中部大学

中部大学

本学と豊山町が連携協定を締結

【2017年9月29日】お知らせ

本学は、愛知県西春日井郡豊山町と連携・協力に関する協定を締結しました。9月29日、豊山町役場で服部正樹町長、本学の石原修学長らが出席し、協定締結式が行われました。

この協定は、豊山町と本学が幅広い分野で相互に連携・協力することにより、地域の発展と人材の育成に寄与することを目的としています。豊山町にとっては、中部大学の人的資源、知的資源を本町のまちづくりの新たな力として、地域活性化につなげることができ、中部大学にとっては、地域を研究フィールドの場として活用したり、研究成果の社会への還元の場とすることができます。大学のイメージアップや認知度の向上を期すこともできます。
特に、本学は、平成30年4月、工学部に宇宙航空理工学科を新設し、航空宇宙産業の生産現場で活躍できる技術者の育成に力を入れることとしています。MRJ最終組立工場などが立地する航空機産業のまちである豊山町との連携により、一層の相乗効果を期待できます。

協定の内容

  1. 豊山町のまちづくり及び地域の活性化に関すること
  2. 知的資源および物的資源の相互活用に関すること
  3. 学校教育、生涯学習、文化振興及びスポーツの進行に関すること
  4. 航空宇宙産業をはじめとする産業の振興に関すること
  5. 学生ボランティア、インターンシップ等の活動及び地域コミュニティの活動に関すること
  6. その他両者が協議して必要と認める事項に関すること
(左から)協定書に署名する服部町長、石原学長

(左から)協定書に署名する服部町長、石原学長

協定書を手に握手

協定書を手に握手

締結式後の懇談会

締結式後の懇談会

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー