中部大学

中部大学

第1回「寿命」研究会

【2014年6月12日更新】中部高等学術研究所

中部高等学術研究所が新しい研究会を始めます

  中部高等学術研究所では、新しい研究会「寿命――無限か再生か」に着手することになりました。この研究会では、毎回、専門家から「寿命」をテーマにした話題を提供してもらい、さまざまな分野の討議者によるディスカッションを行う予定です。これまで研究所が開催してきた「共同研究:はかる――はかりはかられる人と世界」や「春日井コモンズ研究会」のように、自然科学系や社会科学系、人文系の研究者が集い、「文理融合」について思いをめぐらせながら、研究所の中期目標である「学問の再構築」への道をさぐりたいと考えています。研究会の趣旨につきましては添付の趣意書をご参照ください。世話人を務めるのは長島昭、白幡洋三郎、玉田敦子です。

  つきましては第1回研究会を7月9日に開催いたします。初回は下記のように、3人の世話人がシンポジウム形式で話題提供をいたします。お忙しいところ誠に恐縮に存じますが、ご参加をいただければ幸いでございます。
長島昭、白幡洋三郎、玉田敦子

◇日時 7月9日(水曜日)15時30分~18時00分
◇会場 中部大学リサーチセンター1階
      知の統合基盤デジタルアース研究センター
      (JR中央線 神領駅下車、スクールバスあり)

◇プログラム(敬称略)
「寿命をめぐって」
15:30  長島 昭 (中部大学中部高等学術研究所 客員教授)
16:00  玉田 敦子 (中部大学人文学部・中部高等学術研究所 准教授)
16:30  白幡 洋三郎 (中部大学人文学部特任教授)
17:10 - 18:00 討議


※準備の都合上、ご出席の場合は6月25日(水曜日)までに下記までご連絡お願い申し上げます。

出席ご連絡およびお問合せ先:
  中部大学中部高等学術研究所
  487-8501 愛知県春日井市松本町1200
  TEL:0568-51-4485(内線5712, 5709)
  FAX:0568-51-4736
  E-mail:chukoken@office.chubu.ac.jp

【趣意書】寿命研究会(PDF形式:約121KB)

 
 
 

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー