2022年7月29日

  • お知らせ

SDGs普及啓発教育プログラムの実施に関する連携協定の調印式が行われました

中部大学は、なごや環境大学、愛知学院大学との三者によるSDGs普及啓発教育プログラムの実施に関する連携に関する包括協定を締結しました。2022年7月26日、なごや環境大学の涌井史郎学長、愛知学院大学の引田弘道学長、中部大学の竹内芳美学長が会場である愛知学院大学名城公園キャンパスにおいて、協定書の署名・交換を行いました。

プログラムでは、多角的な切り口からSDGsの達成に貢献するために必要な知識を身につけるとともに、企業やフィールドでの実践例、SDGsを社会に伝えることのできる人材として必要な手法を3つの大学で学びます。プログラムを修了した方には、3大学の修了証を授与するとともに、「なごや環境大学SDGsアソシエイト」に任命され、なごや環境大学をはじめ、様々な場で活躍することができます。

(左から)中部大学、愛知学院大学、
なごや環境大学 各学長
会場は愛知学院大学名城公園キャンパス
(アガルスタワー10階アガルスホール)
挨拶する竹内芳美 中部大学学長