中部大学

中部大学

問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 平成29年度成果報告会

【2018年1月25日更新】中部高等学術研究所

共同研究の成果を報告します

2014年4月、中部大学国際GISセンターは文部科学省より「問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点」として認定を受けました。

当センターでは様々な分野の人との共同研究を通し、社会が直面する問題複合体への解決に向けたデジタルアース研究を進めてまいりました。
今回のシンポジウムでは、その共同研究の成果をご報告いたします。ぜひご参加ください。

日時

2018年3月1日(木曜日) 9時30分~17時00分

場所

中部大学 リサーチセンター2階 大会議室

プログラム

開会挨拶 中部大学副学長 竹内芳美

1 拠点の今年度活動概要説明

中部大学国際GISセンター長 福井弘道

2 研究課題報告・第一部(継続課題)

※発表順序は変更になる可能性があります。

2-1:防災・減災情報のデジタルアースへの投入と利用サービス

  • 「地震災害予測のための地球観測データのデジタルアースへの適用―プレート境界への適用―」
    研究代表者・発表者:長尾年恭(東海大学 海洋研究所)

1-1:リアルタイム・センシングデータ統合手法およびデータ標準モデル開発

  • 「普及型フィールドセンサによる OGC 標準データの災害情報サービスへの提供の研究」
    研究代表者・発表者:保科紳一郎(鶴岡工業高等専門学校)
  • 「ドローン空撮写真を利用したモモ樹の整枝・剪定効果の評価」
    研究代表者・発表者:郭威(東京大学 農学生命科学研究科 特任助教)

1-2:基盤データ構築および分析・不確実性可視化手法

  • 「都市計画情報を考慮したミクロな将来世帯数の推計手法の構築」
    研究代表者・発表者:仙石裕明(東京大学空間情報科学研究センター)

1-3:サイエンス・コミュニケーション・システム開発

  • 「生物の地域分布可視化」
    研究代表者・発表者:小檜山賢二(慶應義塾大学 SFC研究所)
  • 「市民からの環境ガバナンス」
    研究代表者・発表者:中村秀規(富山県立大学 工学部)
  • 「災害時など非常時における一般市民の行動の最適化条件:日常と非常時」
    研究代表者・発表者:梅垣理郎(慶應義塾大学 総合政策学部)
  • 「マインドクライメートの科学的調査方法の開発」
    研究代表者・発表者:上野ふき(中京大学 工学部)

1-4:ビッグデータ解析

  • 「複合的な自然環境便益の時空間評価に関する基礎的研究」
    研究代表者・発表者:林希一郎(名古屋大学 未来材料・システム研究所)

2-1:防災・減災情報のデジタルアースへの投入と利用サービス

  • 「地震リスク評価のための活断層とその直近の建物の小型UAV低空空撮」
    研究代表者・発表者:研究代表者・発表者:井上公(国立研究開発法人防災科学技術研究所 社会防災システム研究部門)

2-2:環境、エネルギー情報のデジタルアースへの投入と利用サービス

  • 「湧水湿地のデータベース構築に向けた研究ーケーススタディとして瑞浪市と可児市におけるUAVリモートセンシングによる湿地環境解析と健全度評価」
    研究代表者:富田啓介(愛知学院大学 教養部)・発表者:㈱テイコク 空間計測部 水野歩未
  • 「環境・エネルギー分野における市民によるデジタルアースアーカイブの実証的研究開発」
    研究代表者: 渡邉英徳(首都大学東京システムデザイン学部) 発表者: 田村賢哉(NPO法人伊能社中)

一般研究課題

  • 「時空間分析を用いた都市成長管理のための持続可能性アセスメント予測評価手法」
    研究代表者・発表者:柴田裕希(東邦大学 理学部)
  • 降雨現象の統計的性質に対する地域・季節特性
    研究代表者・発表者:佐々木真(九州大学 応用力学研究所)

    昼食・休憩(11:21~12:30)
    ポスターセッション(12:30~13:30, 21号館1階 ラウンジスペース)

3 研究課題報告・第二部(新規課題)

1-3:サイエンス・コミュニケーション・システム開発

  • 「平成期の日本の自然災害に関する新聞報道の定量的な分析と地理空間上の報道分布に関する研究」
    研究代表者・発表者:酒井信(文教大学 情報学部メディア表現学科)

1-4:ビッグデータ解析

  • 「東日本大震災後の被災地の復興状況と将来の減災に関する研究」
    研究代表者・発表者:遠藤教昭(岩手大学 人文社会科学部)
  • 「デジタル電話帳を活用した空き家分布推定手法の開発」
    研究代表者・発表者:秋山祐樹(東京大学 空間情報科学研究センター)

2-2:環境、エネルギー情報のデジタルアースへの投入と利用サービス

  • 「無人航空機を用いた緑の回廊プロジェクト地域(ギニア)での森林測量と植林の地理モデル解析」
    研究代表者・発表者:森村成樹(京都大学 野生動物研究センター)

    休憩(14:48~15:00)
  • 「市民と行政の健康・環境コミュニケーションツールとしてのウォーキング環境の可視化―都市の熱環境に着目して」
    研究代表者・発表者:尾崎平(関西大学 環境都市工学部)
  • 「ドローンを活用した、デジタルアース環境基盤データとしての絶滅危惧動物の生態調査」
    研究代表者・発表者:渡辺信(琉球大学 熱帯生物圏研究センター)

2-3:その他持続的発展に関する情報のデジタルアースへの投入と利用サービス

  • 「SDGsを地域で実現するローカルアジェンダの作成」
    研究代表者:金子正美(酪農学園大学 環境共生学類) 発表者:有坂美紀(RCE北海道道央圏)
  • 「アジアにおける持続可能な開発目標(SDGs)の市民参加による政策・評価方法にかかる研究」
    研究代表者・発表者:野田真里(茨城大学 人文社会科学部)

4 共同利用委員会委員 講評

北本朝展 国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 准教授
柴崎亮介 東京大学 空間情報科学研究センター 教授
二宮正士 東京大学 生態調和農学機構 特任教授
盛岡 通 関西大学・大阪大学 名誉教授
山口 靖 名古屋大学大学院 環境学研究科 教授
増田耕一 首都大学東京 客員教授
林 良嗣 中部大学 総合工学研究所 教授


閉会挨拶 中部大学国際GISセンター長 福井弘道

参加お申し込み

下記問い合わせ先へ、メール・FAX・お電話にてお申し込みください。

お問い合わせ先

中部大学 中部高等学術研究所 国際 GIS センター
e-mail: de_collabo@office.chubu.ac.jp
電話: 0568-51-9959
FAX: 0568-51-4736
HP: http://gis.chubu.ac.jp/

成果報告会ちらし(PDF形式:約17.3MB)

 
 
 

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー