中部大学

中部大学

メディアに紹介される中部大学(2019年2月)

【2019年2月28日】

中部大学が新聞やテレビに紹介された情報等を紹介します。(2019年2月1日~2月28日分)

日付 メディア 見出し・番組名 掲載者・出演者 備考
2月26日 中日新聞(夕刊) (紙つぶて)
逆から考える面白さ 山本 尚
山本尚教授(総合工学研究所長、分子性触媒研究センター長) 山本尚教授の中日新聞夕刊コラム「紙つぶて」
2月26日 中部経済新聞 金属加工シミュレーション技術講演会 来月6日にあいち産業科学センター 石川孝司教授(機械工学科) 石川教授は「塑性加工とシミュレーション」をテーマに講演
2月26日 中部経済新聞 無農薬キクラゲの新商品発売
ホンダロジコム 中部大、食品メーカーと共同開発
本学とホンダロジコムの産学連携プロジェクトで新商品やレシピ開発を進める
2月24日 中日新聞(西濃版) ロボット、AI、人間の未来
中部大の大日方教授解説
大日方五郎教授(ロボット理工学科) 16日、岐阜県揖斐郡大野町総合町民センターで大日方教授が「ロボットにとって簡単な仕事、難しい仕事―AIを頭脳に持つロボットは人を超えられるか?」のテーマで講演
2月23日 毎日新聞(愛知) 大学での受動喫煙防止へ
中部大で講演会
22日、本学で、大学での受動喫煙防止対策について学ぶ講演会を開催、講師は産業医科大学の大和浩教授
2月22日 静岡新聞 佐鳴湖水質 維持へ CODは国基準超「異臭、問題なし」
中区で浄化委
松尾直規教授(都市建設工学科) 21日、佐鳴湖浄化対策専門委員会(委員長・松尾教授)の第2回会議を県浜松総合庁舎で開催
2月22日 日刊工業新聞 (科学技術・大学)
冷間スポット鍛造で接合
異種金属 中部大が新技術
石川孝司教授(機械工学科) 冷間スポット鍛造での異種金属接合技術を開発
2月22日 毎日新聞 ミッドランド毎日フォーラム:「米中貿易戦争、長期化の恐れ」
細川・中部大特任教授が講演
細川昌彦特任教授(中部高等学術研究所) 21日、細川特任教授が「米中貿易戦争の行方と日本企業」と題して講演
2月19日 中日新聞(夕刊) (紙つぶて)
コーヒーと野依先生 山本 尚
山本尚教授(総合工学研究所長、分子性触媒研究センター長) 山本尚教授の中日新聞夕刊コラム「紙つぶて」
2月19日 日本経済新聞(中部経済) 障害者が生産のキクラゲ試食会 ホンダロジコム 本学はホンダロジコムとの産学連携プロジェクトの一環で、商品開発に参加
2月19日 中日新聞(愛知) 滑る楽しさ伝え40年 東海学生基礎スキー連盟 きょうから節目の大会 基礎スキー部 本学をはじめ県内12大学のスキー部や愛好会が東海学生基礎スキー連盟に加盟。
2月18日 中日新聞(尾近知総合) 名古屋・姉妹デュオ
中部大でバイオリン
16日、第86回中部大学キャンパスコンサート
2月16日 中日新聞(なごや東版) 大規模イベント 安全確保へ連携 県森林公園 尾張東部の関係機関訓練 15日、尾張東部地区メディカルコントロール協議会を中心とした合同訓練が県森林公園運動広場で開催され、本学も参加
2月15日 中日新聞(県内総合版) シニアの暮らしの焦点 高蔵寺ニュータウン未来展 3月16・17日「軽食付き!新聞キリバリ座談会」を中部大生ボランティアが手助け
2月12日 中日新聞(夕刊) (紙つぶて)
フィーリング型の強み 山本 尚
山本尚教授(総合工学研究所長、分子性触媒研究センター長) 山本尚教授の中日新聞夕刊コラム「紙つぶて」
2月10日 中日新聞(岐阜版) 「持続可能な開発」東海3県も目標を 構想発表 ネットワーク設立へ 中部ESD拠点協議会代表の飯吉厚夫理事長、同事務局長の古澤礼太准教授(国際ESDセンター) 2日、名古屋キャンパスで開催の「SDGsフォーラム」で、SDGs東海3県版をつくり、目標達成を目指すことを、参加した市民らに説明
2月8日 鉄鋼新聞 アルマックスと中部大
アルマイト処理時の副生水素回収・精製設備を開発
成田吉徳教授(エネルギー変換化学研究センター長) 成田教授らは「知の拠点あいち重点研究プロジェクト(2期)」において金属製品の表面処理過程で発生する副生水素回収・精製設備を開発
2月7日 水道産業新聞 63ミリ対応へ治水施設整備、名古屋市、総合排水計画改定案明らかに 松尾直規教授(都市建設工学科) 松尾教授を座長とする有識者懇談会で市の総合排水計画改定案の議論を深めてきた
2月6日 中部経済新聞 学生と連携し木製ベンチ作り 県全国植樹祭推進室 中部大学ら7大学の学生で組織する「MOKKO」のメンバー5人が、第70回全国植樹祭に設置する木製ベンチを試作
2月6日 建通新聞(中部版) 行政や建設関係者100人 街づくり講演会 福井弘道教授(中部高等学術研究所長、国際GISセンター長) 1日、福井教授が「街づくり講演会2019」で講演、テーマは「災害に強いまちづくりを考える~安全な土地、気候変動への適応、GIS を切り口にして~」
2月6日 中日新聞(広域三重) 国連目標へ新組織を SDGs 4月目指し名古屋で集会 中部ESD拠点協議会代表の飯吉厚夫理事長、同事務局長の古澤礼太准教授(国際ESDセンター) 2日、名古屋キャンパスで開催の「SDGsフォーラム」で、SDGs東海3県版をつくり、目標達成を目指すことを、参加した市民らに説明
2月5日 新日本海新聞(東部版) 大和堆「神経使う海域」好漁場も危険隣り合わせ 漁船連行 加々美康彦教授(国際学科) 海洋政策を専門とする加々美教授は「ここは漁業者もかなり神経を使う海域」と指摘
2月5日 中日新聞(夕刊) (紙つぶて)
基礎研究とは何だろう 山本 尚
山本尚教授(総合工学研究所長、分子性触媒研究センター長) 山本尚教授の中日新聞夕刊コラム「紙つぶて」
2月4日 日刊工業新聞 岐阜県瑞浪市と連携協定
中部大学
1月9日、本学で連携協定締結式
2月3日 中日新聞(県内総合版) 東海3県版SDGsを 構想発表 ネットワーク今春発足へ 中部ESD拠点協議会代表の飯吉厚夫理事長、同事務局長の古澤礼太准教授(国際ESDセンター) 2日、名古屋キャンパスで開催の「SDGsフォーラム」で、SDGs東海3県版を目指すことを、参加した市民らに説明
2月3日 朝日新聞(経済) (先端人)
宇宙用ナビ 実現めざす 衛星測位
中部大准教授 海老沼拓史さん
海老沼拓史准教授(宇宙航空理工学科) 海老沼准教授は小型衛星やロケットに乗せ、過酷な環境でも安定して動くGNSS受信機の開発に挑む、めざすは「宇宙用ナビシステム」
イプシロンロケット4号機による革新的衛星技術実証1号機が打上げ成功 ―海老沼拓史准教授(宇宙航空理工学科)が開発した超小型宇宙機用GNSS受信機が搭載―
2月2日 岐阜新聞 生徒が蜜蜂開発、成果紹介、恵那農高が研究発表会 えごまみそも販売 本学と連携した実験を、食品科学科のグループの生徒らが「花咲かみつばちプロジェクト みつばちとともに里山の調査・保全・活用」と題して発表
2月1日 中日新聞(東濃総合版) 中津川の企業が中部大で説明会
包括協定 基に初
本学学生30人が参加 1月16日、本学と中津川市との協定締結後初めての中津川市業界研究会を開催。
本学と岐阜県中津川市が連携協定を締結

◆は外部のWebページ。

 
 
 

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー