中部大学

中部大学

国際的な自動運転チャレンジ「CARLA AD Challenge 2019」で本学の出場チームがTrack4で第3位に

【2019年7月12日】

国際的な自動運転チャレンジの大会「CARLA AD Challenge 2019」で、本学の機械知覚&ロボティクスグループ(MPRG)が、Track 4で第3位になりました。

出場したのは、村瀬卓也さん(情報工学科3年)、鈴木貴大さん(同4年)、繆継樹さん(大学院工学研究科情報工学専攻博士前期課程1年)と、藤吉弘亘教授(ロボット理工学科)、山下隆義准教授(情報工学科)、平川翼特任助教(中部高等学術研究所)。

本チャレンジは、カメラやGPS、地図などの入力情報が異なる4つの部門があり、69チームが参加し、スタートからゴールまで自律走行することを目的としています。

Track 4は、走行している自動車や歩行者、障害物情報が与えられた中で自車が衝突回避しながら自律走行する部門です。その他の部門にもチャレンジし,Track 1では6位、Track 2では5位になりました。

MPRGは、これまで培ってきたAIによる歩行者検出などの画像認識技術を組み合わせて、自動運転支援に関連する研究を加速させていきます。

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー