2022年8月5日

  • お知らせ

第2回伊藤早苗賞表彰式を開催(報告)

2022年7月20日に第2回伊藤早苗賞の表彰式が行われました。

本学では、優れた研究業績を挙げた若手女性研究者および女子大学院生を表彰する制度として、2021年度より同賞の表彰を行っています。伊藤早苗賞は、女性研究者の益々の活躍を強く望んでおられた伊藤早苗元中部大学客員教授が2019年7月18日にお亡くなりになり、そのご遺志を受けて、ご夫君である本学の伊藤公孝総長補佐からの多大なるご寄付を基に創設されました。
今年度は、下記のとおり、若手女性研究者部門で2名、女子大学院生部門で1名が受賞しました。

受賞者

若手女性研究部門

  1. 平井芽阿里(国際関係学部 国際学科 准教授)
    研究テーマ:現代沖縄のシャーマニズム再考 学校のフォークロア
  2. 李載姈(工学部 ロボット理工学科 講師)
    研究テーマ:自閉症スペクトラム障害児のためのソーシャルロボットの開発

女子大学院生部門

  1. 江崎 菜々(応用生物学研究科 応用生物学専攻 博士前期課程2年)
    研究テーマ:食品因子による運動効果の補完・代替機能の研究;新たな視点で捉えるアミノ酸混合物と乳酸
伊藤早苗賞受賞式

受賞者の研究紹介は下記動画よりご覧いただけます。

今年度の表彰式は、2022年4月に設置された女性活躍推進室が実施しました。今後も、女性が安心して活躍できる環境づくりを推進してまいります。