中部大学

中部大学

メディアに紹介される中部大学(2018年9月)

【2018年9月30日】

中部大学が新聞やテレビに紹介された情報等を紹介します。(2018年9月1日~9月30日分)

            
日付 メディア 見出し・番組名 掲載者・出演者 備考
9月30日 中日新聞(1面) ノーベル街道実りの季節 あすから発表 今年も候補 山本尚教授(総合工学研究所長、分子性触媒研究センター長)
澤本光男教授(総合工学研究所)
山本教授と澤本教授は共にノーベル化学賞候補と目されている
産経新聞 ノーベル賞、今年は…2年ぶり日本人期待
9月30日 埼玉新聞 TV会議による高大連携授業~透明標本づくりを実施~ 長谷川浩一准教授(環境生物科学科) 25日、長谷川准教授らは、テレビ会議システムを活用して埼玉平成中学・高校の生徒たちに、「魚の透明骨格標本」作成実験の授業を行った
9月28日 朝日新聞(経済) (視点)
車関税ゼロできるか焦点
細川昌彦・中部大特任教授
細川昌彦特任教授(中部高等学術研究所) 細川特任教授が日米首脳会談で二国間による「物品貿易協定(TAG)」の締結に向け、関税協議を含む新たな通商交渉に入ると合意したことに対してコメント
9月28日 日経産業新聞 (科学記者の目)
中部大・山本教授 ノーベル賞級成果 有機化学、医薬に応用狙う
山本尚教授(総合工学研究所長、分子性触媒研究センター長) 有機化合物の原子を精密につなぐ技術への関心が高まり、山本教授の成果に注目が集まっている。山本教授は有機化学で最も権威がある賞のひとつ「ロジャー・アダムス賞」を受賞し、ノーベル化学賞への期待も大きい
9月27日 朝日新聞(科学) (科学)
ノーベル賞今年は誰に 来月1日から発表 日本勢の受賞は
澤本光男教授(総合工学研究所) 高分子材料の精密な合成に関する研究で国際的な賞ベンジャミン・フランクリン・メダルを受賞した澤本教授もノーベル賞候補として有力
9月27日 朝日新聞 地元回帰狙い、中部大と連携
中津川市が協定
石原修学長、青山節児中津川市長 本学と岐阜県中津川市が連携協定を締結
9月26日 中日新聞(尾張版) 世代超え鉄ちゃんの聖地に 一宮の鉄道模型カフェ10周年 鉄道研究会 2008年、愛知工業大学と中部大学の鉄道研究会の協力を得て、ジオラマを製作
9月25日 岩手日報 (識者談話)
中間選挙向け成果が鍵
中部大・細川昌彦特任教授 日米貿易協議
細川昌彦特任教授(中部高等学術研究所) 細川特任教授が日米貿易協議に対してコメント
9月23日 読売新聞(くらしサイエンス) (サイエンスOpinion)
自然科学 今年も有力
澤本光男教授(総合工学研究所) 高分子材料の精密な合成法を開発した澤本教授もノーベル賞候補として有力
9月20日 中日新聞(中農版) コウゾ生産性向上 岐阜大生らが見学 美濃・森林研で就業体験 応用生物学部3年の木下さん 岐阜大学の3人と本学の木下さんが美濃市曽代の県森林研究所でインターンシップ
9月19日 東京新聞 鉄の街 中国たたき支持
中部大特任教授 細川昌彦氏に聞く
細川昌彦特任教授(中部高等学術研究所) 細川特任教授が米中摩擦の背景や日本への影響を語る
中日新聞(経済) 米中摩擦「経済冷戦」に
経産省OB・中部大特任教授 細川昌彦氏に聞く
9月19日 中日新聞(愛知) 学校、教員の応援団結成 一宮の森さん 財界人らに声掛け 代表理事 山本尚教授(総合工学研究所長、分子性触媒研究センター長)、発起人 武田邦彦特任教授(総合工学研究所) 「愛知県学校・教員応援団」メンバーに山本教授、武田特任教授も。会長はトヨタ自動車の張富士夫相談役
9月19日 岐阜新聞 森林管理に理解深める 学生4人 県森林研でインターン 本学の木下さんがコメント 岐阜大学と中部大学の学生が参加
9月18日 毎日新聞(スポーツ、愛知) 東海学生剣道
中京大が優勝
剣道部 準優勝は中部大学
上位7校が全日本学生剣道優勝大会に出場
9月17日 中日スポーツ、中日新聞(スポーツ) 愛知大学野球第3週第1日
名城、中部大が先勝
硬式野球部 本学は計11安打と打線が活躍し、9-2で東海学園大学に完勝
9月16日 中日新聞(教育) (NIE講座)「新聞の力」実感する学習法(上)
辞書で言葉調べよう 愛知教育大学非常勤講師・市川正孝先生
深谷圭助教授(現代教育学科) 深谷教授が提唱する「辞書引き学習法」をベースに市川先生が新聞に応用
9月16日 日本経済新聞 飼育ゴリラ、免疫力弱く
中部大など 腸内細菌を野生と比較
牛田一成教授(創発学術院) ゴリラの生存能力、動物園飼育より野生が勝ることを発見 ─野生型腸内菌移植で絶滅危惧動物の野生への復帰に期待─
9月15日 中日新聞(愛知総合) 大幸財団助成先研究13件決まる 中山紀子教授(国際学科) 中山教授の「名古屋商業地域の新規流入外国人・異質文化の受容とコミュニティ創生―大須商店街を範例として」が助成を受ける
9月14日 中日新聞(近郊) ノーベル賞期待 中部大 山本教授
化学研究の成果紹介
山本 尚教授(総合工学研究所長、分子性触媒研究センター長)牛田一成教授(創発学術院) 13日本学で、ノーベル化学賞の受賞候補として注目される山本教授が報道関係者向けに講演、研究成果を紹介。腸内細菌研究の第一人者の牛田教授も研究成果を発表。
9月13日 中日新聞(県内版) 「けんせつ小町」躍る現場に 就職希望の女性支援 県や企業 伊藤さん(中部大学3年) 大規模商業施設建設に携わるのが夢という伊藤さんはインターンシップで4カ月間、名古屋市の現場で指導を受けた
9月13日 中日新聞(近郊) 石巻の食文化次代に
中部大教授ら料理本出版 現地の小学校に配布
小川宣子教授(食品栄養科学科)佐々井真知講師(歴史地理学科) 小川教授ら7人の共著。今回の出版は『たべる つくる 石巻』で春夏版。来年には秋冬版も刊行予定。伝統ある食文化の継承と地域復興の支援を目指している。佐々井講師の翻訳した英語レシピも添付。
9月12日 朝日新聞(教育) 教育 ひらけ!進・新・針路
新鮮なふん 追い求めて
出会いは挑戦 再現できない
中部大学創発学術院 牛田一成教授
牛田一成教授(創発学術院)、土田さやか創発学術院特定講師 ゴリラの生存能力、動物園飼育より野生が勝ることを発見 ─野生型腸内菌移植で絶滅危惧動物の野生への復帰に期待─
9月12日
(告知)
CCNet(中部ケーブルネットワーク) 9月12日17:40~「エリアNOW」
※再放送は同日の17:50~、21:40~、21:50~、23:40~、23:50~
ちゅとら 「ゆるキャラ®️グランプリ2018」にエントリーした中部大学公式マスコットのちゅとらを応援しようと紹介
9月10日 NHK名古屋放送局 9月10日18:10-19:00「まるっと!」 松村亜矢子講師(生命健康科学部)、本学学生 アーティスティックスイミングの取り組みについて紹介される
9月9日 日本経済新聞 豊かな森で細菌多様に 京大など テングザルの胃を観察 松田一希准教授(創発学術院) テングザルの太鼓腹に共生する細菌叢を初解明 ―豊かな森は、サルのおなかの菌も豊かにする― (松田一希准教授らの国際共同研究グループ)
9月9日 産経新聞 (日曜経済講座)
NAFTAから透ける日米交渉
中部大特任教授・細川昌彦
細川昌彦特任教授(中部高等学術研究所) 細川特任教授が北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しをめぐる米国とカナダの協議に対してコメント
9月6日 日刊産業新聞 エコロジスト支援協会 大同特などで企業緑地体験 企画には中部大学など、地域の学生で構成する命をつなぐPROJECT学生実行委員も参画
9月3日 中日スポーツ
中日新聞(運動)
7番風岡が先制打 中部大1勝1敗に 硬式野球部 愛知大学野球第1週第2日
本学は風岡壮汰内野手の右前適時打などで一挙4点先制。その後も追加点を挙げ、8-4で愛知大を下し、1勝1敗として3回戦に持ち込んだ。
9月3日 中日新聞(尾近知総合) 健康救急フェス 8100人来場し学ぶ 春日井 中部大学生 2日、春日井市の「2018健康救急フェスティバル」で本学学生が来場者の食事の栄養バランスをチェック
9月2日 毎日新聞(愛知) まち探訪 高蔵寺ニュータウン編(4)押沢台
ブラブラまつりで交流
豊田洋一教授(建築学科) ブラブラまつりは、豊田教授が押沢台北町内会長だった2012年に提案した。住民が自宅を開放して交流している。昨年4月からは豊田教授の呼びかけで月1回の「ブラっとカフェ」も始まった
9月1日 毎日新聞(愛知) まち探訪 高蔵寺ニュータウン編(3)NT全域
中部大生 暮らして貢献
中部大学KNT創成サポーターズCU+の学生 中部大生が「地域連携住居」の制度を利用し、高蔵寺ニュータウンの賃貸住宅に住んで通学している。サポーターズの八木さん、辻合さん、金城さんが取材に応えた
9月1日 中日新聞 愛知大学野球秋季リーグ きょう開幕 硬式野球部 中部大学は長打力のある中川、春に首位打者となった水野、左腕野村、春に最優秀防御率賞を獲得した山内、今井と多彩、活躍が期待できる

◆は外部のWebページ。

 
 
 

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー