会う様々な状況を再現して実際に使う場面をイメージしながら学べるコースです。ホストファミリーや友人との会話、自己紹介、外出時、緊急時に必要な英語、日本を英語で紹介する練習など実際の留学に行った時に必要となる英語を学ぶことができます。

受講するシーン(一例)

  • 機内・出入国審査で使う英語
  • ホストファミリーとの会話 決まりごとの確認
  • ESLでの自己紹介 家族や学業について
  • 友人との会話 外出に誘うフレーズ
  • 外出時(道の聞き方・交通機関・買い物 )
  • 飲食店 予約や注文方法など
  • 旅行時 観光地・テーマパーク・ミュージアム
  • 緊急時 病院・事件・災害

TOEICテスト対策コース

短期間で TOEIC のスコアアップを実現させるため、時間内でいかに多くの問題を解けるようにするか等の テクニックやコツを徹底的に学ぶコースです。

TOEICに頻出する文法の習得・語彙力の強化等の基礎英語に加え、時間配分や回答するスピードを身につけるためのノウハウも学習します。TOEIC を知り尽くした講師陣が出題傾向の高い単語を重点的に教えてくれたり、自分では把握できない弱点を指摘して明確にしてくれたりすることで効率的に学習することができます。

レッスンはマンツーマンなので、レベルや弱点に合わせて一人ひとりに最適なカリキュラムが組まれます。

プレゼン・アカデミック英語コース

英語で「教科書や文献を読む力」、「レクチャーを聞く力」、「エッセイを書く力」等の、海外の大学等で講義を受けるために必要な力をつけるコースです。プレゼンテーションやディスカッション等、実践的なスキルトレーニングを組み込むことで意見の相違や多様性に対応できる能動的な資質を培い、グローバル社会で通用する「コミュニケーション力」も同時に向上させることを目指します。

海外の大学や外国人のいるグローバルな環境では、異なる常識や多様な価値観を認めた上で自分の意見を伝える力、自ら考えて動き未知の世界でも臆さずに飛び込んでいける行動力等も問われます。その全てが揃って初めてグローバルに通用する人材と言えます。“話せるだけ” でなく、“使える英語力” を目標とします。

フィリピン文化コース

フィリピン文化コースでは、フィリピンの歴史や文化を中心に地理、言語、宗教、教育などを英語でのレクチャー、フィリピン人講師との対話を通して、多面的に学ぶコースです。7,000以上の島々が点在するフィリピンはその島の数だけ伝統や文化があり、多彩です。

また、歴史的な背景からフィリピンの言語や宗教、建築などはスペインやアメリカの影響を強く受けており、東南アジアでは唯一のキリスト教国家でもあります。

さらに、フィリピンは古くから中国と交易をしてきたことで華人も多いなど、多種多様な文化を受け入れることで西欧とアジアが混在する独特な文化を形成しています。2014年には人口が1億人を突破して経済も成長を続けています。

医療英語コース

医療現場で必要とされる英語でのやり取りや基礎的な医療専門用語を学ぶコース です。グローバル化が進む中で看護師や薬剤師など医療従事者も英語を使う機会 が増えています。医療英語コースではロールプレイなどを取り入れて、実践的な 英語コミュニケーション力の向上、外国人患者に対して自信を持って対応できるようになることを目指します。

また、同僚の外国人医療従事者と英語で情報共有、 伝達できることなども目標とします。ロールプレイでは患者役、医療従事者役など役割を決めて、患者から正確に症状を聞き取り、病状や治療法などを説明でき るようになることを目標に様々な症例に合わせて練習します。将来、医療従事者を目指す人、海外でも働いてみたいと考えている方にお勧めのコースです。

STEM英語コース

STEM英語コースでは、Science (科学)、Technology (技術)、Engineering (工学)、Math(数学)に関連するトピックを通して、理系の分野で使われる基礎的な専門英語を学ぶコースです。

世界のグローバル化や情報化が進む中、科学者や技術者には英語が不可欠です。論文など世界の最先端の情報は共通言語である英語で書かれ、情報社会の中で、第一線で活躍していくためには日本語のコンテンツだけでなく、情報収集のスピードや効率を上げるために英語のコンテンツが読めること、世界にむけて英語での情報発信ができることが重要となります。そして、グローバル社会では外国人の同僚や世界中の取引相手と英語でコミュニケーションが取れることは必須といっても過言ではありません。

ビジネス英語コース NEW

グローバルなビジネスシーンにおける実践的なビジネス英語を学びます。実際のビジネスの現場を想定しながら行うケーススタディやロールプレイ、実践的なディスカッションを通してビジネスシーンで必要な英語力やコミュニケーション力を身に付けていきます。相手に失礼のない、より丁寧な表現で会話することを心掛けたコースです。

英語での電話対応、ビジネスメールの書き方といった基礎的な内容から、最終的には英語で正確かつ効果的にビジネスパーソンへ伝えるプレゼンテーションや誤解を生じさせずに商談が行えることを目指します。受講者のレベルや弱点に合わせて一人一人に最適なカリキュラムを組みます。

フィリピンSDGs学習

フィリピンから生中継でSDGs学習教育格差やジェンダー不平等など、フィリピンが抱える社会問題について理解を深めます。

フィリピンの子ども
フィリピンの社会問題を学びます

フィリピンの経済を支えているコールセンターや、教育の現場でもある現地の大学などから生中継をします。フィリピンが抱える様々な社会問題について、現地日本人スタッフが日本語でサポートし、各施設の担当者へ英語でインタビューを行い、その状況や背景を理解します。
中部大生のためだけにアレンジされた持続可能な開発目標(SDGs 目標)の観点から、インプットを目的とした特別研修です。

実施スケジュール

  1. 2022年8月20日(土):SDGs1. 貧困をなくそう(ゴミ山近くに住む低所得者施設)
  2. 2022年8月27日(土):SDGs5.ジェンダー平等の実現(家族のために一生懸命働く女性)
  3. 2022年9月3日(土):SDGs10.人や国の不平等をなくそう(経済成長著しいフィリピン社会の表と裏)
  4. 2022年9月10日(土):SDGs11. 住み続けられるまちづくりを(廃墟した墓地)

実施時間

13時00分 ~ 14時00分 (全日程共通)

  • レッスン開始前・終了後の方でも自由にご参加可能です(複数回可能)。
  • 新型コロナウィルス感染拡大に伴うロックダウンなどの状況により、生中継を開催する場所や日時が変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

受講料

コース通常受講料中部大学による
受講料補助
受講者が負担する
受講料
1週間22,500円17,500円5,000円

受講料補助の条件

  • 出席率が3分の2以上であること
  • 受講態度が良好であること

参加条件、受講に必要なもの

  1. 中部大学の学生であること
  2. ネット接続が可能なパソコンまたはタブレット (スマートフォンは非推奨)
  3. マイクとイヤホンまたはヘッドホン (マイクはパソコン等に内蔵されている場合があります)
  4. Zoom アカウント (無料で取得できます) ◆ Zoom ホームページ新しくウィンドウが立ち上がります

受講までの流れ

2022年6月30日(木)17時00分より申込受付開始です。
申し込みは先着順です。各日程で定員になりしだい応募を締め切ります。

2022年8月15日(月曜日)に受講開始する方(日程A)

  1. 2022年7月22日(金曜日)17時00分までに
    申し込みフォームに入力
  2. 2022年7月25日(月曜日)予定
    受講マニュアル、請求書をメールで受取
  3. 2022年8月4日(木曜日)までに
    事前レベルチェックテストを受験
  4. 2022年8月5日(金曜日)までに
    受講料のお支払い
  5. 2022年8月12日(金曜日)
    レッスン用のURLを受け取り
  6. 2022年8月15日(月曜日)
    URLへアクセスしてレッスン開始
  7. 2022年8月24日(水曜日)までに
    事後レベルチェックテストを受験

2022年8月22日(月曜日)に受講開始する方(日程B)

  1. 2022年7月29日(金曜日)17時00分までに
    申し込みフォームに入力
  2. 2022年8月1日(月曜日)予定
    受講マニュアル、請求書をメールで受取
  3. 2022年8月11日(木曜日)までに
    事前レベルチェックテストを受験
  4. 2022年8月12日(金曜日)までに
    受講料のお支払い
  5. 2022年8月19日(金曜日)
    レッスン用のURLを受け取り
  6. 2022年8月22日(月曜日)
    URLへアクセスしてレッスン開始
  7. 2022年8月31日(水曜日)までに
    事後レベルチェックテストを受験

2022年8月29日(月曜日)に受講開始する方(日程C)

  1. 2022年8月5日(金曜日)17時00分までに
    申し込みフォームに入力
  2. 2022年8月8日(月曜日)予定
    受講マニュアル、請求書をメールで受取
  3. 2022年8月18日(木曜日)までに
    事前レベルチェックテストを受験
  4. 2022年8月19日(金曜日)までに
    受講料のお支払い
  5. 2022年8月26日(金曜日)
    レッスン用のURLを受け取り
  6. 2022年8月29日(月曜日)
    URLへアクセスしてレッスン開始
  7. 2022年9月 7日(水曜日)までに
    事後レベルチェックテストを受験

2022年9月5日(月曜日)に受講開始する方(日程D)

  1. 2022年8月12日(金曜日)17時00分までに
    申し込みフォームに入力
  2. 2022年8月15日(月曜日)予定
    受講マニュアル、請求書をメールで受取
  3. 2022年8月25日(木曜日)までに
    事前レベルチェックテストを受験
  4. 2022年8月26日(金曜日)までに
    受講料のお支払い
  5. 2022年9月2日(金曜日)
    レッスン用のURLを受け取り
  6. 2022年9月5日(月曜日)
    URLへアクセスしてレッスン開始
  7. 2022年9月14日(水曜日)までに
    事後レベルチェックテストを受験

レベルチェック、修了証

スコアシート
修了証

レベルチェック

研修開始前と研修終了後にオンラインのレベルチェックテストを受験します。オンライン英語研修の成果として修了証にレベルアップ指標を記載します。レベルチェックテストの受験時間は、研修前・研修後ともに20分程度です。

修了証

修了証には、レベルチェックの事前事後の結果とともに、出席日数や授業参加の取り組み姿勢・態度、項目別に強みと弱点など各講師からのコメントも記します。

キャンセルについて

お申込み後にキャンセルをされた場合、以下の日程から取消料を申し受けます。

  • 2022年8月15日(月)開始のコース ⇒ 2022年8月 4日(木)17時00分 以降、通常受講料の100%
  • 2022年8月22日(月)開始のコース ⇒ 2022年8月11日(木)17時00分 以降、通常受講料の100%
  • 2022年8月29日(月)開始のコース ⇒ 2022年8月18日(木)17時00分 以降、通常受講料の100%
  • 2022年 9月 5日(月)開始のコース ⇒ 2022年8月25日(木)17時00分 以降、通常受講料の100%
  • 「通常受講料」は中部大学からの補助を含まない額となりますので、22,500円のキャンセル料がかかりますのでご注意ください。

注意事項

  1. レッスンは Zoom Video Communications, Inc. の Web 会議システム Zoom を利用します。有線 LAN または安定した Wi-Fi 環境下で参加することをお勧めします。
  2. 受講者はネット接続が可能な端末(PC・タブレットなど)とヘッドセットを用意してください。
  3. テキスト代金は受講料に含まれます 。
  4. 研修の定員は、各研修日程 10 名となり、全研修日程合計で 40 名となります。
  5. 1 週間の受講期間全て同じレッスン時間割での受講となります。(2 つの日程(2 週間)に申込の場合は、1 週目と 2 週目を別の時間割にて受講することは可能。)
  6. 取消期日は、各申込コース開始日の前日から起算してさかのぼって 11 日目に当たる日の 17 時までとなります。取消期日後のキャンセルは、受講料の全額(1 つの日程に申込の場合:¥22,500 、2 つの日程に申込の場合:¥45,000)が取消料として発生します。(2 つの日程に申込の場合は、1 週目の取消規定が適用となります。)
  7. 受講者への連絡手段は主に Tora-net メールとなります。メールをご確認いただけなかった、または受講者が利用するメールの自動フィルター機能等でメールを受け取れなかったことにより重要な連絡が受け取れなかった場合でも、GIO CLUB ならびに中部大学は一切の責任を負いません。
  8. 大学行事や体調不良でレッスンを欠席する場合、レッスン前日 13 時までに当社所定のフォームへ連絡頂くと別日にてレッスンを振替えます。
     ※個人的都合や未連絡による欠席の場合、レッスン振替は行いません。
  9. レッスン開始後、10 分以上経っても受講者がレッスンに現れない、または通信環境等の問題でレッスンサイトにアクセスができない等の場合は欠席扱いとなります。欠席したレッスンの振替は行いません。
  10. レッスン開始後、5 分以上経っても講師がレッスンに現れない、または講師側の通信環境等の問題でレッスン進行に支障が発生した場合はレッスンの振替を行います。
  11. フィリピン現地において、政情不安、自然災害、通信障害、停電等やむを得ない理由により、レッスンが実施できないことがあります。その場合は、可能な限り、振替レッスンを実施します。
  12. 1つの日程につき同じ講師(担任と副担任)がレッスンを担当します。2 つの日程を受講の場合、可能な限り同じ講師が担当しますが、異なる研修コースを受講の場合や、同じ研修コースを連続せず受講の場合は、担当講師が変更する場合があります。担任が体調不良等の理由で授業に出られない場合は副担任がレッスンを担当します。
  13. 各コース、レッスン初日の開始時間 30 分前に、Zoom 接続や使用方法、テキストのダウンロードなど、日本人スタッフによる受講前オリエンテーションを実施します。2 つの日程を受講する場合は、原則として1つ目の日程の初日のみオリエンテーションにご参加頂きます。

お問い合わせ先

中部大学国際センター

〒487-8501 愛知県春日井市松本町1200 番地
キャンパスプラザ2 階
電話: 0568-51-4694
MAIL: cip-o@office.chubu.ac.jp
https://www3.chubu.ac.jp/international_exchange/
平日 9時00分 ~ 17時00分/土日祝・8月8日~8月15日休業

GIO CLUB 株式会社

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-41-10
アストラーレ名駅7階 オフィスプラス N701
電話: 052-414-4838
MAIL: st-b2b@studyabroad.co.jp
平日10時00分 ~ 18時00分 /土日祝