中部大学

中部大学

【学生の皆さんへ】授業開始に関する対応とお願い

【2020年4月27日更新】お知らせ

学生の皆さんへ

学長 石原 修

授業開始に関する対応とお願い

国や県が発出している緊急事態宣言を受けて、本学では教育の確保と感染防止を全学的に取り組んでいます。感染防止のためには、大学構内だけではなく、学生の皆さんの生活においても「三つの密(密閉、密集、密接)」を徹底的に避けることが必要です。大きな負担をかけることになりますが、以下の事項を遵守し、この重大な危機の回避と教育の確保のためにご協力をお願いします。なお、今後の状況によっては、変更がある場合があります。

1) 授業に関すること

学生全員

5月7日から授業開始です。講義による授業は、当面の間、ICT等を用いた遠隔授業になります。基本的にはTora-Netの環境下にあるCoursePower等を利活用した授業運営になります。

学生の皆さんは、担当教員からTora-Netメールで届く授業科目に関する情報を見落とさないように注意してください。授業では、教員からの情報を受けるのみではなく、今まで以上に積極的に授業に取り組むように心がけてください。

なお、一部の実験・実習・実技科目などの授業科目で対面でしか実施できない科目は、授業も遠隔でできる部分とそうでない部分に分けて考えています。導入は遠隔授業となりますが、担当教員からの情報に注意して受講するようにしてください。

本学以外での臨地実習や教育実習などは、担当教員からの指示に従ってください。

新入生のみ

2020年度春学期については、新入生の皆さんが所属する学科が定めた授業科目についてのみ受講することになります。新入生の皆さんは、Tora-Netにログインして自身が受講する受講科目を時間割にて確認してください。また、各科目がどのような遠隔授業の方法を用いるかは、各授業担当教員から通知されますので、毎日Tora-Netメールを読む習慣を身に付けてください。

関連リンク

2) 教科書に関すること

すでにホームページで案内していますが、授業で使用する教科書等は、丸善雄松堂のホームページに開設される本学学生専用サイトで、できる限り早く受講する全ての科目について一括して注文してください。その後、指定の方法で入金してください。入金確認後に指定住所へ配送されます。送料は大学が負担します。

教科書等は、授業科目と担当教員によりそれぞれ指定されています。乱丁や落丁以外は返品ができませんので、くれぐれも間違えないように注文をしてください。

なお、教科書が手元に届くまでは、授業担当の先生方による指示に従って受講するようにしてください。

3) ネット環境について

WiFiなどネット環境が整っていない学生に限り、学内での通信環境の使用を特別に認めます。登校して学内で指定された講義室で受講するようにしてください。利用できる講義室は、別途案内します。講義室の利用者は、入室前の手洗いと消毒、マスクの着用、公共交通機関利用時の注意事項等を守り、十分な感染防止措置と健康管理を徹底して行うように努めてください。

4) 体調管理について

授業がないまま長期間の休校となり、外出もままならない状況に学生の皆さんの体調管理はとても大変だと思います。授業開始後も慣れない遠隔授業にストレスがたまることかと思います。学生の皆さんは、規則正しい生活リズムを確立し、適度な運動とバランスの取れた食事を心がけてください。

また、学生サポートセンター(旧コモンズセンター)では、Webによる面談を開始しました。詳細は、同センターホームページに掲載しています。大学生活に不安や質問がある皆さんは、活用してください。

5) 大学としての基本的な取り組み

本学園では以下のとおり「行動指針」を定め、学生、教職員に注意喚起をしています。

【行動指針】
これ以上の感染拡大を起こさせないよう学園の全学生・生徒および全教職員が一致団結し、今にも増して冷静な判断や行動を心掛ける。

  1. 毎朝の検温を徹底する。発熱等の風邪の症状がある場合は、無理せず休養する。
  2. 自身も無症状の感染者かもしれないと捉え、一人一人が他人に感染させないよう慎重に行動する。学内外を問わず、手洗いやマスク着用等の咳エチケットを徹底する。
  3. 免疫力を高めるために、十分な睡眠、適度な運動や適温の入浴、バランスの取れた食事を心掛ける。

注意:不要不急の外出を自粛してください。特に、ゴールデンウイーク中の帰省や旅行は、自粛してください。

中部大学の各種サポート組織・制度

以上

 
 
 

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー