中部大学

中部大学

第3回学術レクチャー「限りある自然資源を将来世代に残すために:環境経済学が提言する資源の循環利用」

【2018年6月1日更新】創発学術院

日時: 7月23日15:30~17:00
場所: クリエイティブラボB(不言実行館5階)
講師: 細田衛士 (慶應義塾大学経済学部教授、創発学術院客員教授)

概要:現在人間は自然資源を非持続可能な方法で採取し浪費している。このままだと将来世代に適正な量の自然資源を残すことができないかもしれない。また、資源採取の方法も環境破壊的であることが多く、将来世代が引き継ぐ地球は灰色の地球となる恐れもある。こうしたことを防ぐためには、経済活動を支える制度的枠組みを改革する必要がある。この講義では環境経済学的な立場から、どのような制度的な枠組みを作り上げるべきなのかについて論じる。そして、市場経済のメリットを生かしつつ持続可能な資源利用を実現する制度的政策について展望を与える。特に資源の高度な循環利用についての環境経済学的な考え方を提示したい。

★要申し込み★
申し込みはこちらから
https://docs.google.com/forms/d/1k9Njq-lu13XC2QIW0aGzSTsuejgunWkvW13f2QIUn3c/

第3回学術レクチャー案内(PDF形式:約162KB)

 
 

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー