中部大学

中部大学

シンポジウム「デジタルアースの利用事例からデジタルアース構築の課題を考える」

【2016年12月5日更新】

持続可能な発展のためのデジタルアース~Implementation of Digital Earth~

文部科学省 平成24年度採択私立大学戦略的研究基盤形成支援事業『デジタルアース(俯瞰型情報基盤)による「知の統合」の研究拠点の形成』の最終年度の総括として、3回にわたり連続シンポジウムを開催します。その第2回です。

ぜひご参加ください。

日時

2016年12月14日(水曜日) 13:00~17:00

場所

中部大学 リサーチセンター2階 大会議室

プログラム

1 「デジタルアースの利用事例からデジタルアース構築の課題を考える」のねらい

知の統合基盤デジタルアース研究センター長 福井弘道 

2 デジタルアースのESDへの利用 

Griffith University 教授 Cheryl Desha

3 デジタルアースの災害・環境への利用-デジタル台風、エレクトリカルジャパンの経験から

国立情報学研究所 准教授 北本朝展

4 デジタルアースの持続可能な開発目標への利用

International Center for Remote Sensing Education 代表 Timothy Foresman

参加お申し込み

下記問い合わせ先へ、メール・FAX・お電話にてお申し込みください。

お問い合わせ先

中部大学 知の統合基盤デジタルアース研究センター
e-mail: gis@office.chubu.ac.jp
電話: 0568-51-9959
FAX: 0568-51-4736
HP: http://gis.chubu.ac.jp/

デジタルアース・シンポジウムちらし(PDF形式:約1.6MB)

 
 
 

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー