中部大学

中部大学

本学と岐阜県中津川市が連携協定を締結

【2018年9月21日】お知らせ

中部大学は岐阜県中津川市と包括連携協定を締結しました。9月21日、中津川市役所で青山節児中津川市長、片田毅定住推進部長、安江裕之商工観光部長、本学の石原修学長、太田明徳副学長、西川鉱治大学事務局長らが出席し、協定締結式が行われました。

本学の中津川市出身の在籍学生数は2018年5月1日現在で91人。中津川市は平成30年度の重点施策の一つとして若者の地元回帰・移住定住の促進に取り組んでおり、今後、業界研究会の実施等、連携事業を進めていく予定です。


連携協定の内容

  1. 地域活性化に関すること
  2. 地域産業の振興に関すること
  3. 地域文化の振興に関すること
  4. 教育及び人材育成に関すること
  5. 健康、医療及び福祉の充実に関すること
  6. 前各号に掲げるもののほか、相互に連携協力する必要があると認められる事項に関すること

(左から)協定書に署名する青山市長、石原学長

(左から)協定書に署名する青山市長、石原学長

協定書を手に握手

協定書を手に握手

 

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー